青木高見のジャズコレクション Gary Burton (vib) ゲイリー・バートン


略歴
ゲイリー・バートン(Gary Burton 1943年1月23日~)はアメリカ合衆国インディアナ州アンダーソン生まれのヴィブラフォン奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Gary Burton / Duster Gary Burton / Duster

Recorded : April 18-20, 1967

Personnel :
Gary Burton (vib)
Larry Coryell (g)
Steve Swallow (b)
Roy Haynes (ds)

Song name :
01. Ballet
02. Sweet Rain
03. Portsmouth Figurations
04. General Mojo's Well Laid Plan
05. One, Two, 1-2-3-4
06. Sing Me Softly Of The Blues
07. Liturgy
08. Response

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ゲイリー・バートン(Gary Burton 1943年1月23日~)はアメリカ合衆国インディアナ州アンダーソン生まれのヴィブラフォン奏者。
アルバムはゲイリー・バートン、1967年の録音、ジャズ・ロックの旋風を引き起こした一枚。
共演者は、スタン・ゲッツ・クァルテットのメンバーだったベースのスティーヴ・スワロー、ドラムのロイ・ヘインズに、ロックギタリストのラリー・コリエル(コーイエル)。
これが当時、我々の前に姿を現した 「ゲイリー・バートン・クァルテット」 の陣容。
この1967年は日本ではグループサウンズが流行しはじめジャッキー吉川とブルーコメッツ、ザ・スパイダースが人気が出た頃。
歌謡曲では、美空ひばりの「真赤な太陽」、佐良直美の「世界は二人のために」、ザ・ピーナッツの 「恋のフーガ」、中村晃子の 「虹色の湖」などがヒットした。
自分自身、当時、ゲイリー・バートンを聴いたわけではない。
海の向こうではこの様に革新的な音楽が変化を遂げていた。
今聴いても陳腐化するどころか益々輝いてくる。
ジャズ史においても、高度な演奏技術に裏付けされた斬新な試みが成功した。
ゲイリー・バートンの今は、30年間に及ぶバークリー音楽大学の教師を辞し、フロリダに移り世界中を回り精力的に演奏活動を行っているという。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはゲイリー・バートン、1967年の録音、ジャズ・ロックの旋風を引き起こした一枚。
これが当時、我々の前に姿を現した 「ゲイリー・バートン・クァルテット」 の陣容。
今聴いても陳腐化するどころか益々輝いてくる。
ジャズ史においても、高度な演奏技術に裏付けされた斬新な試みが成功した。
(青木高見)





Chick Corea Gary Burton / Crystal Silence Chick Corea Gary Burton / Crystal Silence

(注) このアルバムはチック・コリアのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの「Chick Corea」で同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : November 6, 1972

Personnel :
Chick Corea (p)
Gary Burton (vib)

Song name :
01. Senor Mouse
02. Arise, Her Eyes
03. I'm Your Pal
04. Desert Air
05. Crystal Silence
06. Falling Grace
07. Feelings And Things
08. Childrens Song
09. What Game Shall We Play Today

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チック・コリア(Chick Corea (本名:Armando Anthony Corea) 1941年6月12日~)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州チェルシー生まれのジャズ・ピアニスト、キーボーディスト奏者、作曲家。
ゲイリー・バートン(Gary Burton 1943年1月23日~)はアメリカ合衆国インディアナ州アンダーソン生まれのヴィブラフォン奏者。
アルバムはチック・コリアとゲーリー・バートン、1972年の録音、ピアノとヴィブラフォンのデュオ。
演奏はタイトル通り 「Crystal Silence」 そのもの。
透明感のある美しいメロディーは聴く者を癒しの世界にいざなう。
卓越した技術に裏付けされた両者は、幻想感と躍動感の両者をたくみに融合させたもの。
演目は、1、4、5、8、9曲目がチック・コリア。
2、3、6曲目がベーシストのスティーブ・スワロー。
スティーブ・スワローはゲーリー・バートンの友人。
このスティーブ・スワローの楽曲の提供がアルバムに大きく貢献している点に注目。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはチック・コリアとゲーリー・バートン、1972年の録音、ピアノとヴィブラフォンのデュオ。
演奏はタイトル通り 「Crystal Silence」 そのもの。
透明感のある美しいメロディーは聴く者を癒しの世界にいざなう。
卓越した技術に裏付けされた両者は、幻想感と躍動感の両者をたくみに融合させたもの。
演目は、1、4、5、8、9曲目がチック・コリア。
2、3、6曲目がベーシストのスティーブ・スワロー。
スティーブ・スワローはゲーリー・バートンの友人。
このスティーブ・スワローの楽曲の提供がアルバムに大きく貢献している点に注目。
(青木高見)





Gary Burton / Reunion Gary Burton / Reunion

Recorded : May 6–10, 1989

Personnel :
Gary Burton (vib, marimba, producer)
Dave Grusin (executive producers)
Larry Rosen (executive producers)
Mitchel Forman (p, key)
Pat Metheny (g)
Will Lee (b)
Peter Erskine (ds, per)

Song name :
01. Autumn
02. Reunion
03. Origin
04. Will You Say You Will
05. House on the Hill
06. Panama
07. Chairs and Children
08. Wasn't Always Easy
09. The Chief
10. Tiempos Felice
11. Quick and Running

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ゲイリー・バートン(Gary Burton 1943年1月23日~)はアメリカ合衆国インディアナ州アンダーソン生まれのヴィブラフォン奏者。
アルバムはゲイリー・バートン、1989年録音、GRPレーベルからのリリース。
共演者は、ピアノとキーボードがミッシェル(ミッチ)・フォアマン、ギターがパット・メセニー、ベースがウィル・リー、ドラムとパーカッションがピーター・アースキン。
エギゼクティブ・プロデューサーは、GRPレーベルの創立者でもある、デイヴ・グルーシンとラリー・ローゼン。
演目の作曲者は以下の通り。
01. Autumn (Polo Orti)
02. Reunion (Mitchel Forman)
03. Origin (Mitchel Forman)
04. Will You Say You Will (Vince Mendoza)
05. House on the Hill (Pat Metheny)
06. Panama (Paul Meyers)
07. Chairs and Children (Vince Mendoza)
08. Wasn't Always Easy (Pat Metheny)
09. The Chief (Pat Metheny)
10. Tiempos Felice (Happy Times) (Polo Orti)
11. Quick and Running (Polo Orti)
タイトルの由来は 「Reunion (再会、再結合)」 ゲイリー・バートンと共演者との再会の意味。
特に、ギターのパット・メセニーは、ゲイリー・バートンのアルバム 「リング (1974年リリース)」 で実質上のデビューを果たしている。
パット・メセニーを世に送り出したのはゲイリー・バートンに依るところが大きく、言わば子弟関係。
本来ならパット・メセニーはGRPレーベルからのリリースは不可能だったが、ゲイリー・バートンの意思により共演が可能となる。
この子弟関係が影響してか、パット・メセニーの控えめな演奏になり功を奏した。
パット・メセニーの曲の提供も多く、どれも素晴らしく何しろ聴いていて癒される。
リズム隊も壺を抑えた演奏により、全体の調和を格調高くしている。
暑かった夏も終わり、秋の気配を感じる季節が特に合う。
そうかといって秋だけに聴くには、もったいないため一年中聴いている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲