青木高見のジャズコレクション Carmen McRae (vo) カーメン・マクレエ


寸評
カーメン・マクレエ (Carmen McRae 1920年4月8日~1994年11月10日) はアメリカ合衆国ニューヨーク・ハーレム出身の女性ジャズ歌手、ピアニスト。
20世紀、最も偉大な女性ジャズ・ボーカリストの一人。
日本では1950年代から1980年代にかけてエラ・フィッツジェラルドとサラ・ヴォーンと 「女性ジャズ歌手の御三家」 と呼ばれた。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Carmen Mcrae / After Glow Carmen Mcrae / After Glow

Recorded :
March 6, 1957 #01-#04, #07, #08, #11, #12,
April 18, 1957 #05, #06, #09, #10,

Personnel :
Carmen Mcrae (vo)
Ray Bryant (p)
Ike Isaacs (b)
Charles 'Specs' Wright (ds) = Specs Wright

Song name :
01. I Can't Escape From You
02. Guess Who I Saw Today
03. My Funny Valentine
04. The Little Things That Mean So Much
05. I'm Thru With Love
06. Nice Work If You Can Get It
07. East Of The Sun
08. Exactly Like You
09. All My Life
10. Between The Devil And The Deep Blue Sea
11. Dream Of Life
12. Perdido

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーメン・マクレエ(Carmen McRae 1920年4月8日~1994年11月10日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの女性ジャズ歌手、ピアニスト。
アルバムはカーメン・マクレエ、1957年3月6日と4月18日の録音、デッカ・レコードに残る音源。
共演者は、ピアノがレイ・ブライアント、ベースがアイク・アイザックス、ドラムがスペックス・ライト。
12曲中4曲をカーメン・マクレエがピアノを弾いているが、これがまたメチャクチャ上手い。
歌唱の巧さはもちろんの事、曲に対する感情移入が素晴らしく抜群のセンスを感じる。
また、レイ・ブライアントのピアノがいい華を添えている。
音が鳴ったとたん、あたりを支配する独特な空気が堪らない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはカーメン・マクレエ、1957年3月6日と4月18日の録音、デッカ・レコードに残る音源。共演者は、ピアノがレイ・ブライアント、ベースがアイク・アイザックス、ドラムがスペックス・ライト。12曲中4曲をカーメン・マクレエがピアノを弾いているが、これがまたメチャクチャ上手い。歌唱の巧さはもちろんの事、曲に対する感情移入が素晴らしく抜群のセンスを感じる。また、レイ・ブライアントのピアノがいい華を添えている。音が鳴ったとたん、あたりを支配する独特な空気が堪らない。
(青木高見)





Carmen Mcrae / Book of Ballads Carmen Mcrae / Book of Ballads

Recorded : December 1-2, 1958

Personnel :
Carmen Mcrae (vo)
Frank Hunter (arr, cond)
Don Abney (p)
Joe Benjamin (b)
Charles Smith (ds)

Song name :
01. By Myself
02. The Thrill Is Gone
03. How Long Has This Been Going On?
04. Do You Know Why?
05. My Romance
06. Isn't It Romantic?
07. If Love Is Good To Me
08. When I Fall In Love
09. Please Be Kind
10. He Was Too Good To Me
11. Angel Eyes
12. Something I Dreamed Last Night

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーメン・マクレエ(Carmen McRae 1920年4月8日~1994年11月10日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの女性ジャズ歌手、ピアニスト。
アルバムはカーメン・マクレエ、1958年12月1日・2日の録音、バラード集。
共演者は、編曲とオーケストラ指揮がフランク・ハンター、ピアノがドン・アブニー、ベースがジョー・ベンジャミン、ドラムがチャールズ・スミス。
ジャズの歌姫・御三家の一人、カーメン・マクレエの歌手の名声を決定付けた作品。
御三家とは、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン。
絶妙な語り口、あたりを支配するロマンティシズム、格調の高さ、どれを取っても一級。
もっと長生きして素晴しい歌を聴かせてほしかった。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはカーメン・マクレエ、1958年12月1日・2日の録音、バラード集。共演者は、編曲とオーケストラ指揮がフランク・ハンター、ピアノがドン・アブニー、ベースがジョー・ベンジャミン、ドラムがチャールズ・スミス。ジャズの歌姫・御三家の一人、カーメン・マクレエの歌手の名声を決定付けた作品。御三家とは、エラ・フィッツジェラルド、サラ・ヴォーン。絶妙な語り口、あたりを支配するロマンティシズム、格調の高さ、どれを取っても一級。もっと長生きして素晴しい歌を聴かせてほしかった。
(青木高見)





Carmen McRae / The Great American Songbook Carmen McRae / The Great American Songbook

Recorded : November 6, 1971
[At Donte's, Los Angeles]

Personnel :
Carmen McRae (vo, p)
Jimmy Rowles (p)
Joe Pass (g)
Chuck Domanico (b)
Chuck Flores (ds)

Song name :
01. Satin Doll
02. At Long Last Love
03. If the Moon Turns Green
04. Day by Day
05. What Are You Doing the Rest of Your Life?
06. I Only Have Eyes For You
07. Medley: "Easy Living"/"The Days of Wine and Roses"/"It's Impossible"
08. Sunday
09. A Song for You
10. I Cried for You
11. Behind the Face
12. The Ballad of Thelonious Monk
13. There's No Such Thing As Love
14. They Long to Be Close to You
15. Three Little Words
16. Mr. Ugly
17. It's Like Reaching for the Moon
18. I Thought About You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーメン・マクレエ(Carmen McRae 1920年4月8日~1994年11月10日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの女性ジャズ歌手、ピアニスト。
アルバムはカーメン・マクレエ、1971年11月6日、アメリカ合衆国ロサンゼルスにあるジャズクラブ 「ダンテ」 でのライブ。
共演者は、ピアノがジミー・ロウルズ、ギターがジョー・パス、ベースがチャック・ドマニコ、ドラムがチャック・フローレス。
チャックさんが二人いるのは、単なる偶然?。
LPでは当初、尺の制限で入りきらなかった曲があったという。
それがCD化により、2枚組の 「完全版」 として再リリースされた。
当コレクションでは、選りすぐり18曲のベストチョイス。
余裕ができたら是非、2枚組の 「完全版」 を手に入れたいものだ。
演奏は、百戦錬磨のカーメン・マクレエ、燻し銀の歌唱が実に素晴らしい。
女性ヴォーカル・アルバムの中で、必ず上位に入ってくる名盤の理由がわかる気がする。
また、ギターのジョー・パスを始めとする極上バック陣が更に華を添えている。
たぶん、これを聴かずしてカーメン・マクレエは語れない事もわかった次第。
(青木高見)





Carmen Mcrae / As Time Goes By Live At The Dug Carmen Mcrae / As Time Goes By Live At The Dug

Recorded : November 21, 1973

Personnel :
Carmen McRae (p, vo)

Song name :
01. As Time Goes By
02. I Could Have Told You So
03. More Than You Know
04. I Can't Escape From You
05. Try A Little Tenderness
06. The Last Time For Love
07. Suppertime
08. Do You Know Why?
09. But Not For Me
10. Please Be Kind

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーメン・マクレエ (Carmen McRae 1920年4月8日~1994年11月10日) はアメリカ合衆国ニューヨーク・ハーレム出身の女性ジャズ歌手、ピアニスト。
アルバムはカーメン・マクレエ、1973年11月21日の録音、東京新宿ダグ(DUG)でのライブ、日本ビクター株式会社からのリリース。
演奏はピアノの弾き語り、滅茶苦茶上手いカーメン・マクレエ、一曲一曲、感情こめて歌う姿に心を奪われる。
話は飛ぶが、アルバムに附属している日本語のライナーが素晴らしい。
3人の対談(鼎談)をそのまま文書にしたもので、司会はビクターの下田哲也さん、この方がこのアルバムのプロデユーサーなので苦労話に興味をそそられ、更にアルバムに近親間が増した。
あとの二人が、実際に聴衆の一人として居合わせたマーサ三宅さんと悠雅彦さん。
最初の企画は、カーメンが気に入っているピアニストのトム・ガービンとのデュオ。
ところが実際に視聴してみると、いまひとつピンとこなかったという。
(以下、ライナーの一部を転記しました) 下田さん【それで、僕も弱ってしまって、ちょうど同じ頃来日していたテディ・ウイルソンとの共演などと考えてみたんですけれど、忙しいスケジュールの合い間を縫って、充分なリハーサルのじかんもとれないままじゃ、いかにも急場しのぎといった感じで、僕自身いやだったし、それに肝心のカーメンが、他のピアノじゃどうしてもいやだと難色を示すといったこともありまして、とっときの切り札、彼女自身の弾き語りという希望をぶっつけたわけです。これは大変でした。(後略)】以上。
はっきり言って、このアルバムが出来たのは下田さんの努力なくしてありえない。
それにしても百戦錬磨のカーメン・マクレエ、自分なりに選曲し、見事に披露し名盤を生んだ。
ピアノの最初の一音で、いっきにカーメン・マクレエの世界へ誘(いざ)ってくれる。
(青木高見)





Carmen McRae / Any Old Time Carmen McRae / Any Old Time

Recorded : June 23, 1986

Personnel :
Carmen McRae (vo)
Eric Gunnison (p)
John Collins (g) #02
Clifford Jordan (ts)
Scott Colley (b)
Mark Pulice (ds)

Song name :
01. Tulip Or Turnip
02. Old Devil Moon
03. Have You Met Miss Jones?
04. Love Me Tender
05. I Hear Music
06. This Is Always
07. Body And Soul
08. Prelude To A Kiss
09. Mean To Me
10. Any Old Time
11. It Could Happen To You
12. I'm Glad There Is You
13. Billie's Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーメン・マクレエ (Carmen McRae 1920年4月8日~1994年11月10日) はアメリカ合衆国ニューヨーク・ハーレム出身の女性ジャズ歌手、ピアニスト。
アルバムはカーメン・マクレエ、1986年6月23日の録音、ニッポン・コロンビアとデノンからのリリース。
共演者は、ピアノがエリック・ガニソン、ギターがジョン・コリンズ、テナーサックスがクリフォード・ジョーダン、ベースがスコット・コーリーほか。
バックはカーメン・マクレエと共演歴のある、気心知れた連中で完璧な演奏が素晴らしい。
中でも人と滅多に共演しないテナーサックスのクリフォード・ジョーダンの参加が凄い。
また、日本のコロンビアとデノンの音が極上で、いい音とはこういう事を言うのではないか。
こんなに素晴らしい音で、80年代のカーメン・マクレエが聴けるなんて何とも幸せ。
(青木高見)





Carmen McRae / Carmen Sings Monk Carmen McRae / Carmen Sings Monk

(注) このアルバムはカーメン・マクレエのリーダーアルバム扱いとしています。
セロニアス・モンク特集のため 「 Thelonious Monk 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
January 30, 1988
February 1, 1988

Personnel :
Carmen McRae (vo)
Thelonious Monk (comp)
Eric Gunnison (p)
Larry Willis (p) #01, #12,
Clifford Jordan (ss, ts)
George Mraz (b)
Charlie Rouse (ts) #01, #12,
Al Foster (ds)

Song name :
01. Get It Straight "Straight, No Chaser"
02. Dear Ruby "Ruby, My Dear"
03. It's Over Now "Well, You Needn't"
04. Monkery's the Blues "Blue Monk"
05. You Know Who "I Mean You"
06. Little Butterfly "Pannonica"
07. Listen To Monk "Rhythm-A-Ning"
08. How I Wish "Ask Me Now"
09. Man, That Was a Dream "Monk's Dream"
10. 'Round Midnight
11. Still We Dream "Ugly Beauty"
12. Suddenly "In Walked Bud"
13. Looking Back "Reflections"

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーメン・マクレエ(Carmen McRae 1920年4月8日~1994年11月10日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの女性ジャズ歌手、ピアニスト。
アルバムはカーメン・マクレエ、セロニアス・モンク特集。
録音は、1988年1月30日がニューヨーク・クリントン・スタジオの13曲。
1988年2月1日がサンフランシスコのグレイト・アメリカン・ミュージック・ホールでのライブ。
「#01. Get It Straight "Straight, No Chaser"」 の 「Suddenly "In Walked Bud"」 の2曲。
共演者は、ピアノがエリック・ガニソン、ソプラノとテナーサックスがクリフォード・ジョーダン、ベースがジョージ・ムラーツ、ドラムがアル・フォスター。
ライブの2曲は、ピアノがラリー・ウィルス、テナーサックスがチャーリー・ラウズ。
基本的にセロニアス・モンクの曲は、当時全てインストメンタルで歌詞は後世になり作られた。
セロニアス・モンクの曲は本来、難解で難しい曲が多が、それに歌詞を付けて、素晴らしい歌曲集に仕上げたカーメン・マクレエが偉い。
歌唱は流石(さすが)百戦錬磨のカーメン・マクレエ、実に巧く歌う。
これはジャズ史からも貴重な作品といえる。
天国にいるセロニアス・モンクも、さぞ喜んでいるに違いない。
また、テナーサックスのクリフォード・ジョーダンだけを聴いても二倍楽しめる。
1990年度スイング・ジャーナル・ジャズディスク大賞ヴォーカル賞受賞作品になったが、当然そうだろうと思う。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲