青木高見のジャズコレクション Roland Kirk (ts, stritch, manzello, flute, siren) ローランド・カーク


寸評
ローランド・カーク (Rahsaan Roland Kirk 1936年8月7日~1977年12月5日) はアメリカ合衆国オハイオ州コロンバス生まれ、盲目のジャズ・ミュージシャン。
演奏楽器はサクソフォン、フルート、トランペット、マンゼロ、ストリッチ、オーボエ、ピッコロ、イングリッシュホルン、リリコン、サイレン、ホイッスルなど。
奏法は超絶、驚異の即興演奏、特にサックスとマンゼロ・ストリッチの三本吹き、そのうえ鼻でフルートを鳴らしながらスキャット。
いつも思うのだが、アメリカ合衆国のジャズの広大な裾野。
自由で奔放な土壌が、形にとらわれないスタイルのローランド・カークを生んだといえる。
これはアメリカ以外では出現してこなかったかもしれない、これは凄い事。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Roland Kirk / We Free Kings Roland Kirk / We Free Kings

Recorded : August.16–17.1961

Personnel :
Roland Kirk (ts, manzello, stritch, fl)
Hank Jones (p) #01-#02, #06-#08
Richard Wyands (p) #03-#05, #09
Wendell Marshall (b) #01-#02, #06-#08
Art Davis (b) #03-#05, #09
Charlie Persip (ds)

Song name :
01. Three for the Festival
02. Moon Song
03. A Sack Full of Soul
04. The Haunted Melody
05. Blues for Alice
07. We Free Kings
08. You Did It, You Did It
09. Some Kind of Love
10. My Delight

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローランド・カーク(Rahsaan Roland Kirk 1936年8月7日~1977年12月5日)はアメリカ合衆国オハイオ州コロンバス生まれ、盲目のジャズ・ミュージシャン。
アルバムはローランド・カーク、1961年録音、マーキュリー・レーベルからのリリース。
共演者はピアノがハンク・ジョーンズとリチャード・ワイアンズ、ベースがウェンデル・マーシャルとアート・デイヴィス、ドラムがチャーリー・パーシップ。
演奏は一言でいうと、ローランド・カークの何とも美しいサックスの音色に驚かされる。
これだけで尋常のジャズ・ミュージシャンでないことがわかる。
このアルバム以後、三管くわえとか、サイレンとなっていくが、メイン・ストリームがここまで出来て進化していったのか。
4曲目の「The Haunted Melody」はいつ聴いても、意味なく目頭が熱くなる。
コレクション中、Top10入り確定。
(青木高見)





Roland Kirk / Domino Roland Kirk / Domino

Song name, Recorded, Personnel :
September.6.1962
01. Domino
02. Meeting On Termini's Corner
03. Time
04. Lament
05. A Stritch In Time
06. 3-In-1 Without The Oil
Roland Kirk (ts, stritch, manzello, flute, siren)
Andrew Hill (p, celeste)
Vernon Martin (b)
Henry Duncan (ds)

April.17-18.1962
07. Get Out Of Town
08. Rolando
09. I Believe In You
10. E.D.
11. Where Monk and Mingus Live / Let's Call This
12. Domino (alternate take)
13. I didn't know what time it was
14. Someone to watch over me
Roland Kirk (ts, stritch, manzello, flute, siren)
Wynton Kelly (p)
Vernon Martin (b)
Roy Haynes (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローランド・カーク(Rahsaan Roland Kirk 1936年8月7日~1977年12月5日)はアメリカ合衆国オハイオ州コロンバス生まれ、盲目のジャズ・ミュージシャン。
演奏楽器はサクソフォン、フルート、トランペット、マンゼロ、ストリッチ、オーボエ、ピッコロ、イングリッシュホルン、リリコン、サイレン、ホイッスルほか多数。
アルバムはローランド・カーク、1962年4月と9月の録音、マーキュリー・レーベルからのリリース。
共演者は1962年4月(1曲目から6曲目)がピアノがアンドリュー・ヒル、ベースがヴァーノン・マーチン、ドラムがヘンリー・ダンカン。
1962年9月(7曲目から14曲目)がピアノがウイントン・ケリー、ベースがヴァーノン・マーチン、ドラムがロイ・ヘインズ。
それこそジャズを聴きはじめた頃、氏の演奏写真を見て単にウケをねらったものだと思っていた。
サックス、マンゼロ、ストリッチという楽器を三本一度に口にくわえて吹き鳴らす、さらにフルートとリコーダーを鼻で吹きながらスキャットする。
大柄で黒いサングラス、帽子、髭(ひげ)、それは怪人を連想させる。
ジャズの要素のひとつに、演奏とは別に「精神の強い訴えかけ」が必要とされる。
聴いていてローランド・カークは、その訴えかけが半端でない事がわかる。
さすがにサイレンには思わず笑ってしまうが、独自のジャズを創造した稀な演奏家といえる。
なる程、彼にかかれば楽器は精神から吹き出す肉声の延長にしか過ぎないのだろう。
(青木高見)





Roland Kirk / Volunteered Slavery Roland Kirk / Volunteered Slavery

Recorded :
Recorded at the Newport Jazz Festival, Newport, Rhode Island, July 7, 1968 (tracks #06-#10) and Regent Sound Studios, NYC, July 22 (tracks #02 and #04) and 23 (tracks #01, #03, and #05), 1969

Personnel :
Roland Kirk (ts, manzello, stritch, cl, fl, nose-flute, whistle, vo, stylophone)
Ron Burton (p)
Vernon Martin (b)
Charles Crosby (ds) #01,
Charles McGhee (tp) #01, #05,
Dick Griffin (tb) #01, #05,
Sonny Brown (ds) #02-#05,
Jimmy Hopps (ds) #06-#10,
Joe Habad Texidor (tambourine)

Song name :
01. Volunteered Slavery
02. Spirits Up Above
03. My Cherie Amour
04. Search for the Reason Why
05. I Say a Little Prayer
06. Roland's Opening Remarks
07. One Ton
08. Ovation and Roland's Remarks
09. A Tribute to John Coltrane
   Lush Life
   Afro-Blue
   Bessie's Blues
10. Three for the Festival

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローランド・カーク(Rahsaan Roland Kirk 1936年8月7日~1977年12月5日)はアメリカ合衆国オハイオ州コロンバスに生まれの盲目のジャズ・ミュージシャン。
アルバムはローランド・カーク、1968年の録音、アトランティック・レーベルからのリリース、邦題「ローランド・カークの奴隷志願」
演奏は1曲目から5曲目が1969年7月22日と23日の録音でスタジオセッション。
6曲目から10曲目が1968年7月7日に行われたニューポートジャズ祭でのライブ。
混沌の中にキラキラとまぶしく輝く様なジャズ。
凄すぎて言葉が出てこない。
今後、こういうジャズ・ミュージシャン出てくるだろうか。
コレクションして良かった一枚、諸刃の剣という言葉が思いついた。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲