青木高見のジャズコレクション Nat King Cole (vo, p) ナット・キング・コール


【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Nat King Cole / Love Nat King Cole / Love

Release : 1992

Personnel :
Nat King Cole (vo, p)

Song name :
01. Love
02. Unforgettable
03. Mona Lisa
04. Route 66
05. Autumn Leaves
06. Statdust
07. Too Young
08. It's only a paper moon
09. Love Is A Many Splendored Thing (邦題:慕情)
10. Pretend
11. When I Fall In Love (邦題:恋におちた時)
12. Nature Boy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ナット・キング・コール(Nat King Cole (本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ / Nathaniel Adams Coles) 1919年3月17日~1965年2月15日)はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・歌手。
本名のナサニエル・アダムズ・コールズ なのでナット(Nat)、キングは愛称。
アルバムはナット・キング・コール、1992年東芝EMIからリリースされた「ラブ (L-O-V-E)」と題したの珠玉の12曲。
ナット・キング・コールの作品の中でも冒頭の「Love」の歌詞がいい。

[LOVE]
Lと書いたら、Look at Me。
Oとつづけて、OK。
Vはやさしい、Very Good。
Eと結べば愛の、LOVE。
Loveは、世界の言葉。
Loveは、二人の宝・・・」
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 本名のナサニエル・アダムズ・コールズ なのでナット(Nat)、キングは愛称。
アルバムはナット・キング・コール、1992年東芝EMIからリリースされた「ラブ (L-O-V-E)」と題したの珠玉の12曲。
ナット・キング・コールの作品の中でも冒頭の「Love」の歌詞がいい。
(青木高見)




Nat King Cole / Vocal Classical and Instrumental Classics (TOCJ6865) Nat King Cole / Instrumental Classic Nat King Cole / Vocal Classical and Instrumental Classics (TOCJ6865)

Recorded :
1943-1947
1949

Personnel :
Nat King Cole (vo, p)
Joe Comfort (b)
Johnny Miller (b)
Irving Ashby (g)
Oscar Moore (g)
Jack Costanzo (bongo)

Song name :
01. Sweet Lorraine
02. What Can I Say After I Sayy I'm Sorry
03. I'll String Along With YouU
04. For All We Know
05. This Is My Night To Dream
06. Embraceable You
07. Little Girl
08. If I HadD You
09. It's Only A Paper Moon
10. Makin' WHOOPEE
11. I'M Thru With Love
12. Too MarvelousS For Words
13. The Man I LoveE
14. What Is This Thing Called
15. Easy Listening Bluues
16. This Way Out
17. Smoke Gets In Your Eyes
18. Bop Kick
19. Body And Soul
20. Sweet Georgia Brown
21. Prelude In C Sharp Minnor
22. Rhumba Azul
23. Honeysuckle Rose
24. Laugh! CoolL Clown

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ナット・キング・コール(Nat King Cole (本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ / Nathaniel Adams Coles) 1919年3月17日~1965年2月15日)はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・歌手。
本名のナサニエル・アダムズ・コールズ なのでナット(Nat)、キングは愛称。
アルバムはナット・キング・コール、1943年から1947年、1949年の録音。 アメリカのキャピトルの「ヴォーカル・クラシックス(青盤)」と「インストゥルメンタル・クラシックス(緑盤)」の二枚のLPを一枚にCD化。
全24曲で12曲目までが唄、それ以降が楽器演奏。
共演者はギターがオスカー・ムーアとアーヴィング・アシュビー、ベースがジョニー・ミラーとジョー・コンフォート、ボンゴがジャック・コンスタンソ。
1939年に結成したトリオはピアノ、ギター、ベースの編成で、ジャズトリオの流行のスタイルの魁(さきがけ)とる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 
(青木高見)




Nat King Cole / After Midnight Sessions Nat King Cole / After Midnight Sessions

Recorded : September 24, 1956

Personnel :
Nat King Cole (vo, p)
John Collins (g)
Stuff Smith (vln)
Willie Smith (as)

(The Harry "Sweets" Edison Orchestra)
Harry "Sweets" Edison (tp)
Juan Tizol (vtb)
Charlie Harris (b)
Lee Young (ds)
Jack Costanzo (congas, bongos)

Song name :
01. Just You, Just Me
02. Sweet Lorraine
03. Sometimes I'm Happy
04. Caravan
05. It's Only a Paper Moon
06. You're Looking at Me
07. Lonely One
08. Don't Let It Go to Your Head
09. I Know That You Know
10. Blame It on My Youth
11. When I Grow Too Old to Dream
12. Route 66
13. I Was a Little Too Lonely (And You Were a Little Too Late) [*]
14. You Can Depend on Me [*]
15. What Is There to Say ? [*]
16. Two Loves Have I [*]
17. Candy [*]
* The Original

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ナット・キング・コール(Nat King Cole (本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ / Nathaniel Adams Coles) 1919年3月17日~1965年2月15日)はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・歌手。
本名のナサニエル・アダムズ・コールズ なのでナット(Nat)、キングは愛称。
アルバムはナット・キング・コール、1956年の録音。 共演者はギターがジョン・コリンズ、アルトサックスがウィリー・スミス、トランペットがハリー・エディソン、バルブ・トロンボーンがファン・ティゾール、ヴィブラフォンがスタッフ・スミス、ベースがチャーリー・ハリス、ドラムがリー・ヤング、パーカッションがジャック・コスタンゾ。
何と豪華なバックだろう。
都会的で甘く寛(くつろ)いだ唄声と最高の伴奏に身をゆだねよう。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 
(青木高見)




Nat King Cole / Ballads Nat King Cole / Ballads?

Release : 1996

Personnel :
Nat King Cole (vo, p)

Song name :
01. Unforgettable
02. Mona Lisa
03. Stardus
04. Love Is A Many Splendored Thing
05. Tenderly
06. Too Young
07. Autumn Leaves
08. Love Letters
09. Fascination
10 .Nature Boy
11. For All We Know
12. Ain't Misbehavin'
13. Pretend
14. The Very Thought Of You
15. Embraceable You
16. When I Fall In Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ナット・キング・コール(Nat King Cole (本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ / Nathaniel Adams Coles) 1919年3月17日~1965年2月15日)はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・歌手。
本名のナサニエル・アダムズ・コールズ なのでナット(Nat)、キングは愛称。
アルバムはナット・キング・コール、1996年キャピトル・東芝EMIからリリースされたバラード集。
タイトルはそのまま「バラッズ (Ballads)」。
コンピレーションの数ある中でバラッドに特化した仕様はどうしても欲しくなる。
甘さと渋さが都会的なセンスと絶妙にからみ合い癒される。
1曲目の「アンフォゲッタブル (Unforgettable)」は、1991年に娘さんのナタリー・コールが父の録音にオーバーダビングして再ヒットさせた。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 
(青木高見)




Nat King Cole / Love is The Thing Nat King Cole / Love is The Thing

Recorded :
December 19, 1956
December 28, 1956

Personnel :
Nat King Cole (vo, p)
Gordon Jenkins (arr, cond)

Song name :
01. When I Fall in Love
02. Stardust
03. Stay as Sweet as You Are
04. Where Can I Go Without You?
05. Maybe It's Because I Love You Too Much
06. Love Letters
07. Ain't Misbehavin'
08. I Thought About Marie
09. At Last
10. It's All in the Game
11. When Sunny Gets Blue
12. Love Is the Thing

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ナット・キング・コール(Nat King Cole (本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ / Nathaniel Adams Coles) 1919年3月17日~1965年2月15日)はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・歌手。
本名のナサニエル・アダムズ・コールズ なのでナット(Nat)、キングは愛称。
アルバムはナット・キング・コール、1956年キャピトルの録音でタイトルの「Love is The Thing」が演奏曲の演目の最後を〆る。
アレンジャー兼指揮者のゴードン・ジェンキンスの手腕が聴き所。
甘く都会的なナット・キング・コールの歌唱を遺憾なく引き立てる。
名実共にナット・キング・コールの最高峰に数えられる一枚。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 
(青木高見)




Nat King Cole / Merry Christmas Nat King Cole / Merry Christmas

(注) このアルバムはナット・キング・コールのリーダーアルバム扱いとしています。
アルバムがクリスマス編のため 【My・クリスマスCD】でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1940~
Release : 1990

Personnel :
Nat King Cole (vo)

Song name :
01. Christmas Song
02. Deck the Halls (邦題:ひいらぎ飾りて)
03. Frosty the Snowman
04. I Saw Three Ships (邦題:三艘の舟が見えた)
05. Buon Natale (Means Merry Christmas to You)
06. Adeste Fideles
07. O Little Town of Bethlehem
08. Little Boy That Santa Claus Forgot
09. O Tannenbaum (邦題:樅の木)
10. First Noel (邦題:まきびと羊を)
11. Little Christmas Tree
12. Hark! The Herald Angels Sing (邦題:あめにはさかえ)
13. Happiest Christmas Tree
14. Joy to the World (邦題:もろびとこぞりて)
15. O Holy Night (邦題:クリスマスの聖歌)
16. Caroling, Caroling (邦題:歓び歌え)
17. Cradle in Bethlehem (邦題:ベツレヘムのゆりかご)
18. Away in a Manger (邦題:神の御子のイエス様は )
19. God Rest Ye Merry Gentlemen (邦題:ともに喜びすごせ)
20. Silent Nigh (邦題:聖しこの夜)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ナット・キング・コール(Nat King Cole (本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ / Nathaniel Adams Coles) 1919年3月17日~1965年2月15日)はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・歌手。
本名のナサニエル・アダムズ・コールズ なのでナット(Nat)、キングは愛称。
アルバムはナット・キング・コール、1990年キャピトル・東芝EMIからのリリース。
ナット・キング・コールの1940年代以降のクリスマス曲をチョイス。
コール自身、クリスマスものを多く出ているが、キャピトル・東芝EMIからのリリースで選曲も申し分のない内容となっている。
誠実で温かいナット・キング・コールのクリスマスソングは絶品。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 
(青木高見)




Nat King Cole / The Christmas Song (TOCP-6499) Nat King Cole / The Christmas Song (TOCP-6499)

(注) このアルバムはナット・キング・コールのリーダーアルバム扱いとしています。
クリスマス特集のため 「 My クリスマスCD」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : November 25, 1992

Personnel :
Nat King Cole (vo)

Song name :
01. The Christmas Song
02. Deck The Halls
03. Adeste Fideles
04. O Tannenbaum
05. O Little Town Of Bethlehem
06. I Saw Three Ships
07. O Holy Night
08. Hark The Herald Angels Sing
09. A Cradle In Bethlehem
10. Away In A Manger
11. Joy To The World
12. The First Noel
13. Caroling Caroling
14. Silent Night

〔以下邦題〕
01. ザ・クリスマス・ソング
02. ひいらぎ飾れ
03. 神の御子は今宵しも
04. 樅の木
05. ああ,ベツレヘムよ
06. 3艘の舟が見えた
07. クリスマスの聖歌
08. あめにはさかえ
09. ベツレヘムのゆりかご
10. 神の御子のイエス様は
11. もろびことぞりて
12. まきびと羊を(第1のノエル)
13. 歓び歌え
14. 聖しこの夜

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ナット・キング・コール(Nat King Cole (本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ / Nathaniel Adams Coles) 1919年3月17日~1965年2月15日)はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・歌手。 アルバムはナット・キング・コール、1992年11月25日、キャピタルの音源、 日本のEMIミュージック・ジャパンよりリリース。
アメリカが生んだ偉大な歌手ナット・キング・コールのクリスマス集、えり抜きの14曲。
何もクリスマスの日だけに聴くのはもったいない。
天邪鬼(あまのじゃく)の自分としては、照りつける太陽の下でビール片手に聴いていたい。
要は、それ程、ナット・キング・コールは素晴らしい歌手だと言う事。
この手のアルバムのコメントは不要といえる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはアメリカが生んだ偉大な歌手ナット・キング・コールのクリスマス集、えり抜きの14曲。
何もクリスマスの日だけに聴くのはもったいない。
天邪鬼(あまのじゃく)の自分としては、照りつける太陽の下でビール片手に聴いていたい。
要は、それ程、ナット・キング・コールは素晴らしい歌手だと言う事。
アルバムはキャピトルの原版と、1992年に日本のEMIミュージック・ジャパンよりリリースされた日本版がある。
(青木高見)





(Nat King Cole) Georege Shearing / Sings (Nat King Cole) Georege Shearing / Sings

(注) このアルバムはジョージ・シアリングのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーであるジョージ・シアリング 【 George Shearing 】でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 19-22, 1961

Personnel :
George Shearing (p, arr)
Nat King Cole (vo)
Emil Richards (vib)
Al Hendrickson (g)
Al McKibbon (b)
Shelly Manne (ds)

Song name :
01. September Song
02. Pick Yourself Up
03. I Got It Bad (and That Ain't Good)
04. Let There Be Love
05. Azure-Te
06. Lost April
07. A Beautiful Friendship
08. Fly Me to the Moon
09. Serenata
10. I'm Lost
11. There's a Lull in My Life
12. Don't Go
13. Everything Happens to Me
14. The Game of Love
15. Guess I'll Go Back Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・シアリング(George Shearing 1919年8月13日~2011年2月14日)は英国ロンドン生まれのジャズピアニスト、作曲家、バンドマスター。
ナット・キング・コール(Nat King Cole (本名:ナサニエル・アダムズ・コールズ / Nathaniel Adams Coles) 1919年3月17日~1965年2月15日)はアメリカ合衆国アラバマ州モンゴメリー生まれのジャズ・ピアニスト・歌手。
本名のナサニエル・アダムズ・コールズ なのでナット(Nat)、キングは愛称。
アルバムは1961年の録音でナット・キング・コールのヴォーカルにジョージ・シアリングがバックを勤める。
共演者はヴィブラフォンがエミル・リチャーズ、ギターがアル・ヘンドリックソン、ベースがアル・マッキボン、ドラムがシェリー・マン。
ジャズ界の大御所が一緒に作ったアルバムということだけで価値がある。
演奏は極上の甘美な世界をたっぷり味わえる。
この二人ならでは貴重な作品をゆったり楽しもう。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムは1961年の録音でナット・キング・コールのヴォーカルにジョージ・シアリングがバックの共演。ジャズ界の大御所が一緒に作ったアルバムということだけで価値がある。演奏は極上の甘美な世界をたっぷり味わえる。この二人ならでは貴重な一枚といえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲