青木高見のジャズコレクション Jack Wilson (p) ジャック・ウィルソン


寸評
ジャック・ウィルソン (Jack Wilson 1936年8月3日~2007年10月5日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ピアニスト。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Jack Wilson / Easterly Winds Jack Wilson / Easterly Winds

Recorded : September 22, 1967

Personnel :
Jack Wilson (p)
Lee Morgan (tp) #01, #02, #04-#06
Jackie McLean (as) #01, #02, #04-#06
Garnett Brown (tb) #01, #02, #04-#06
Bob Cranshaw (b)
Billy Higgins (ds)

Song name :
01. Do It
02. On Children
03. A Time for Love
04. Easterly Winds
05. Nirvanna
06. Frank's Tune

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャック・ウィルソン (Jack Wilson 1936年8月3日~2007年10月5日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジャック・ウィルソン、1967年9月22日の録音、ブルーノート 4270番。
共演者は、トランペットがリー・モーガン、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、トロンボーンがガーネット・ブラウン、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがビリー・ヒギンズ。
何と贅沢な共演者たちだろう。
アルバム・タイトルは 「Easterly Winds (西からの風)」。
西海岸で活躍していたジャック・ウィルソンが東海岸向けて発信した意味と受け止めている。
とは言っても、ジャック・ウィルソンは東海岸育ちなので、活躍の場が西海岸という事で、こうなっているらしい。
こんなところは、西海岸らしく実におおらか。
思うのは、ジャック・ウィルソンが活躍する時期が、ジャズがハード・バップから新しいジャズに変化していく時期になる。
ハード・バップは、ロックの台頭で下火になり、多くのミュージシャンは乗りの良いロックのビートを取り込み 「ジャズ・ロック」 を完成させた。
トランペットのリー・モーガンは 「サイドワインダー」 。
このアルバムには、いないが、ハービー・ハンコクの 「ウォーターメロン・マン」 は、その典型といえる。
当アルバムは、ジャック・ウィルソンの曲が中心で、新しいジャズのアイデアを聴く事ができる。
これを、百戦錬磨の3管が、更に付加価値を与え、全体として素晴らしい作品に仕上った。
ちなみにリー・モーガンの 「サイドワインダー」 に、当アルバムのベースのボブ・クランショーとドラムのビリー・ヒギンズのコンビが参加している。
全員が一丸となり、新しいジャズを模索していた時代の音は、聴いていて、やはり楽しい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲