青木高見のジャズコレクション Art Tatum (p) アート・テイタム


寸評
アート・テイタム (Art Tatum 出生名 : Arthur Tatum, Jr.  1909年10月13日~1956年11月5日) はアメリカ合衆国オハイオ州トレド生まれのジャズ・ピアニスト。
後続のピアニストに多大な影響を与えた。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
Art Tatum Standards (TKCB-30736) Art Tatum / The Art Tatum Group Masterpieces (VICJ-23537)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Art Tatum Standards (TKCB-30736) Art Tatum Standards (TKCB-30736)

Recorded : 1938-1939

Personnel :
Art Tatum (p)

Song name :
01. I'll Get By (As Long as I Have You) / Fred E. Ahlert / Roy Turk
02. Sweet Lorraine / Clifford R. Burwell / Mitchell Parish
03. Can't We Be Friends? / Paul James / Kay Swift
04. I'll Never Be the Same / Gus Kahn / Matty Malneck / Frank Signorelli
05. Make Believe / Oscar Hammerstein II / Jerome Kern
06. Judy / Hoagy Carmichael / Sammy Lerner
07. Body and Soul / Frank Eyton / Johnny Green / Edward Heyman / Robert Sour
08. Elegy / Jules Massenet / Bud Powell
09. Happy Feet / Milton Ager / Jack Yellen
10. Royal Garden Blues / Clarence Williams / Spencer Williams
11. Ain't Misbehavin' / Harry Brooks / Andy Razaf / Fats Waller
12. Stardust / Hoagy Carmichael / Mitchell Parish
13. In a Sentimental Mood / Duke Ellington / Manny Kurtz / Irving Mills
14. The Man I Love / George Gershwin / Ira Gershwin
15. Runnin' Wild / Arthur Gibbs / Joe Grey / Leo Wood
16. I Can't Get Started / Vernon Duke / Ira Gershwin
17. Get Happy / Harold Arlen / Ted Koehler
18. Begin the Beguine / Cole Porter
19. It Had to Be You / Isham Jones / Gus Kahn
20. Humoresque / Antonin Dvorák
21. Hallelujah / Public Domain / Clifford Grey / Leo Robin / Vincent Youmans
22. Lullaby in Rhythm / Benny Goodman / Walter Hirsch / Clarence Profit / Edgar Sampson
23. Oh, You Crazy Moon / Johnny Burke / James Van Heusen
24. Over the Rainbow / Harold Arlen / E.Y. "Yip" Harburg

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アート・テイタム (Art Tatum 出生名 : Arthur Tatum, Jr. 1909年10月13日~1956年11月5日) はアメリカ合衆国オハイオ州トレド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはアート・テイタム、1938年と1939年の録音、徳間ジャパンよりリリース。
経緯は 「アート・テイタム ザ・Vディスク 音源はブラック・ライオン・レーベル (TRC B-30039)」 のリリース後。
1938年から翌年の1939年にかけてラジオ放送用に収録されたトランスクリプション・レコードをCD化した。
そのため、どの曲も3分以内、全24曲。
演目もスタンダードがズラリと並び、中には 「ユーモレスク」 ドヴォルザークが1884年に書いた曲が演奏されるなど絢爛豪華。
個人的に天才アート・テイタムは、手数が多すぎて長尺な演奏は、つらくなる時があるが、その点このアルバムなら大丈夫。
スイング時代からバップ以降のピアニストに大きな影響をあたえたアート・テイタムは、やはり飛びぬけている。
  (青木高見)





Ben Webster / Ben Webster, Art Tatum, Red Callender, Bill Douglass Ben Webster / Ben Webster, Art Tatum, Red Callender, Bill Douglass

(注) このアルバムはベン・ウェブスターのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Ben Webster 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 11, 1956

Personnel :
Ben Webster (ts)
Art Tatum (p)
Red Callender (b)
Bill Douglass (ds)

Song name :
01. Gone With the Wind
02. All the Things You Are
03. Have You Met Miss Jones?
04. My One and Only Love
05. Night and Day
06. My Ideal
07. Where or When
[CD Only Bonus tracks]
08. Gone With the Wind [alternative take1]
09. Gone With the Wind [alternative take2]
10. Have You Met Miss Jones? [alternative take]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ベン・ウェブスター (Ben Webster 出生名 : Benjamin Francis Webster 1909年3月27日~1973年9月20日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザス・シティに生まれのジャズ・テナー・サックス奏者。
アート・テイタム (Art Tatum 出生名 : Arthur Tatum, Jr.  1909年10月13日~1956年11月5日) はアメリカ合衆国オハイオ州トレド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはベン・ウェブスターとピアノのアート・テイタム、1956年9月11日の録音、パブロ・レーベルからのリリース。
その他の共演者は、ベースがレッド・カレンダー、ドラムがビル・ダグラス。
ベン・ウェブスターとアート・テイタムが同じ歳だった事を、このページを作っていて知る。
ベン・ウェブスターは、コールマン・ホーキンス、レスター・ヤングらと、スウィング時代の3大テナーの1人。
特にバラード曲で、温かみのある情趣あふれる奏法が特に素晴らしい。
アルバムでは、スタンダードの 「All the Things You Are」  「Have You Met Miss Jones?」  「My One and Only Love」 が白眉。
話は替わって、アート・テイタムのピアノだが、個人的には饒舌過ぎて嫌になる時がある。
超絶なのはわかる、ただ、その手数の多さにだれる。
同じ様なピアニストでオスカー・ピーターソンがいる、アート・テイタムを尊敬していたという。
ただ、このアルバムでは雄大なテナーに抑えられ上手く溶け合ったところが中庸なピアノになり名盤となった。
(青木高見)





Art Tatum / The Art Tatum Group Masterpieces (VICJ-23537) Art Tatum / The Art Tatum Group Masterpieces (VICJ-23537)

Recorded : January 27, 1956

Personnel :
Art Tatum (p)
Red Callender (b)
Jo Jones (ds)

Song name :
01. Just One of Those Things
02. •More Than You Know
03. Some Other Spring
04. If
05. Blue Lou
06. Love for Sale
07. Isn't It Romantic?
08. I'll Never Be the Same
09. I Guess I'll Have to Change My Plans
10. Trio Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アート・テイタム (Art Tatum 出生名 : Arthur Tatum, Jr.  1909年10月13日~1956年11月5日) はアメリカ合衆国オハイオ州トレド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはアート・テイタム、1956年1月27日の録音、パブロ・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがレッド・カレンダー、ドラムがジョー・ジョーンズ。
演奏は、アート・テイタムの超絶技巧のピアノに終始、圧倒。
それにしてもコロコロとか、蝶の様に舞うという表現がまさにぴったり。
個人的には、疲れるピアニスト、アルバムの最後まで一度も聴いたことがない。
この人を尊敬していたオスカー・ピーターソンも同じで、長時間聴いていると気持ちが落ち着かなくなってくる。
そこで考えたのが、ほかのアルバムでトランペットやサックスの間に一曲だけアート・テイタムを挟(はさ)むという方法。
これだと超絶技巧が嫌味に聴こえない。
何度も言うが、本人には大変申し訳ないが、ジャズの名技巧は、必ずしも趣向には繋(つな)がらない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲