青木高見のジャズコレクション Grachan Moncur III (tb) グレイシャン・モンカー3世


略歴
グレイシャン・モンカー・3世(Grachan Moncur III 1937年6月3日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの新主流派ジャズ・トロンボーン奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Grachan Moncur III / Evolution Grachan Moncur III / Evolution

Recorded : November 21, 1963

Personnel :
Grachan Moncur III (tb)
Bobby Hutcherson (vib)
Lee Morgan (tp)
Jackie McLean (as)
Bob Cranshaw (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Air Raid
02. Evolution
03. The Coaster
04. Monk in Wonderland

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : グレイシャン・モンカー・3世(Grachan Moncur III 1937年6月3日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの新主流派ジャズ・トロンボーン奏者。
アルバムはグレイシャン・モンカー・3世、1963年11月録音、ブルーノート 4153番、初リーダー作。
共演者は、ビブラフォンがボビー・ハッチャーソン、トランペットがリー・モーガン、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがトニー・ウィリアムス。
全曲グレイシャン・モンカー・3世の作曲、ピアノレス。
ジャズを聴き始めた頃、ビル・エヴァンスがジャズだと勘違いしてエヴァンスばかりを聴いていた。
その年の瀬のワゴンセールで、グレイシャン・モンカー・3世の、このアルバムを買った。
聴いてみると、ピンとこないので、即売ってしまう。
短絡的にジャズを聴いていた過去、幼稚でかわいかった時代の蹉跌、今思えば当然だと思う。
先日、横浜のジャズ喫茶「ちぐさ」で、これがかかった。
演奏は、陰湿な空気を、一手に引き受けたビブラフォンのボビー・ハッチャーソン。
このアルバムでは終始控えめなリー・モーガン。
ジャッキー・マクリーンがグレイシャン・モンカー・3世を世に紹介した経緯。
ベーシストのボブ・クランショウは、リー・モーガンと親友、イリノイ州生まれの典型的な百戦錬磨のハード・バップ・ベーシスト。
ドラマーのトニーは録音時、若干18歳、はち切れんばかりのドラムが冴える。
アルバム・プロデューサーはアルフレッド・ライオン。
グレイシャン・モンカー・3世がブルーノートの期待に答えるべく、努力の後が堪(たま)らなく愛(いと)おしくなってしまった。
どれを取っても、価値があるブルーノートの一枚といえる。
帰りにさっそく、横浜関内にあるディスク・ユニオンで購入、つまり買いなおし。
さっそく聴いてみると 「もっとフリー色が強くてもいい」 が率直な感想。
アルコールと同じで、刺激を求めてガンガン強くなっていくのはジャズも同じ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲