青木高見のジャズコレクション Peggy Lee (vo) ペギー・リー<


寸評
ペギー・リー (Peggy Lee 出生名 : Norma Deloris Egstrom 1920年5月26日~2002年1月21日) はアメリカ合衆国ノースダコタ州生まれのジャズ歌手、作詞家、作曲家、俳優。
経歴に母親が亡くなったあと父が再婚し、継母が彼女につらく当たった苦い経験をバネに世界一流のジャズ歌手になった。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Peggy Lee / Black Coffee Peggy Lee / Black Coffee

Recorded :
April 1954
May 1954
1956

Personnel :
Peggy Lee (vo)
Jimmy Rowles (p)
Pete Candoli (tp)
Max Wayne (b)
Ed Shaughnessy (ds)

Song name :
01. Black Coffe
02. I've Got You Under My Skin
03. Easy Living
04. My Heart Belongs to Daddy
05. It Ain't Necessarily So
06. Gee, Baby Ain't I Good to You
07. A Woman Alone with The Blues
08. I Didn't Know What Time it Was
09. When The World was Young
10. Love Me or Leave Me
11. You're My Thrill
12. There's A Small Hotel

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ペギー・リー (Peggy Lee 出生名 : Norma Deloris Egstrom 1920年5月26日~2002年1月21日) はアメリカ合衆国ノースダコタ州生まれのジャズ歌手、作詞家、作曲家、俳優。
アルバムはペギー・リー、1954年4月・5月の録音、ディスコグラフィーの中では傑作とされている。
伴奏は、
1954年が、ピアノがジミー・ロウルズ、トランペットがピート・キャンドリ、ベースがマックス・ウェイン、ドラムがエド・ショーネシー。
1956年が、ヴァイブとハープが入るがクレジットはない。
内容は、持って生まれた声と美貌に加え、曲に表情を歌いこむ巧さが特徴。
「ブラック・コーヒー」 といったら、まずこのアルバムを指す、女性ヴォーカルのアルバムの中では超が付くほど有名。
ぜひとも和訳の歌詞も併せて聴きたい。
(青木高見)





Peggy Lee / Peggy Lee with George Shearing Beauty and the Beat! Peggy Lee / Peggy Lee with George Shearing Beauty and the Beat!

Recorded : April 28, 1959

Personnel :
Peggy Lee (vo)
George Shearing (p)
Toots Thielemans (g)
Armando Peraza (congas, per)
Ray Alexander (vib)
Carl Pruitt (b)
Ray Mosca (ds)
Warren Chiasson (vib)
James Bond (b)
Roy Haynes (ds)

Song name :
01. Do I Love You?
02. I Lost My Sugar in Salt Lake City
03. If Dreams Come True
04. All Too Soon
05. Mambo in Miami
06. Isn't It Romantic?
07. Blue Prelude
08. You Came a Long Way From St. Louis
09. Always True to You in My Fashion
10. There'll Be Another Spring
11. Get Out of Town
12. Satin Doll
13. Nobody's Heart (*)
14. Don't Ever Leave Me (*)

(*) previously unissued

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ペギー・リー (Peggy Lee 出生名 : Norma Deloris Egstrom 1920年5月26日~2002年1月21日) はアメリカ合衆国ノースダコタ州生まれのジャズ歌手、作詞家、作曲家、俳優。
アルバムはペギー・リー、1959年4月28日の録音。
「ビューティ」 はペギー・リー、「ビート」 はジョージ・シアリング・クインテットの事。
共演者は、ピアノがジョージ・シアリング、ギターがトゥーツ・シールマン、パーカションがアルマンド・ペラサほか。
演奏は、ペギー・リーの唱歌もさることながら、ジョージ・シアリングのバックが特に素晴らしい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲