青木高見のジャズコレクション Nancy Wilson (vo) ナンシー・ウィルソン


略歴
ナンシー・ウィルソン (Nancy Wilson 1937年2月20日~) はアメリカ合衆国オハイオ州チリコシー出身の女性ジャズ、ブルース歌手。

【INDEX (リーダーアルバム)】
Nancy Wilson / Nancy Wilson And Cannonball Adderley

【以下コンテンツ】


Nancy Wilson / Nancy Wilson And Cannonball Adderley Nancy Wilson / Nancy Wilson And Cannonball Adderley

(注) このアルバムはナンシー・ウィルソンのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にキャノンボール・アダレイが参加しているため 「Cannonball Adderley」 で同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
June 27 and 29, 1961 #01-#07
August 23-23, 1961 #08-#12

Personnel :
Nancy Wilson (vo) #01-#07
Cannonball Adderley (as)
Joe Zawinul (p)
Nat Adderley (cornet)
Sam Jones (b)
Louis Hayes (ds)

Song name :
01. Save Your Love for Me
02. Never Will I Marry
03. The Old Country
04. Happy Talk
05. The Masquerade Is Over
06. A Sleepin' Bee
07. Little Unhappy Boy
08. Teaneck
09. I Can't Get Started
10. One Man's Dream
11. Never Say Yes
12. Unit 7

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ナンシー・ウィルソン (Nancy Wilson 1937年2月20日~) はアメリカ合衆国オハイオ州チリコシー出身の女性ジャズ、ブルース歌手。
キャノンボール・アダレイ (Julian Edwin ''Cannonball'' Adderley 1928年9月15日~1975年8月8日)はアメリカ合衆国フロリダ州タンパ生まれのジャズ・アルトサックス演奏家、作曲家。
アルバムはナンシー・ウィルソン、1961年6月と8月の録音、キャピタル・レーベルからのリリース、キャノンボール・アダレイ・クィンテットとの共演。
共演者は、アルト・サックスがキャノンボール・アダレイ、ピアノがジョー・ザヴィヌル、トランペットがナット・アダレイ、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがルイス・ヘイズ。
内容は、全12曲中、ナンシー・ウィルソンの歌が7曲、残りがキャノンボール・アダレイ・クィンテット。
ナンシー・ウィルソンの経歴は、1956年にビッグバンドのボーカルとして活動を始めた。
その後、キャノンボール・アダレイの誘いで、1959年にニューヨークに移住。
このアルバムは、それから間もない1961年、名実共にナンシー・ウィルソンのデビュー作といっても過言ではない。
素晴らしい歌唱と、何といってもキャノンボール・アダレイ・クィンテットに見出されただけあって、息があっている。
ピアノがジョー・ザヴィヌル、オーソドックスなモダン・ピアノからは後のウェザー・リポートに変化していくことを、この時、誰が想像できたであろう。
アルバムの完成度がひじょうに高く、上質な逸品といえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲