青木高見のジャズコレクション Django Reinhardt (g) ジャンゴ・ラインハルト


略歴
ジャンゴ・ラインハルト (Django Reinhardt 出生名 : Jean Baptiste Reinhardt 1910年1月23日~1953年5月16日) はベルギー・リヴェルシーズ生まれのジャズ・ギター奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Django Reinhardt / Djangology Django Reinhardt / Djangology

Recorded : January-February 1949

Personnel :
Django Reinhardt (g)
Gianni Safred (p)
Stephane Grappelli (vln)
Carlo Pecori (b)
Aurelio de Carolis (ds)

Song name :
01. Minor Swing
02. La Mer (Beyond The Sea)
03. Bricktop
04. Honeysuckle Rose
05. Heavy Artillery
06. Djangology
07. After You've Gone
08. Where Are You, My Love?
09. I Saw Stars
10. Lover Man
11. Menilmontant
12. Swing 42

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャンゴ・ラインハルト (Django Reinhardt 出生名 : Jean Baptiste Reinhardt 1910年1月23日~1953年5月16日) はベルギー・リヴェルシーズ生まれのジャズ・ギター奏者。
アルバムはジャンゴ・ラインハルト、1949年ローマの 「Rupe Tarpea」 というクラブに出演していた時にアマチュアが録音したとされている。
後にビクターが買い取り、CD化でデジタル・リマスター化され、全12曲でリリースされた。
近年、さらに最新の機材でリマスターされた全23曲入りもリリースされた。
共演者は、ピアノがジャンノ・サフレ、バイオリンがステファン・グラッペリ、ベースがカルロ・ペコリ、ドラムがオーレリオ・デ・カロリス。
特記すべきは、ステファン・グラッペリが弟子となって参加している事。
当コレクションでは12曲入りの方で、ジャケットはギターとジャンゴの写真が飾られている盤。
演奏は、ジプシー、シャンソン、欧州民謡、アメリカのジャズが一体となり、格調と香気が漂う。
聴き出した一瞬から、ノスタルジーな香りが満ちてくる。
演奏の素晴らしさで、音質の悪さなど忘れてしまう。
これを聴いて、残りの人生を生きるのと、聴かないで生きる差を強く感じる逸品かもしれない。
〔追補〕
ジャンゴ、1928年キャラバンの火事を消そうとして半身に大やけどを負う。
その時、彼の右足は麻痺し左手の薬指と小指に障害が残る。
彼を診察した医師がギターの演奏は、二度と無理だと思うほどの怪我であったらしい。
ジャンゴは猛練習により、独自の奏法を確立してそのハンデを克服した。
ギター弾きにとって、左手の薬指と小指が不自由な演奏は普通では考えられない。
この逸話を思って聴くとアルバムが更に輝きだす。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲