青木高見のジャズコレクション David Murray (ts, b-cl) デヴィッド・マレイ


寸評
デヴィッド・マレイ (David Murray 1955年2月19日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド生まれのジャズ・サックス奏者。
当初、アルバート・アイラー、アーチー・シェップなどのフリー・ジャズのミュージシャンから影響を受ける。
後に多様なスタイルに発展させ活動している。
渾身の迫力あるサックスが特徴といえる。
現在はポルトガル在住。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


David Murray / David Murray Quartet Morning Song David Murray / David Murray Quartet Morning Song

Recorded : 1983

Personnel :
David Murray (ts, b-cl)
John Hicks (p)
Reggie Workman (b)
Ed Blackwell (ds)

Song name :
01. Morning Song
02. Body and Soul
03. Light Blue Froolic
04. Jitterbug Waltz
05. Off Season
06. Duet

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デヴィッド・マレイ (David Murray 1955年2月19日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド生まれのジャズ・サックス奏者。
アルバムはデヴィッド・マレイ、1983年の録音。
共演者は、ピアノがジョン・ヒックス、ベースがレジー・ワークマン、ドラムがエド・ブラックウェル。
演奏は、時おり顔を出すフリーも実に軽め、全体にオーソドックスに仕上げている。
強力なマレイを先頭にベテラン三人が一丸となって追っかけていく感じ。
マレイのサックスは何しろ音が澄んで美しい、そして何と言っても、お気に入りのジョン・ヒックスで大満足。
デイヴィッド・マレイをカテゴリー分けすると 「フリー・ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズ、ロフト系ポスト・バップ」 と捉えている。
その激しい演奏形態の進化と、自己アルバムの数の多さ、多くのミュージシャンとの共演など精力的な活動が凄い。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 共演者は、ピアノがジョン・ヒックス、ベースがレジー・ワークマン、ドラムがエド・ブラックウェル。
演奏は、時おり顔を出すフリーも実に軽め、全体にオーソドックスに仕上げている。
強力なマレイを先頭にベテラン三人が一丸となって追っかけていく感じ。
マレイのサックスは何しろ音が澄んで美しい、そして何と言っても、お気に入りのジョン・ヒックスで大満足。
デイヴィッド・マレイをカテゴリー分けすると 「フリー・ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズ、ロフト系ポスト・バップ」 と捉えている。
その激しい演奏形態の進化と、自己アルバムの数の多さ、多くのミュージシャンとの共演など精力的な活動が凄い。
(青木高見)





David Murray / Lovers David Murray / Lovers

Recorded : January 1988

Personnel :
David Murray (ts)
Dave Burrell (p)
Fred Hopkins (b)
Ralph Peterson Jr. (ds)

Song name :
01. Teardrops For Jimmy - Dedicated To Jimmy Garrison
02. Lovers
03. In A Sentimental Mood
04. Ming
05. Water Colors
06. Nalungo - For Nalungo Mwanga

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デヴィッド・マレイ (David Murray 1955年2月19日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド生まれのジャズ・サックス奏者。
アルバムはデヴィッド・マレイ、日本の 「DIW」 による1988年の録音。
共演者は、ピアノがデイヴ・バレル、ベースがフレッド・ホプキンス、ドラムがラルフ・ピーターソン。
演奏は、時おり顔を出すフリーは少なく全体としてオーソドックス。
特に演目の 「In A Sentimental Mood」 は美しいサックスの音色と構成が胸に迫ってくる。
何回も演奏している、いつもの仲間のチームワークも光る。
デイヴィッド・マレイをカテゴリー分けすると 「フリー・ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズ、ロフト系ポスト・バップ」 と捉えている。
年齢的には中堅だが、その激しい演奏形態の進化と、自己アルバムの数の多さ、多くのミュージシャンとの共演など精力的な活動が凄い。
特にワールド・サキソフォン・カルテットの設立メンバーとして有名でもある。
このアルバムを企画したのは、我が国の「DIW」であることに誇りとしたい。
今や海外でも 「DIW」 の評価は高く、熱狂的なコレクターがいると聞く。
当アルバムも廃盤とり貴重なものとなってしまった。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはデヴィッド・マレイ、日本の 「DIW」 による1988年の録音。
共演者は、ピアノがデイヴ・バレル、ベースがフレッド・ホプキンス、ドラムがラルフ・ピーターソン。
演奏は、時おり顔を出すフリーは少なく全体としてオーソドックス。
特に演目の 「In A Sentimental Mood」 は美しいサックスの音色と構成が胸に迫ってくる。
何回も演奏している、いつもの仲間のチームワークも光る。
デイヴィッド・マレイをカテゴリー分けすると 「フリー・ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズ、ロフト系ポスト・バップ」 と捉えている。
年齢的には中堅だが、その激しい演奏形態の進化と、自己アルバムの数の多さ、多くのミュージシャンとの共演など精力的な活動が凄い。
(青木高見)





David Murray / Ballads David Murray / Ballads

Recorded : January 1988

Personnel :
David Murray (ts)
Dave Burrell (p)
Fred Hopkins (b)
Ralph Peterson Jr. (ds)

Song name :
01. Valley Talk
02. Love In Resort
03. Ballad For The Black Man
04. Paradise Five
05. Lady In Black
06. Sarah's Lament

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デヴィッド・マレイ (David Murray 1955年2月19日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド生まれのジャズ・サックス奏者。
アルバムはデヴィッド・マレイ、日本の 「DIW」 による1988年の録音。
共演者は、ピアノがデイヴ・バレル、ベースがフレッド・ホプキンス、ドラムがラルフ・ピーターソン。
演奏は、タイトル通りデヴィッド・マレイのバラード集。
フリー・ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズをたっぷりやってきたマレイのバラードこそ凄いものがある。
そこには癒しとか甘美さは無く、硬質なバラードが真骨頂といえる。
またこのような素晴らしいアルバムを企画したのが、我が国の 「DIW」 であることに誇りを持ちたい。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはデヴィッド・マレイ、日本の 「DIW」 による1988年の録音。
共演者は、ピアノがデイヴ・バレル、ベースがフレッド・ホプキンス、ドラムがラルフ・ピーターソン。
演奏は、タイトル通りデヴィッド・マレイのバラード集。
フリー・ジャズ、アヴァンギャルド・ジャズをたっぷりやってきたマレイのバラードこそ凄いものがある。
そこには癒しとか甘美さは無く、硬質なバラードが真骨頂といえる。
またこのような素晴らしいアルバムを企画したのが、我が国の 「DIW」 であることに誇りを持ちたい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲