青木高見のジャズコレクション Bobby Hackett (cor, tp) ボビー・ハケット


略歴
ボビー・ハケット (Bobby Hackett 出生名 : Robert Leo "Bobby" Hackett 1915年1月31日~1976年6月7日) はアメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンス生まれの白人ジャズ・トランペット、コルネット、ギター奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Bobby Hackett / Coast Concert _ Jack Teagarden / Jazz Ultimate Bobby Hackett / Coast Concert _ Jack Teagarden / Jazz Ultimate

(注) このアルバムはボビー・ハケットのリーダーアルバム扱いとしています。
双頭のジャック・ティーガーデンのアルバムでもあるため 「 Jack Teagarden 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1955

Personnel :
「Bobby Hackett / Coast Concert」
Bobby Hackett (cor)
Jack Teagarden (tb)
Don Owens (p)
Nappy Lamare (g)
Abe Lincoln (tb)
Matty Matlock (cl)
Phil Stephens (b, tuba)
Nick Fatool (ds)

Song name :
「Bobby Hackett / Coast Concert」
01. I Want a Bigger Butter and Egg Man
02. New Orleans
03. That's a Plenty
04. Basin Street Blues
05. Muskrat Ramble
06. I Guess I'll Have to Change My Plan
07. Royal Garden Blues
08. Struttin' With Some Barbecue
09. Fidgety Feet

「Jack Teagarden / Jazz Ultimate」
Jack Teagarden (tb, vo)
Bobby Hackett (cor)
Gene Schroeder (p)
Billy Bauer (g)
Peanuts Hucko (ts,cl)
Ernie Caceres (bs, cl)
Jack Lesberg (b)
Buzzy Drootin (ds)

「Jack Teagarden / Jazz Ultimate」
10. Indiana (Back Home Again In)
11. Oh Baby
12. 'S Wonderful
13. I've Found a New Baby
14. Sunday
15. Baby, Won't You Please Come Home
16. Everybody Loves My Baby
17. Mama's Gone, Goodbye
18. Way Down Yonder in New Orleans
19. 55th and Broadway
20. 'S Wonderful

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ボビー・ハケット (Bobby Hackett 出生名 : Robert Leo "Bobby" Hackett 1915年1月31日~1976年6月7日) はアメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンス生まれの白人ジャズ・トランペット、コルネット、ギター奏者。
ジャック・ティーガーデン (Weldon Leo "Jack" Teagarden 1905年8月20日~1964年1月15日) はアメリカ合衆国テキサス州ヴァーノン生まれの白人ジャズ・トロンボーン奏者、バンドリーダー、作曲家、ボーカリスト。
アルバムはボビー・ハケットとジャック・ティーガーデン、1955年の録音、ボビー・ハケットの 「Bobby Hackett / Coast Concert」 と、ジャック・ティーガーデンの 「Jack Teagarden / Jazz Ultimate」 が一枚に収められたCD。
演奏は、ボビー・ハケットとジャック・ティーガーデンの絶頂期の演奏が収録されている。
「Bobby Hackett / Coast Concert」 が9曲、 「Jack Teagarden / Jazz Ultimate」 が11曲、計20曲で聴きごたえがある。
演奏者は 「Bobby Hackett / Coast Concert」 が。
コルネットがボビー・ハケット、トロンボーンがジャック・ティーガーデンとエイブ・リンカーン、ピアノがドン・オーエンス、ギターがナッピィー・ラメアー、クラリネットがマティ・マトロック、ベースとチューバがフィル・ステファンズ、ドラムがニック・ファトゥール。
「Jack Teagarden / Jazz Ultimate」 が。
コルネットがボビー・ハケット、トロンボーンがジャック・ティーガーデン、ピアノがジーン・シュレーダー、ギターがビリー・バウアー、テナーサックスとクラリネットがピーナッツ・ハッコー、バリトンサックスとクラリネットがアーニー・カセレス、ベースがジャック・ルズバーグ、ドラムがブジー・ドルーティン。
ニューオリンズ周辺でブラスバンドから自然発生した創世記のジャズ。
「New Orleans」 ニュー・オルレアン。
オルレアンは、フランスの南にある田舎町。
このニューオリンズがフランスから統治されていた地名。
10ドル紙幣に 「Dix」 の刻印が、この地帯を 「ディキシーランド」 と呼ぶようになる。
白人たちが黒人のジャズをまねて、この楽器編成が定着。
中でもシカゴ派、ウエストコースト派、そしてこのCDのボビー・ハケットとジャック・ティーガーデンに代表されるニューヨーク派。
垢抜(あかぬ)けした、都会的なディキシーランドが特徴。
ジャズが、どのように発展していったかを実感できる。
聴いていると、いつしか心がやさしくなり、ふわかした気持ちになる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲