青木高見のジャズコレクション Jack Teagarden (tb, vo) ジャック・ティーガーデン


略歴
Jack Teagarden ジャック・ティーガーデン (Jack Teagarden 出生名:Weldon Leo "Jack" Teagarden 1905年8月20日~1964年1月15日) はアメリカ合衆国テキサス州ヴァーノン生まれの白人ジャズ・トロンボーン奏者、バンドリーダー、作曲家、ボーカリスト。
ニックネームは「Big-T」。
顔が日本の俳優で「安岡力也っぽい」のはインディアンの血が流れているから。
そう思うと酋長の風格がある。
一見、恐そうな顔とは裏腹にトロンボーンの音色は柔らかく温かい。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Jack Teagarden / Personal Choice (DE2-41205)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Bobby Hackett and Jack Teagarden / Bobby Hackett Coast Concert + Jack Teagarden Jazz Ultimate (CCM-165-2) Bobby Hackett / Coast Concert Jack Teagarden / Jazz Ultimate

【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


Jack Teagarden / Personal Choice (DE2-41205) Jack Teagarden / Personal Choice (DE2-41205)

Recorded : October 1954

Personnel :
Jack Teagarden (tb, vo)
Kenny Kersey (p)
Sidney Gross (g)
Ruby Braff (tp)
Sol Yaget (cl)
Lucky Thompson (ts)
Milt Hinton (b)
Denzil Best (ds)

Song name :
01. After You've Gone
02. Stars Fell on Alabama
03. Blue and Esoteric
04. St. James Infirmary
05. A Hundred Years from Today
06. Lover

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャック・ティーガーデン (Jack Teagarden 出生名:Weldon Leo "Jack" Teagarden 1905年8月20日~1964年1月15日) はアメリカ合衆国テキサス州ヴァーノン生まれの白人ジャズ・トロンボーン奏者、バンドリーダー、作曲家、ボーカリスト。
CDは、発売元がドライブ・エンタテインメント(Drive Entertainment)、輸入盤、スコット・ヤナウ(Scott Yanow)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、6曲入り。
メンバーは、トロンボーンとヴォーカルがジャック・ティーガーデン、ピアノがケニー・カーシー、ギターがシドニー・グロス、トランペットがルビー・ブラフ、クラリネットがソル・ヤージド(ソル・エイジド)、テナーサックスがラッキー・トンプソン、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがデンジル・ベスト。
ジャック・ティーガーデンが活躍した時代は、ルイ・アームストロングやベニー・グッドマンと同じ時代。
ニックネームは「Big-T」。
「T」がティーガーデンなのかトロンボーンなのか不明。
顔が日本の俳優で「安岡力也っぽい」のはインディアンの血が流れているから。
そう思うと酋長の風格がある。
一見、恐そうな顔とは裏腹にトロンボーンの音色は柔らかく温かい。
演目は全曲ジャック・ティーガーデンの十八番(おはこ)が並ぶ。
ソル・ヤージド(ソル・エイジド)は珍しいミュージシャンで、この人のクラリネットも聴ける。
(青木高見)





Bobby Hackett and Jack Teagarden / Bobby Hackett_Coast Concert _ Jack Teagarden_Jazz Ultimate (CCM-165-2) Bobby Hackett / Coast Concert Jack Teagarden / Jazz Ultimate Bobby Hackett and Jack Teagarden / Bobby Hackett_Coast Concert _ Jack Teagarden_Jazz Ultimate (CCM-165-2)

「ジャズ/ボビー・ハケット」 のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャック・ティーガーデン」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2000

メインコメント : CDはボビー・ハケットの「Coast Concert」とジャック・ティーガーデンの「Jazz Ultimate」が1枚にカップリング。
LP「Bobby Hackett / Coast Concert」は1956年のリリース、キャピタル・レコード(Capitol Records)T692番、9曲入り。
A1. I Want A Big Butter And Egg Man
A2. New Orleans
A3. That's A Plenty
A4. Basin Street Blues
B1. Muskrat Ramble
B2. I Guess I'll Have To Change My Plan
B3. Royal Garden Blues
B4. Struttin' With Some Barbecue
B5. Fidgety Feet
LP「Jack Teagarden / Jazz Ultimate」は1958年の録音リリース、キャピタル・レコード(Capitol Records)T933番、11曲入り。
A1. Indiana (Back Home Again In Indiana)
A2. Oh Baby
A3. It's Wonderful
A4. I Found A New Baby
A5. Sunday
A6. Baby, Won't You Please Come Home
B1. Everybody Loves My Baby
B2. Mama's Gone, Good Bye
B3. 'Way Down Yonder In New Orleans
B4. 55th And Broadway
B5. 'S Wonderful
CDは発売元がコレクターズ・チョイス・ミュージック(Collectors' Choice Music)、輸入盤、コレクターズ・チョイス・ミュージックによる英語オリジナル・ライナーノーツ、20曲入り。
メンバーは。
#01-11 Bobby Hackett / Coast Concert
Personnel :
Bobby Hackett (cor)
Jack Teagarden (tb)
Don Owens (p)
Nappy Lamare (g)
Abe Lincoln (tb)
Matty Matlock (cl)
Phil Stephens (b, tuba)
Nick Fatool (ds)
#12-20 Jack Teagarden / Jazz Ultimate
Personnel :
Jack Teagarden (tb, vo)
Bobby Hackett (cor)
Gene Schroeder (p)
Billy Bauer (g)
Peanuts Hucko (ts,cl)
Ernie Caceres (bs, cl)
Jack Lesberg (b)
Buzzy Drootin (ds)

Song number, Song name :
[Bobby Hackett / Coast Concert]
01. I Want a Bigger Butter and Egg Man
02. New Orleans
03. That's a Plenty
04. Basin Street Blues
05. Muskrat Ramble
06. I Guess I'll Have to Change My Plan
07. Royal Garden Blues
08. Struttin' With Some Barbecue
09. Fidgety Feet
[Jack Teagarden / Jazz Ultimate]
01(10). Indiana (Back Home Again In)
02(11). Oh Baby
03(12). 'S Wonderful
04(13). I've Found a New Baby
05(14). Sunday
06(15). Baby, Won't You Please Come Home
07(16). Everybody Loves My Baby
08(17). Mama's Gone, Goodbye
09(18). Way Down Yonder in New Orleans
10(19). 55th and Broadway
11(20). 'S Wonderful

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : 
[Bobby Hackett / Coast Concert]
ボビー・ハケット (Bobby Hackett 出生名:Robert Leo "Bobby" Hackett 1915年1月31日~1976年6月7日) はアメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンス生まれの白人ジャズ・トランペット、コルネット、ギター奏者。
メンバーは、コルネットがボビー・ハケット、トロンボーンがジャック・ティーガーデンとエイブ・リンカーン、ピアノがドン・オーエンス、ギターがナッピィー・ラメアー、クラリネットがマティ・マトロック、ベースとチューバがフィル・ステファンズ、ドラムがニック・ファトゥール。
[Jack Teagarden / Jazz Ultimate]
ジャック・ティーガーデン (Weldon Leo ''Jack'' Teagarden 1905年8月20日~1964年1月15日) はアメリカ合衆国テキサス州ヴァーノン生まれの白人ジャズ・トロンボーン奏者、バンドリーダー、作曲家、ボーカリスト。
メンバーは、コルネットがボビー・ハケット、トロンボーンがジャック・ティーガーデン、ピアノがジーン・シュレーダー、ギターがビリー・バウアー、テナーサックスとクラリネットがピーナッツ・ハッコー、バリトンサックスとクラリネットがアーニー・カセレス、ベースがジャック・ルズバーグ、ドラムがブジー・ドルーティン。
話は逸れるが「ニューオリンズ」はアメリカ合衆国のルイジアナ州南部にある同州最大の都市。
語源は「オルレアン」、フランスの南にある田舎町、当時フランスから統治されていた地名に「ニュー(新しい)」が付けられた。
また「ディキシーランド」は10ドル紙幣に「Dix」の刻印があり、この地帯を「ディキシーランド」と呼ぶようになった。
中でもシカゴ派、ウエストコースト派、当CDのボビー・ハケットやジャック・ティーガーデンに代表されるニューヨーク派に大別できる。
特にニューヨーク派は垢抜(あかぬ)けした都会的な音が特徴。
メロディを注意深く聴くと短調と長調が瞬時に入交り、まるで瞬時に変わる人の心の喜怒哀楽を表現している様に聴こえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲