青木高見のジャズコレクション Louis Armstrong (tp, vo) ルイ・アームストロング

略歴
ルイ・アームストロング (Louis Armstrong 1901年8月4日~1971年7月6日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれジャズ・トランぺット、コルネット奏者、歌手、バンドマスター。
サッチモ (Satchmo) という愛称で知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャン。
〈青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Louis Armstrong and King Oliver / Louis Armstrong and King Oliver (Milestone MDC-47017-2) Louis Armstrong and King Oliver / Louis Armstrong and King Oliver (Milestone MDC-47017-2)

(注) このアルバムはルイ・アームストロングのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者に双頭のキング・オリヴァーが参加しているため 「 King Oliver 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1922-1923

Personnel :
Louis Armstrong (cor)
King Oliver (cor, bandmaster)
Lil Hardin (p)
Johnny Dodds (cl)
Honore Dutrey (tb)
Bill Jonson (b)
Baby Dodds (ds)

Song name :
King Oliver's Creole Jazz Band
01. Just Gone
02. Canal Street Blues
03. Mandy Lee Blues
04. I'm Going Away To Wear You Off My Mind
05. Chimes Blues
06. Weather Bird Rag
07. Dipper Mouth Blues
08. Froggie Moore
09. Snake Rag
10. Alligator Hop
11. Zulu's Ball
12. Workingman Blues
13. Krooked Blues
14. Mabel's Dream (1st Take)
15. Mabel's Dream (2nd Take)
16. Southern Stomp (1st Take)
17. Southern Stomp (2nd Take)
18. Riverside Blues

Red Onion Jazz Band
19. Texas Moaner Blues
20. Of All The Wrongs You've Done To Me
21. Terrible Blues
22. Santa Claus Blues
23. Nobody Knows The Way I Feel This Morning
24. Early Every Morn
25. Cake Walking Babies From Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ルイ・アームストロング (Louis Armstrong 1901年8月4日~1971年7月6日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれジャズ・トランぺット、コルネット奏者、歌手、バンドマスター。
キング・オリヴァー (Joe "King" Oliver 1885年12月19日~1938年4月10日) はジャズ・コルネット奏者でバンドリーダー、ミュートを使用した演奏を他に先駆けて開拓し演奏スタイルを詳細に楽譜に記した事でも有名。
アルバムは1923年ルイ・アームストロングがシカゴに移りキング・オリヴァーの楽団に加わり収録した作品。
演奏にドラムの音が無いのは、当時の録音技術が低く収録できなかったという。
このバンドから巣立って驚異的な足跡を残していくサッチモの原点の音を聴く事ができる。
キング・オリヴァーはルイ・アームストロングにコルネットを手ほどきした事でも有名。
ルイの進歩は凄まじく、瞬(またた)く間に師匠のオリヴァーを追い越してしまう。
しかし、オリヴァーを最後まで先生として、生涯その恩を忘れる事はなかったという心温まる逸話がある。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムは1923年ルイ・アームストロングがシカゴに移りキング・オリヴァーの楽団に加わり収録した作品。演奏にドラムの音が無いのは、当時の録音技術が低く収録できなかったという。このバンドから巣立って驚異的な足跡を残していくサッチモの原点の音を聴く事ができる。キング・オリヴァーはルイ・アームストロングにコルネットを手ほどきした事でも有名。ルイの進歩は凄まじく、瞬(またた)く間に師匠のオリヴァーを追い越してしまう。しかし、オリヴァーを最後まで先生として、生涯その恩を忘れる事はなかったという心温まる逸話がある。
(青木高見)





Louis Armstrong / The Complete Town Hall Concert 1947 Louis Armstrong / The Complete Town Hall Concert 1947

Recorded : The Town Hall Concert, New York City. May 17, 1947

Song name and Personnel :

01. Introduction By Fred Robbins

02. Cornet Shop Suey
Louis Armstrong (tp, vo)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

03. Our Monday Date
Louis Armstrong (tp, vo)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

04. Dear Old Southland
Louis Armstrong (tp, vo)
Dick Cary (p)

05. Big Butter And Egg Man
Louis Armstrong (tp, vo)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

06. Tiger Rag
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

07. Struttin' With Some Barbecue
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

08. Sweethearts On Parade
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

09. Saint Louis Blues
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

10. Pennies From Heaven
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

11. On The Sunnyside Of The Street
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

12. I Can't Give You Anything But Love
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

13. Back O'Town Blues
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

14. Ain't Misbehehavin
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

15. Rockin' Chair
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

16. Muskrat Ramble
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
Sidney Catlett (ds)

17. Save It,Pretty Mama
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
George Wettling (ds)

18. Saint James Infirmary
Jack Teagarden (tb, vo)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
George Wettling (ds)

19. Royal Garden Blues
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
George Wettling (ds)

20. Do You Know What It Means To Miss New Orleans
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
George Wettling (ds)

21. Jack Armstrong Blues
Louis Armstrong (tp, vo)
Bobby Hackett (tp)
Jack Teagarden (tb, vo)
Peanuts Hucko (cl, ts)
Dick Cary (p)
Bob Haggart (b)
George Wettling (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ルイ・アームストロング (Louis Armstrong 1901年8月4日~1971年7月6日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれジャズ・トランぺット、コルネット奏者、歌手、バンドマスター。
アルバムはルイ・アームストロング、1947年5月17日の録音、タウン・ホールでのライブ。
LPでは14曲だったが、CDで21曲入りとなる。
SPの音源に、新たに発見された曲が加わり、更に音質改善された。
この日のサッチモは、このコンサートに並々ならる力を注いでいだそうで、超の付く豪華メンバーが華をそえている。
ここまで完成されたジャズが、1947年、すでに完成されていた事に驚きを感じる。
ジャズ史に名を残す名盤たる所以がここにある。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはルイ・アームストロング、1947年5月17日の録音、タウン・ホールでのライブ。LPでは14曲だったが、CDで21曲入りとなる。SPの音源に、新たに発見された曲が加わり、更に音質改善された。この日のサッチモは、このコンサートに並々ならる力を注いでいだそうで、超の付く豪華メンバーが華をそえている。ここまで完成されたジャズが、1947年、すでに完成されていた事に驚きを感じる。ジャズ史に名を残す名盤たる所以がここにある。
(青木高見)





Louis Armstrong / W. C. Handy Louis Armstrong / W. C. Handy

Recorded : July 12-14, 1954

Personnel :
Louis Armstrong (tp, vo)
Billy Kyle (p)
Trummy Young (tb)
Barney Bigard (cl)
Arvell Shaw (b)
Barnett Deems (ds)
Velma Middleton (vo)

Song name :
01. St. Louis Blues
02. Yellow Dog Blues
03. Loveless Love
04. Aunt Hagar's Blues
05. Long Gone (From the Bowlin' Green)
06. Memphis Blues (Or Mister Crump)
07. Beale Street Blues
08. Ole Miss Blues
09. Chantez Les Bas (Sing 'Em Low)
10. Hesitating Blues
11. Atlanta Blues (Make Me One Pallet on Your Floor)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ルイ・アームストロング (Louis Armstrong 1901年8月4日~1971年7月6日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれジャズ・トランぺット、コルネット奏者、歌手、バンドマスター。
アルバムはルイ・アームストロング、1954年7月12日から14日の録音、全曲 「ブルースの父」 呼ばれた 「W.C.ハンディ」 の曲をルイ・アームストロングが演奏している。
ルイ・アームストロングと言うと 「この素晴らしき世界」 や 「ディズニー・ソングス」 が有名だが、人気投票では必ず上位に上がってくる作品。
「W.C.ハンディ(ウイリアム・クリストファー・ハンディ)」 は、1873年アラバマ州フローレンス生まれのブルースマンで、セントルイス・ブルースの作曲が有名。
当時、サッチモのこのアルバムを聴いたハンディがあまりの素晴らしさに涙を流したという逸話が残っている。
このアルバムはジャズが、どのように進化したかを知る上で貴重な資料ともいえる。
(青木高見)





Ella Fitzgerald - Louis Armstrong / Ella And Louis Ella Fitzgerald - Louis Armstrong / Ella And Louis

(注) このアルバムはエラ・フィッツジェラルドのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためエラ・フィッツジェラルド 「 Ella Fitzgerald 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : August 16, 1956

Personnel :
Ella Fitzgerald (vo)
Louis Armstrong (vo, tp)
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Buddy Rich (ds)

Song name :
01. Can't We Be Friends?
02. Isn't This a Lovely Day?
03. Moonlight in Vermont
04. They Can't Take That Away from Me
05. Under a Blanket of Blue
06. Tenderly
07. A Foggy Day
08. Stars Fell on Alabama
09. Cheek to Cheek
10. The Nearness of You
11. April in Paris

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エラ・フィッツジェラルド (Ella Jane Fitzgerald 1917年4月25日~1996年6月15日) はアメリカ合衆国ヴァージニア州ニューポート・ニューズ出身の女性ジャズ歌手。
ルイ・アームストロング (Louis Armstrong 1901年8月4日~1971年7月6日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれジャズ・トランぺット、コルネット奏者、歌手、バンドマスター。
アルバムはエラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロング、1956年8月16日の録音、ヴァーヴ・レコードからのリリース。
共演者は、ピアノがオスカーピーターソン、ギターがハーブ・エリス、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがバディ・リッチ。
このアルバムを聴く前、一番心配だったのが、ピアノのオスカーピーターソンの弾き過ぎと、ドラムのバディ・リッチの爆走強烈ドラミングをしていないかという事。
実際、聴いてみると、ブラインド・テストされたら誰だかわからない程、謙虚で控えめなバッキングに徹していた、まずは、ひと安心。
リリースはヴァーヴ・レコードだが、録音はロスにあるキャピタル・スタジオ。
アレンジとコンダクターは 「Buddy Bregman」。
デッカ・レーベルからの指示が、あったのだろうか、バックはメインの二人を前面に押し出している演奏に感動。
この時の、エラ・フィッツジェラルドが、またいい、いつものスキャットは姿を消し、ゆったりと歌を嚙み締め味わっている歌唱に脱帽。
そして、ルイ・アームストロングも、ゆったりとして、のどかで、豊かな演奏が素晴らしい。
ふと、見直したジャケットのポートレイト。
ははあ、このジャケットに全が隠されていた事を知る。
その瞬間から、涙が出てきそうな位、いいアルバムになった。
やはり、アルバムの良い悪いは、リスナー自身が作っていくものだと再認識。
(青木高見)





Louis Armstrong / Jazz Masters (verve) Louis Armstrong / Jazz Masters (verve)

Recorded : July - October 1956 and October 1957

Personnel :
Louis Armstrong (tp, vo)
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Herb Ellis (g)
Louis Bellson (ds)
Ella Fitzgerald (vo)

Song name :
01. Just One of Those Things
02. That Old Feeling
03. I Gotta Right to Sing the Blues
04. Learnin' the Blues
05. Let's Do It (Let's Fall in Love)
06. There's a Boat Dat's Leavin' Soon for New York
07. Blues in the Night
08. You're the Top
09. Body and Soul
10. When Your Lover Has Gone
11. Fine Romance
12. Home (When Shadows Fall)
13. I've Got the World on a String
14. I Was Doing All Right
15. When the Saints Go Marching In

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ルイ・アームストロング (Louis Armstrong 1901年8月4日~1971年7月6日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれジャズ・トランぺット、コルネット奏者、歌手、バンドマスター。
アルバムはルイ・アームストロング、1956年から1957年の録音、様々な場所での演奏集、ヴァーヴの 「Jazz Mastters」 シリーズの1枚。
共演者は、ヴォーカルがエラ・フィッツジェラルド、ピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ギターがハーブ・エリス。
ジャズの中で人気と貢献度が最高峰のサッチモを高音質でたっぷり堪能できる。
ちなみに 「サッチモ」 とは 「satchel mouth」 がま口のような口からきたとか、「Such a mouth!」なんて口だ! とする説があって面白い。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはルイ・アームストロング、1956年から1957年の録音、様々な場所での演奏集、ヴァーヴの 「Jazz Mastters」 シリーズの1枚。共演者は、ヴォーカルがエラ・フィッツジェラルド、ピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ギターがハーブ・エリス。ジャズの中で人気と貢献度が最高峰のサッチモを高音質でたっぷり堪能できる。ちなみに 「サッチモ」 とは 「satchel mouth」 がま口のような口からきたとか、「Such a mouth!」なんて口だ! とする説があって面白い。
(青木高見)





(Louis Armstrong) X'mas From Great Old Friend (BY30-5148) (Louis Armstrong) X'mas From Great Old Friend (BY30-5148)

(注) このアルバムはルイ・アームストロングのリーダーアルバム扱いとしています。
特集でマイ・クリスマス・アルバムの「 X'mas From Great Old Friend (BY30-5148) 」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song name, Recorded, Personnel

01. Merry Christmas
Rec : July 29, 1953
Lighting Hopkings (vo, el-g)
Donald Cooks (b)

02. Santa Claus Blues
Rec : October 30, 1925
[Clarence Williams' Blue Five]
Louis Armstrong (cor)
Charlie Irvis (tb)
Don Redman (cl)
Sidney Bechet or Buster Bailey (sop)
Clarence Williams (p)
Buddy Christian (bj)
Eva Taylor (vo)

03. Santa Claus,Bring My Man Back
Rec : October 30, 1928
Ozie Ware with Duke Ellington's Hot Five
unknown (tp)
Barney Bigard (cl)
Duke Ellington (p)
Billy Taylor (b)
Ozie Ware (vo)

04. Santa Claus Came In The Spring
Rec : August 2, 1935
[Putney Dandridge and His Swing Band]
Red Allen (tp)
Ben Webster or Teddy McRae (ts)
Teddy Wilson (p)
Lawrence Lucie (g)
John Kirby (b)
Walter Johnson (ds)
Putney Dandridge (vo)

05. Santa Claus Is Coming To Town
Rec : October 24, 1934 [Harry Reser and His Orchestra]
unknown personnel
Tom Stacks (ds, vo)

06. Christmas Night In Harlem
Rec : April 17, 1934 [Paul Whiteman and His Orchestra]
Don Goldie (tp)
Charlie Teagarden (tp)
Jack Teagarden (tb)
Jack Fulton (tb)
Benny Bonacio (reed)
John Cordaro (reed)
Charles Strickfadden (reed)
Frank Trumbauer (reed)
Roy Bargy (p)
Mike Pignatore (bj, g)
Art Miller (b)
Herb Quigley (ds)

07. Winter Wonderland
Rec : November 11, 1934
[Ted Weems and His Orchestra]
Art Weems (tp)
Andy Secrest (tp)
Pete Beilamn (tb)
Dick Cunlifee (reed)
Rosy McHargue (reed)
Parker Gibbs (reed)
Red Ingle (reed)
Jack O'brien (p)
Cliff Covert (g, vn)
Country Washburn (b)
Ormand Downes (ds)
Gibbs (vo)

08. Jingle Bells
Rec : June 6, 1935
[Benny Goodman and His Orchestra / The Rhytmakers]
Pee Wee Erwin (tp)
Nate Kazebier (tp)
Jerry Neary (tp)
Red Ballard (tb)
Jack Lacey (tb)
Toots Mondello (reed)
Hymie Schertzer (reed)
Art Rollini (reed)
Dick Clark (reed)
Benny Goodman (reed)
Frank Froeba (p)
Allan Reuss (g)
Harry Goodman (b)
Gene Krupa (ds)

09. Swingin’Them Jingle Bells
Rec : November 29, 1936
[Fats Waller and His Rhythm]
Herman Autrey (tp)
Gene Sedric (ts)
Fats Waller (p, vo)
Al Casey (g)
Charles Turner (b)
Slick Jones (ds)

10: Merry Christmas Baby
Rec : October 27, 1950
[Lionel Hampton and His Orchestra]
Walter Williams (tp)
Bennie Bailey (tp)
Duke Garrette (tp)
Ed Mullins (tp)
Leo Sheppard (tp)
Al Grey (tb)
Bennie Powell (tb)
Jimmy Cleveland (tb)
Lee Higaki (tb)
Bobby Plater (as, arr)
Jerome Richadson (as)
John Board (ts)
Custis Lowe (ts)
Lonnie Shaw (ts)
Ben Kyard (b-sax)
Milt Buckner (p)
William Mackel (g)
Roy Johnson (b)
Ellis Bartee (ds)
Sonny Parker (vo)

11: Santa Claus Got Stuck In My Chimney
Rec : October 26, 1950
Ella Fitzgerald (vo)
Hank Jones (p)
John Collins (g)
Roy Brown (b)
Chalie Smith (ds)

12: Cool Yule
and

13: 'Zat You,Santa Claus?
Rec : October 22, 1953
[Louis Armstrong and The Commanders]
Louis Armstrong (tp, vo)
Billy Butterfield (tp)
Andy Ferretti (tp)
Carl Poole (tp)
Lou McGarity (tb)
Cutty Cutshaw (tb)
Phil Giardina (tb)
Jack Satterfield (tb)
Hymie Schertzer (reed)
Al Klink (reed)
Bernie Leighton (p)
Carmen Mastren (g)
Sandy Block (b)
Ed Grady (ds)
Camarata (arr, dir)

14: Christmas In New Orleans
Rec : September 8, 1955
[Louis Armstrong with Benny Carter's]
Louis Armstrong (tp, vo)
Manny Klein (tp)
Pete Candori (tp)
Vito Manganon (tp)
Trummy Young (tb)
Si Zentner (tb)
Skeets Herfurt (as)
Harry Klee (as)
Babe Russin (ts)
don Ruffel (ts)
Billy Kyle (p)
Arvell Shaw (b)
Barrett Deams (ds)
Benny Carter (arr, dir)

15: The Night Before Christmas (A Poem)
Rec : 1971
Louis Armstrong (A Poem)

Song name :
01. Merry Christmas
02. Santa Claus Blues
03. Santa Claus,Bring My Man Back
04. Santa Claus Came In The Spring
05. SantaClaus Is Coming To Town
06. Christmas Night In Harlem
07. Winter Wonderland
08. Jingle Bells 09. Swingin’Them Jingle Bells
10: Merry Christmas Baby
11: Santa Claus Got Stuck In My Chimney
12: Cool Yule
13: 'Zat You,Santa Claus?
14: Christmas In New Orleans
15: The Night Before Christmas (A Poem)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ルイ・アームストロング (Louis Armstrong 1901年8月4日~1971年7月6日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれジャズ・トランぺット、コルネット奏者、歌手、バンドマスター。
アルバムはルイ・アームストロング、1986年11月にリリースされた、1920年から1950年に演奏されたジャズ、ブルース、ポピュラーのクリスマス集。
特に、ルイ・アームストロングの最後のレコーディング(朗読)が収録されている点が資料的にも貴重。
参加ミュージシャンは、ベニー・グッドマン、エラ・フィッツジェラルドなどその他大勢。
音質はモノラルで良いとはいえないが、古い演奏なので当然だし、逆にノスタルジックな雰囲気がいい。
クリスマスの時期に限らず、一年中楽みたい。
(青木高見)





Louis Armstrong / What A Wonderful World Louis Armstrong / What A Wonderful World

Recorded :
August 16, 1967
July 23, 1968

Personnel :
[Louis Armstrong and The All Stars]
Louis Armstrong (vo, tp)
Tyree Glenn (tb)
Joe Muranyi (cl)
Marty Napoleon (p)
Art Ryerson (g)
Buddy Catlett (b)
Danny Barclona (ds)
and others

Song name :
01. What A Wonderful World
02. Cabaret
03. The Home Fire
04. Dream A Little Dream Of Me
05. Give Me Your Kisses
06. Sunshine Of Love
07. Hello Brother
08. There Must Be A Way
09. Fantastic, That's You
10. I Guess I'll Get The Papers And Go Home
11. Hellzapoppin'

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ルイ・アームストロング (Louis Armstrong 1901年8月4日~1971年7月6日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオリンズ生まれジャズ・トランぺット、コルネット奏者、歌手、バンドマスター。
アルバムはルイ・アームストロング、1967年と1968年の録音、MSA・レコードからのリリース、邦題 「この素晴らしき世界」。
帯には 「エンターテイナーのサッチモの魅力を満喫できるポップなヴォーカル作品」 とある。
アルバム全体としての統一感がないものの 「What A Wonderful World (この素晴らしき世界)」 で決まり。
「Louis Armstrong and The All Stars」 の演奏も気軽に楽しめる。
「What A Wonderful World (この素晴らしき世界)」 は日本のテレビコマーシャルに採用された。
例を上げると、ホンダ・シビック(3代目)、東海東京証券、東京海上日動火災保険、ソニーなど。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲