青木高見のジャズコレクション Buddy Rich (ds, cond) バディ・リッチ


寸評
バディ・リッチ (Buddy Rich 出生名 : Bernard "Buddy" Rich) 1917年9月30日~1987年4月2日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン生まれのジャズ・ドラマー、バンドリーダー。
アメリカのジャズ・ドラマーの中でも、ユニークなドラマーといったらバディ・リッチかもしれない。
非常に細かく刻んだ音符を、正確に、速く、長時間叩き続けるという、いわゆる超スゴ技を得意とした。
それでいてグルーブ感を損なわない豪快なバンマスの顔を持つ。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Buddy Rich / The Best Of Buddy Rich The Pacific Jazz Years Buddy Rich / The Best Of Buddy Rich The Pacific Jazz Years

Recorded : 1966-1970

Personnel :
Buddy Rich (ds, cond)
Orchestra of Buddy Rich

Song name :
01. West Side Story Medley: Overture / Cool / Something's Coming / Somewhere (1996 Digital Remaster) Buddy Rich
02. Love For Sale (Live) (Remix) Buddy Rich
03. Apples (Live) Buddy Rich
04. Diabolus Buddy Rich
05. Rotten Kid Buddy Rich
06. Chelsea Bridge (Live)
07. Mercy, Mercy, Mercy (Live)
08. Channel 1 Suite (Live)
09. Greensleeves (Live) (Digitally Remastered 97) Buddy Rich
10. Groovin' Hard (Live)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バディ・リッチ (Buddy Rich 出生名 : Bernard "Buddy" Rich) 1917年9月30日~1987年4月2日) はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン生まれのジャズ・ドラマー、バンドリーダー。
アルバムはバディ・リッチ、1966年~1970年の録音、パシフィック・ジャズ・レーベルからのリリース。
ジャズの中でも極めてユニークなドラマーかもしれない。
紹介文には 「非常に細かく刻んだ音符を、速く、正確に、しかも長時間叩き続けるという、いわゆる超絶技巧を得意とする」 とある。
自己のバンドリーダーの活動が中心だったため、他のミュージシャンとの共演は意外と少ない。
今ではウェブの動画サイトで、バディ・リッチが実際にドラムを叩いている姿を見ることができる。
そのせいか、その凄いドラムが見直され人気と知名度が上ったという。
しかし、今となっては肝心の本人は、この世にいない。
「長時間叩き続けてもまったく衰えない」  事は、亡くなる高齢まで衰えなかったと言う。
天賦の才と、想像を絶する練習と、アメリカの自由な土壌、アメリカのエンターテインメント性が、この人を作ったのかもしれない。
おそらく今後もバディ・リッチの様な、型破りなドラマーは出てこないだろう。
バディ・リッチの父親が、スプーンで正確なリズムを刻んでいることに気付き、1歳よりドラムスティックを持たせた逸話が凄い。
という訳で大音量で、今一度バディ・リッチを聴いてみると、ひきかけの風邪が治ってしまった。
(青木高見)





Buddy Rich / Swingin' New Big Band Buddy Rich / Swingin' New Big Band

Recorded :
September 29, 1966 #02, #04, #07, #09, #13
September 30, 1966 #01, #03, #11, #12, #15
October 1, 1966 #5, #16
October 2, 1966 #10, #14
October 10, 1966 #06, #08, #17

Personnel :
Buddy Rich (ds, cond)
[Swingin' New Big Band]

Song name :
01. Ready Mix
02. Basically Blues
03. Critic's Choice
04. My Man's Gone Now
05. Uptight (Everything's Alright)
06. Sister Sadie
07. More Soul
08. West Side Story Medley
 08-01. Overture
 08-02. Cool
 08-03. Something's Coming
 08-04. Somewhere
09. What'd I Say
10. Hoe Down
11. Step Right Up
12. Apples
13. Chicago
14. In a Mellow Tone
15. Never Will I Marry
16. Lament for Lester
17. Naptown Blues
* : bonus tracks added to 1996 CD re-issue

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バディ・リッチ (Buddy Rich 出生名 : Bernard "Buddy" Rich) 1917年9月30日~1987年4月2日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン生まれのジャズ・ドラマー、バンドリーダー。
アルバムはバディ・リッチ、1966年9月・10月の録音、パシフィック・ジャズ・レーベルからのリリース。
ジャズアルバムの入手方法として、ウェブが普及してからアマゾンの様な仕組が出現するまでは、やはりジャズの専門店に行って買っていた。
いわゆる、店頭買いだが、年に何回か行われるセールの日に、出かけて行く。
新品も中古も、なるべく安く買うための努力は怠らないが、最近少々疲れる。
特に年末年始にセールが多くある。
あちこちを駆け巡り、かなりの重労働。
ある年末年始ワゴンセールの中に、このアルバムがあった。
以前から、安く出れば、買おうと思っていた。
帰路の途中、早く聴きたくてウズウズしたのを覚えている。
全、17曲の内、9曲はCD化で追加されたもので、この値段でバディ・リッチをたっぷり楽しめる。
3日間このアルバムを、かけっぱなしにしていた。
バンドマスターがドラムというのは、迫力が違う。
バンドメンバーを、ドラムで牽引するからだ。
バンドメンバーは無名のミュージシャンが多いが劣りはしない。
このようなアルバムに出逢えて嬉しく思う。
(青木高見)





Buddy Rich / The Roar Of '74 Buddy Rich / The Roar Of '74

Recorded : October 1973

Personnel :
Buddy Rich (ds, cond)
Buddy Budson (p)
Joe Beck (g)
Charlie Davis (tp)
John Hoffman (tp)
Greg Hopkins (tp)
Larry Hall (tp)
Keith O'Quinn (tb)
Alan Kaplan (tb)
John Leys (btb)
Joe Romano (as)
Bob ''Mink'' Martin (as)
John La Barbera (ts)
Bob Crea (ts)
Pat La Barbera (ss)
John Laws (bs)
Tony Levin (b)
Sam Woodyard (per)
Jimmy Maeulen (per)
Don Menza (arr)
Manny Albam (arr)
Ernie Wilkins (arr)

Song name :
01. Nutville
02. Kilimanjaro Coconut
03. Big Mac
04. Backwoods Sideman
05. Time Check
06. Prelude To A Kiss
07. Waltz Of The Mushroom Hunters
08. Senator Sam

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バディ・リッチ (Buddy Rich 出生名 : Bernard "Buddy" Rich) 1917年9月30日~1987年4月2日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリン生まれのジャズ・ドラマー、バンドリーダー。
アルバムはバディ・リッチ、1973年の録音、バンドが一丸となった火の玉の様な演奏。
目玉は、もちろんバディ・リッチ。
アメフトのヘルメットに、ストックカー・レーシングカーに乗った迫力のバディ・リッチが全てを物語っている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲