青木高見のジャズコレクション Jon Eardley (tp) ジョン・アードレイ


寸評
ジョン・アードレイ (Jon Eardley 1928年9月30日~1991年4月1日) はアメリカ合衆国ペンシルヴァニア州アルトゥーナ生まれのジャズ・トランペッター。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Jon Eardley / The Jon Eardley Seven Jon Eardley / The Jon Eardley Seven

Recorded :
March 14, 1955  #07-#10
January 13, 1956  #01-#06

Personnel :
Jon Eardley (tp)
George Syran (p)
Phil Woods (as)
Zoot Sims (ts)
Milt Gold (tb)
Teddy Kotick (b)
Nick Stabulas (ds)

Song name :
01. Leap Year
02. There's No You
03. On The Minute
04. Ladders
05. Koo Koo
06. Eard's Word
07. Hey There
08. Demanton
09. Sid's Delight
10. If You Could See Me Now

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・アードレイ(Jon Eardley September 30, 1928年9月30日~1991年4月1日)はアメリカ合衆国ペンシルヴァニア州アルトゥーナ生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはジョン・アードレイ、1955年3月14日・1956年1月13日の録音、プレスティッジ・レーベルからのリリース。
LPは1曲目から6曲目までで1956年1月13日の録音だったが、プレスティッジ7000番台クロニクルCD化に伴い、新たに1955年3月14日の録音の7曲目から10曲目までの4曲が追加された。
共演者は。
1曲目から6曲目 ピアノがジョージ・サイラン、アルトサックスがフィル・ウッズ、テナーサックスがズート・シムズ、トロンボーンがミルト・ゴールド、ベースがテディ・コティック、ドラムが二ック・スタビュラス。
7曲目から10曲目 ピアノがジョージ・サイラン、ベースがテディ・コティック、ドラムが二ック・スタビュラス。
演奏は、情緒のある上手いトランペットに驚かされる。
もっと名前が売れて良いはずだが、早くに渡欧しラジオ番組などで活躍していた期間が長かった為だとされる。
申し分のないベテラン共演者との素晴らしい共演は、いわゆるB級ジャズの醍醐味を味わえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲