青木高見のジャズコレクション Joe Bushkin (vocals, flugelhorn, piano) ジョー・ブシュキン


略歴
ジョー・ブシュキン (Joseph Bushkin 1916年11月7日~2004年11月3日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアノ、トランペット、歌手、音楽家。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Joe Bushkin / The Road To Oslo And Play It Again, Joe Joe Bushkin / The Road To Oslo And Play It Again, Joe

Recorded : October 4, 1977

Personnel :
#01~#11
Joe Bushkin (vo, fln, p)
Bing Crosby (vo)

Johnny Smith (g)
Jake Hanna (per)
Milt Hinton (b)
Jack Parnell (Orchestra)

#12~#20
Joe Bushkin (vocals, flugelhorn, piano)
Warren Vache (tp)
Al Grey (tb)
Dan Barrett (tr)
Phil Bodner (cl)
Major Holley (b)
Howard Alden (g)
Butch Miles (ds)
Glenn Osser (strings)

Song name :
01. Now You Has Jazz
02. Hallelujah
03. Bess, You Is My Woman / How Long Has This Been Going On / The Man I Love
04. Yesterday/Ain't Been the Same Since the Beatles
05. (There'll Be A) Hot Time in the Town of Berlin
06. Oh, Look at Me Now / I Love a Piano
07. Phone Call to the Past
08. I've Grown Accustomed to Her Face
09. Someday You'll Be Sorry
10. Sunday of the Shepherdess
11. Sail Away from Norway
12. I Can't Get Started
13. Someday You'll Be Sorry
14. The Man That Got Away / Hallelujah
15. How Do You Do Without Me /Oh Look at Me Now
16. What's New?
17. Love Is Here to Stay
18. There's Always the Blues / Phone Call to the Pas / Learnin' the Blues
19. It Had to Be You
20. One for My Baby

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ブシュキン (Joseph Bushkin 1916年11月7日~2004年11月3日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・ピアノ、トランペット、歌手、音楽家。
アルバムはジョー・ブシュキン、1977年10月4日の録音、プロデューサーが1曲目から11曲目までがジョー・ブシュキン、12曲目から20曲目までがレス・ポール。
ジョー・ブシュキンを知ったのは、リー・ワイリーの代表作 「ナイト・イン・マンハッタン」 でピアノを演奏していた事から。
その時はピアニストだけだと思っていたが、後に大変なマルチプレーヤーだった事を知る。
アルバムの共演者は、ヴォーカルのビング・クロスビー、ギターのジョニー・スミス、ベースのミルト・ヒントン、トランペットにウォーレン・ヴァッシェ、トロンボーンにアル・グレイなど豪華メンバー。
選曲は、スタンダード中心で楽しめる。
いつも思うのだが、アメリカはジャズとブルース発祥の土地だけあって、演奏家の層が実に厚く、それだけでワクワクさせてくれる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲