青木高見のジャズコレクション Cheryl Bentyne (vo) シェリル・ベンティーン


寸評
シェリル・ベンティーン (Cheryl Bentyne 1954年~) はアメリカ合衆国ワシントン州出身の女性歌手。
マンハッタン・トランスファー (The Manhattan Transfer) はアメリカ合衆国のジャズ・コーラス・グループ。
そのマンハッタン・トランスファー、メンバーのマッセーが1978年交通事故で怪我をした代役に、1979年にシェリル・ベンティーンが正式加入した。
天下のマンハッタン・トランスファーに合格するだけの実力は、お墨付き。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
シェリル・ベンティーン

【以下コンテンツ】


Cheryl Bentyne / Let's Misbehave _ The Cole Porter Songbook Cheryl Bentyne / Let's Misbehave _ The Cole Porter Songbook

(注) このアルバムはシェリル・ベンティーンのリーダーアルバム扱いとしています。
アルバムがコール・ポーター特集のため 「 Cole Porter 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : September 30, 2009 and August 14, 2012

Personnel :
Cheryl Bentyne (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Corey Allen (p, key, banjo)
Larry Koonse (g)
Octavio Bailly (g)
Tom McCauley (g)
Tom McCauley (mandola)
Chris Tedesco (tp)
James Moody (sax)
Doug Webb (sax, cl)
Kevin Axt (b, tuba)
Dave Tull (ds, per)
Tom McCauley (ds, per)

Song name :
01. Love for Sale
02. It's Alright with Me
03. My Heart Belongs to Daddy
04. I Love Paris
05. You'd Be So Nice to Come Home To
06. Night and Day
07. Just One of Those Things
08. What Is This Thing Called Love
09. Begin the Beguine
10. All of You
11. I Concentrate On You
12. It's Delovely
13. Ev'ry Time We Say Goodbye
14. Let's Misbehave

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : シェリル・ベンティーン (Cheryl Bentyne 1954年~) はアメリカ合衆国ワシントン州出身の女性歌手。
コール・ポーター (Cole Porter 出生名 : Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
マンハッタン・トランスファー (The Manhattan Transfer) はアメリカ合衆国のジャズ・コーラス・グループ。
そのマンハッタン・トランスファー、メンバーのマッセーが1978年交通事故で怪我をした代役に、1979年にシェリル・ベンティーンが正式加入した。
アルバムはシェリル・ベンティーン、2009年9月30日のリリースで、当アルバムはサミット・レコードから2012年8月14日リリースされたもの。
共演者は、ピアノとキーボードがコリー・アレン, ベースがケビン・アクストほか大勢。
内容は、歌の上手さには定評あるシェリル・ベンティーン、どこをとっても満点。
そうなると後は、声質と雰囲気が、聴く人に合うかどうかだけ。
バックは技術的にすばらしく、バックだけでも楽しめる。
個人的に、目的がコール・ポーターをどのように歌っているかを聴きたかった。
全体的に速いテンポを得意とするシェリル・ベンティーン、もう少し、じっくりスローで聴かせてくれてもよかったように思う。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲