青木高見のジャズコレクション Toshiko Akiyoshi (p) 秋吉敏子 (穐吉敏子)


寸評
Toshiko Akiyoshi(龝吉(秋吉)敏子 あきよし としこ 1929年12月12日~)はニューヨーク在住の日本人ジャズピアニスト、作曲家、編曲家、バンドリーダー。
1956年 26歳で単身渡米、日本人初のバークリー音楽院で奨学生として学ぶ。
1959年 チャーリー・マリアーノと結婚するも1965年離婚。
1969年 ルー・タバキンと結婚後、1973年にロサンゼルスで秋吉敏子・ルー・タバキンビッグバンドを結成。
1974年 ジャズと日本古来の和楽を融合した 「孤軍」 を発表。
1983年 自らの作曲・編曲で通算30年にわたって活動を続け世界的に名声を得る。
アメリカのジャズ専門誌ダウンビートで秋吉ビッグバンドは批評家投票で1979年から5年連続。
読者投票では1978年から5年連続で共に一位を獲得。
チャーリー・マリアーノとの子供の一人がソウル・ジャズ歌手の 「マンディ満ちる」。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Toshiko Akiyosi(秋吉敏子)/ The Toshiko Trio Toshiko Akiyosi (秋吉敏子) / The Toshiko Trio

Recorded : 1956

Personnel :
Toshiko Akiyoshi (p)
Paul Chambers (b)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. Between Me and Myself
02. It Could Happen to You
03. Nostalgia
04. Homework
05. Manhattan Address
06. Sunday Afternoon
07. Blues for Toshiko
08. Soshu No Yoru [蘇州の夜]
09. Softly, As in a Morning Sunrise

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : Toshiko Akiyoshi(龝吉(秋吉)敏子 1929年12月12日~)はニューヨーク在住の日本人ジャズピアニスト、作曲家、編曲家、バンドリーダー。
アルバムは秋吉敏子、1956年の録音、世界が驚いたアメリカでのデビュー作。
共演者は、ベースがポール・チェンバース、ドラムがエド・シグペン。
ジャズの最高の名誉 「アメリカン・ジャズ・マスター賞」 を贈られた。
彼女の50年以上に及ぶ、音楽生活の原点と言えるアルバム。
CDには、レコードのピシピシ音が入っていてノスタルジックな気分になる。
演奏はバド・パウエルかと思うくらい力強いタッチ。
そうかと思えば、繊細で可憐。
まさに世界に通用する逸材の誕生の瞬間が記録されている。
ベテラン・リズム勢をグイグイ牽引。
若き日の秋吉敏子のピアノの凄まじさを感じたい。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムは秋吉敏子、1956年の録音、世界が驚いたアメリカでのデビュー作。
共演者は、ベースがポール・チェンバース、ドラムがエド・シグペン。
ジャズの最高の名誉「アメリカン・ジャズ・マスター賞」を贈られた。
彼女の50年以上に及ぶ音楽生活の原点と言えるアルバム。
CDには、レコードのピシピシ音が入っていてノスタルジックな気分になる。
演奏はバド・パウエルかと思うくらい力強いタッチ。
そうかと思えば、繊細で可憐。
まさに世界に通用する逸材の誕生の瞬間が記録されている。
ベテラン・リズム勢をグイグイ牽引。
若き日の秋吉敏子のピアノの凄まじさを感じたい。
(青木高見)





Toshiko Akiyoshi  (秋吉敏子) / The Many Sides of Toshiko Toshiko Akiyoshi (秋吉敏子) / The Many Sides of Toshiko

Recorded : October 4, 1957

Personnel :
Toshiko Akiyoshi (p)
Eugene Chfrico = Gene Cherico(b)
Jake Hanna (ds)

Song name :
01. The Man I Love
02. Minor Mood
03. After You've Gone
04. We'll Be Together Again
05. Studio J
06. Tosh's Fantasy
07. Bags Groove
08. Imagination

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : Toshiko Akiyoshi(龝吉(秋吉)敏子 1929年12月12日~)はニューヨーク在住の日本人ジャズピアニスト、作曲家、編曲家、バンドリーダー。
アルバムは秋吉敏子、1957年10月4日の録音、ヴァーブ・レーベルからのサード。
共演者は、ベースがジーン・チェリコ、ドラムがジェイク・ハナ。
ジャケットは若き日の秋吉敏子、何ともチャーミング。
アメリカで成功を納め、56年57年とニューポートに連続出演した好調期の演奏が凄い。
この時期のアメリカのジャズ界は、マイルス、ビル・エバンス、ロリンズ、ミンガスなど、それぞれに新しいジャズを模索していた時代。
そのまっただ中に飛び込んだ秋吉敏子。
演目はスタンダードと六曲目と 「トシズ・ファンタジー」 で彼女のオリジナルが入る。
「トシズ・ファンタジー」 はジャズへの挑戦であり、その勇気と実力に拍手。
日本ジャズ史にも残る一枚。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムは秋吉敏子、1957年録音、ヴァーブ・レーベルからの三枚の一枚。
共演者は、ベースがジーン・チェリコ、ドラムがジェイク・ハナ。
ジャケットは若き日の秋吉敏子、何ともチャーミング。
アメリカで成功を納め、56年57年とニューポートに連続出演した好調期の演奏が凄い。
この時期のアメリカのジャズ界は、マイルス、ビル・エバンス、ロリンズ、ミンガスなど、それぞれに新しいジャズを模索していた時代。
そのまっただ中に飛び込んだ秋吉敏子。
演目はスタンダードと六曲目と「トシズ・ファンタジー」で彼女のオリジナルが入る。
「トシズ・ファンタジー」はジャズへの挑戦であり、その勇気と実力に拍手。
日本ジャズ史にも残る一枚。
(青木高見)





Toshiko Akiyoshi (秋吉敏子) and Charlie Mariano / Charlie Mariano Quartet Toshiko Akiyoshi (秋吉敏子) and Charlie Mariano / Charlie Mariano Quartet

(注) このアルバムは秋吉敏子のリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にアルト・サックスのチャーリー・マリアーノが参加しているため「 Charlie Mariano 」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 5, 1960

Personnel :
Toshiko Akiyoshi (p)
Charlie Mariano (as)
Gene Cherico (b)
Eddie Marshall (ds)

Song name :
01. When You Meet Her
02. Little T.
03. Toshiko's Elegy
04. Deep River
05. Long Yellow Road

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チャーリー・マリアーノ(Charlie Mariano 1923年11月12日~)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれのジャズ・サックス奏者。
Toshiko Akiyoshi(龝吉(秋吉)敏子 1929年12月12日~)はニューヨーク在住の日本人ジャズピアニスト、作曲家、編曲家、バンドリーダー。
経歴が凄い。
1956年 26歳で単身渡米、日本人初のバークリー音楽院で奨学生として学ぶ。
1959年 チャーリー・マリアーノと結婚するも1965年離婚。
1969年 ルー・タバキンと結婚後、1973年にロサンゼルスで秋吉敏子・ルー・タバキンビッグバンドを結成。
1974年 ジャズと日本古来の和楽を融合した「孤軍」を発表。
1983年 自らの作曲・編曲で通算30年にわたって活動を続け世界的に名声を得る。
アメリカのジャズ専門誌ダウンビートで秋吉ビッグバンドは批評家投票で1979年から五年連続。
読者投票では1978年から5年連続で共に一位を獲得。
アルバムは秋吉敏子、1960年12月5日の録音、アルトサックスのチャーリー・マリアーノと結婚した翌年となる。
共演者は、ベースがジーン・チェリコ、ドラムがエディー・マーシャル。
演奏は、夫婦なので当然かもしれないが息のあった演奏がいい。
音色(ねいろ)に愛を感じる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムは秋吉敏子、1960年の録音でアルトサックスのチャーリー・マリアーノと結婚した翌年となる。
共演者はベースがジーン・チェリコ、ドラムがエディー・マーシャル。
演奏は、夫婦なので当然かもしれないが息のあった演奏がいい。
音色(ねいろ)に愛を感じる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲