青木高見のジャズコレクション Bobby Watson (as) ボビー・ワトソン


寸評
ボビー・ワトソン (Bobby Watson 出生名 : Robert Michael Watson Jr. 1953年8月23日~) はアメリカ合衆国カンザス・シ・ローレンス生まれのサックス奏者、音楽ディレクター、作曲家、編曲家。
1977年、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズに音楽監督として在籍。
退団後、クインテット 「ホライゾン」 を結成。
その後も精力的に多くのバンドで活躍、来日回数も多い。
名前の明記で、本名がロバートなので、ロバート・ワトソンと明記される事もある。
(青木高見)


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


John Hicks / Naima's Love Song Featuring Bobby Watson John Hicks / Naima's Love Song Featuring Bobby Watson

(注) このアルバムはジョン・ヒックスのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 John Hicks 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 04/08-09/1988

Personnel :
John Hicks (p)
Bobby Watson (as)
Curtis Lundy (b)
Victor Lewis (ds)

Song name :
01. Elementary My Dear Watson
02. Someday Soon
03. Soul Eyes
04. On the One
05. Pent-Up House
06. Naima's Love Song

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・ヒックス (John Hicks 出生名 : John Josephus Hicks, Jr. 1941年12月21日~2006年5月10日) はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタ生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
ボビー・ワトソン (Bobby Watson 1953年8月23日~) はアメリカ合衆国カンザス・シティ育ちのサックス奏者、音楽ディレクター。
アルバムはジョン・ヒックスとボビー・ワトソン、1988年4月8日・9日の録音、国内のDIW(ディスク・ユニオン)からのリリース。
その他共演者は、ベースがカーティス・ランディ、ドラムがビクター・ルイス。
演奏はサックスのボビー・ワトソンをフィーチャーした作品。
ボビー・ワトソンは1877年、アート・ブレイキー・ジャズ・メッセンジャーズに在籍。
ジョン・ヒックスも1964年、アート・ブレイキー・ジャズ・メッセンジャーズに在籍。
在籍年代に差があるが古巣は同じ。
黒人ジャズ・ミュージシャン同士には、彼らしか通じない疎通がある。
演目の 「On the One」。
冒頭に 「ヘイ、ボビー!」
「なんだいカート」
「何をやるんだい?」
「そんなの知るかい」
といって、突然はじまる、このカッコよさ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲