青木高見のジャズコレクション Lonnie Liston Smith (p, key, comp, arr, cond) ロニー・リストン・スミス


略歴
ロニー・リストン・スミス (Lonnie Liston Smith 1940年12月28日~) はアメリカ合衆国ヴァージニア州リッチモンド出身のクロスオーバー・ピアノ、キーボード奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】
sell

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Lonnie Liston Smith / Lonnie Liston Smith and The Cosmic Echoes sell Lonnie Liston Smith / Lonnie Liston Smith and The Cosmic Echoes

Released : 1975

Song name and Personnel :
01. Expansions
Lonnie Liston Smith (p, e-p, key, comp, arr, cond)
Donald Smith (vo, fl)
Cecil McBee (b)
Leopoldo (bongos)
Lawrence Killian (congas)
Michael Carvin (per)
Art Gore (ds)

02. Desert Nights
Lonnie Liston Smith (p, e-p, key, comp, arr, cond)
Donald Smith (fl)
David Hubbard (ss)
Cecil McBee (b)
Leopoldo (bongos)
Lawrence Killian (congas)
Michael Carvin (per)
Art Gore (ds)

03. Summer Days
Lonnie Liston Smith (p, e-p, key, comp, arr, cond)
Donald Smith (fl)
David Hubbard (ss)
Cecil McBee (b)
Leopoldo (bongos)
Lawrence Killian (congas)
Art Gore (ds)

04. Voodoo Woman
Lonnie Liston Smith (p, e-p, key, comp, arr, cond)
Michael Carvin (clavinet, per)
Donald Smith (fl)
David Hubbard (ts, alto-fl)
Cecil McBee (b)
Leopoldo (bongos)
Art Gore (ds)

05. Peace
Lonnie Liston Smith (p, e-p, key, comp, arr, cond)
Donald Smith (vo)
Cecil McBee (b)
Art Gore (ds)

06. Shadows
Lonnie Liston Smith (p, e-p, key, comp, arr, cond)
Cecil McBee (b)
Leopoldo (bongos)
Lawrence Killian (congas)
Art Gore (ds)
David Hubbard (fl, ss)
Donald Smith (fl, vo)
Carvin (per)

07. My Love
Lonnie Liston Smith (p, e-p, key, comp, arr, cond)
Donald Smith (vo)
David Hubbard (ss)
Cecil McBee (b)
Leopoldo (bongos)
Lawrence Killian (congas)
Michael Carvin (per)
Art Gore (ds)

Song name :
01. Expansions
02. Desert Nights
03. Summer Days
04. Voodoo Woman
05. Peace
06. Shadows
07. My Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ロニー・リストン・スミス (Lonnie Liston Smith 1940年12月28日~) はアメリカ合衆国ヴァージニア州リッチモンド出身のクロスオーバー・ピアノ、キーボード奏者。
アルバムはロニー・リストン・スミス、1975年の録音、RCAのフライング・ダッチマン・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがセシル・マクビー、ドラムがアート・ゴアほか。
演奏は、1973年結成した 「ザ・コズミック・エコ-ズ」 というバンドのサード・アルバム。
ロニー・リストン・スミスならではの透明感のあるクロスオーバーが聴ける。
当時この音は斬新だった。
今でこそ耳慣れた音だが、世界中の多くのミュージシャ達が影響を受けた。
あの頃、日本ではディスコが流行し、やがてクロスオーバー・ミュージックに集合されていく。
今聴いても、あまり古さを感じないのは、この音が好きな証拠。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲