青木高見のジャズコレクション Jimmy Rushing (vo) ジミー・ラッシング


寸評
ジミー・ラッシング (Jimmy Rushing 1901年8月26日~1972年6月8日) はアメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマシティ生まれのジャズ、ブルース歌手。
(青木高見)

【INDEX (リーダー・アルバム)】


【以下コンテンツ】


Jimmy Rushing / The Essential Jimmy Rushing (VCD65-66) Jimmy Rushing / The Essential Jimmy Rushing (VCD65-66)

Recorded : December 1, 1954 - March 5, 1957

Personnel :
Jimmy Rushing (vo)
John Hammond (prod)
Clarence Johnson  #6, #08, #08, #14
Pete Johnson (p)  #02, #10, #11, #12, #13
Sam Price (p)  #01, #03, #04, #05, #09
Marlowe Morris (org)  #6, #07, #8, #14
Freddie Green (g)  #02, #10, #11, #12, #13
Roy Gaines (g)  #06, #07, #08, #14
Emmett Berry (tp)  #02, #03, #04, #05, #09, #10, #11, #12, #13, 14
Pat Jenkins (tp)  #01, #03, #04, #05, #09
Ben Richardson (cl, as)  #01, #03, #04, #05, #09
Rudy Powell (cl, as)  #02, #10, #11, #12, 13)
Buddy Tate (ts)
Henderson Chambers (tb)  #01, #03, #04, #05, #09
Lawrence Brown (tb)  #02, #10, #11, #12, #13
Vic Dickenson (tb)  #06, #07, #08, #14
Aaron Bell (b)  #06, #07, #08, #14
Walthe Page (b)  #01, #02, #03, #04, #05, #09, #10, #11, #12, #13
Jo Jones (ds)

Song name :
01. Boogie woogie
02. See see rider
03. Sent for you yesterday and here you come today
04. How long how long blues
05. how you want lovin' done
06. I can't understand
07. My friend mister blues
08. sometimes I think I do
09. goin' to chicago
10. everyday I have the blues
11. good morning blues
12. evenin
13. take me back baby
14. if this ain't the blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジミー・ラッシング (Jimmy Rushing 1901年8月26日~1972年6月8日) はアメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマシティ生まれのジャズ、ブルース歌手。
アルバムはジミー・ラッシング、1954年12月1日から1957年3月5日の録音、ヴァンガード・レコードからのリリース。
アルバム 「Rock And Roll」 「Take Me With You, Baby」 のコンピレーションで1974年CD化された。
共演者は、ピアノがピート・ジョンソン、ギターがフレディ・グリーン、トランペットがエミット・ベリー、テナーサックスがバディ・テイト、トロンボーンがヘンダーソン・チェンバース、ローレンス・ブラウン、ヴィック・ディケンソン、ベースがアーロン・ベル、ウォルター・ペイジ、ドラムがジョー・ジョーンズほか大勢。
演奏は、ジャズブルースの原風景。
百戦錬磨のベテラン達の醍醐味。
もう、こういうジャズはコメントは不要。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲