青木高見のジャズコレクション Lucy Ann Polk (vo) ルーシー・アン・ポルク


寸評
ルーシー・アン・ポルク (Lucy Ann Polk 1927年5月16日~2011年10月10日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州グレンデール生まれの女性ジャズ歌手。
ルーシー・アン・ポークと読まれる事もある。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Lucy Ann Polk / Lucky Lucy Ann Lucy Ann Polk / Lucky Lucy Ann

Recorded : June 12, 1957

Personnel :
Lucy Ann Polk (vo)
Marty Paich (p)
Tony Rizzi (g)
Bob Hardaway (ts)
Dick Noel (tb)
Buddy Clark (b)
Mel Lewis (ds)

Song name :
01. Sitting In The Sun
02. How About You
03. I'm Just A Lucky So And So
04. Squeeze Me
05. When The Sun Comes Out
06. Makin' Whoopee
07. Don Cha Go Way Mad
08. Sittin' And A' Rockin'
09. Memphis In June
10. Time After Time
11. Easy Living
12. Looking At You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ルーシー・アン・ポルク (Lucy Ann Polk 1927年5月16日~2011年10月10日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州グレンデール生まれの女性ジャズ歌手。
アルバムはルーシー・アン・ポルク、1957年6月12日の録音、数少ないリーダーアルバム。
タイトルが 「Lucky」 に 「k」 を入れて 「Lucky」 にして 「ラッキー(幸運)」 と洒落にした。
共演者は、ピアノがマーティ・ペイチ、ギターがトニー・リジー、テナーサックスがボブ・ハーダウェイ、トロンボーンがディック・ノエル、ベースがバディ・クラーク、ドラムにメル・ルイス。
このメンバーを見て、歌伴奏の上手いミュージシャンが集めらている事がわかる。
これだけでも、アルバムが一定水準以上という証になる。
本人の歌唱だが、正統派のお嬢様っぽい声と、崩さない歌い方が清々(すがすが)しい。
1927年近辺生まれの女性ヴォーカルを調べてみる。
ローズマリー・クルーニー (Rosemary Clooney) 1928/05/23~2002/06/29。
エッタ・ジョーンズ (Etta Jones) 1928/11/25~2001/10/16。
ベティ・カーター (Betty Carter) 1929/05/16~1998/09/26。
日本人のミヨシ・ウメキ (Miyoshi Umeki) は、1929/04/03~2007/08/28。
そしてジャズ女性ヴォーカルに入れるかどうか、むずかしい所だが、間違いなくジャズを唄った大女優。
オードリー・ヘプバーン (Audrey Hepburn) が、1929/05/04~1993/01/20。
まさに層の厚い、女性ヴォーカルが活躍した年代に相当する。
ルーシー・アン・ポークは、数枚をリリースして姿を消してしまった。
その経緯(いきさつ)が、より一層、チャーミングなジャケットと、あいまって神秘的なものにしている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲