青木高見のジャズコレクション Chris Hunter (ts, as) クリス・ハンター


寸評
クリス・ハンター (Chris Hunter 1957年2月21日~) はイギリス・ロンドン生まれジャズ・サックス奏者。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
sell

【INDEX (共演アルバム)】
           sell  

【以下コンテンツ】


Chris Hunter / Scarborough Fair sell Chris Hunter / Scarborough Fair

Recorded : August 19-20, 1989

Personnel :
Chris Hunter (as)
Chris Botti (tp)
Conrad Herwig (tb)
John Clark (french-horn)
Joe Dailey (euphonium)
Alex Foster (fl, piccolo, ss)
Howard Johnson (bass-clarinet)
Gil Goldstein (p, syn)
Chuck Loeb (g)
Mike Richmond (b)
Adam Nussbaum (ds)

Song name :
01. Scarborough Fair
02. Boplicity
03. God Bless The Child
04. Trolley Song
05. Prelude by George Gershwin
06. Bud, Bird and Gil
07. Beauty and The Beast
08. 'round Midnight

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリス・ハンター (Chris Hunter) はイギリス生まれのサックス奏者。
ギル・エヴァンス塾の新しい卒業生、かつてはデヴィッド・サンボーンがその座に君臨していた。
アルバムはクリス・ハンター、1989年の録音でオーケストラを率いて故郷の民謡 「Scarborough Fair」 をタイトルに据えたリーダーアルバム。
Youtubeのおかげでデビット・マシューのバンドでフロントを勤めた映像が数多く見る事ができその実力を目の当たりにすることができる。
はっきり言って、自分のリーダー作なのだから、も少しハチ切れてもいいのでは。
額面どおりの型にはまった、NHK的な演奏は親方デビット・マシューも同様か。
本来、ジャズとは、閃光が如くハジけることも、大きな要素なのだから。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲