青木高見のジャズコレクション Philip Catherine (g)

寸評
フィリップ・カテリーン (Philip Catherine 1942年10月27日) はロンドン生まれのベルギー人、ジャズ・ギタリスト。
フィリップ・カテリーンは、ベルギー人の父と英国人の母の間に生まれた。
祖父はロンドン交響楽団でヴァイオリンを演奏していた。
フィリップ・カテリーン本人は10代に独学でギターを始めたとうから驚かされる。
17歳頃、プロ・デビュー、その後渡米し、バークリー音楽院で学んだ。
その後、コンスタントにアルバムをリリースしてきた。
現在 「70年代のジャンゴ」 と呼ばれる。
幼少の頃、ジャンゴ・ラインハルトと同じ屋根の下に住んだと、油井正一先生のライナーにあった。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Philip Catherine / Plays Cole Porter Philip Catherine / Plays Cole Porter

(注) このアルバムはフィリップ・カテリーンのリーダーアルバム扱いとしています。
作曲家コール・ポーター集のため 「 Cole Porter 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : June 13-14, 2010

Personnel :
Philip Catherine (g)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Karel Boehlee (p)
Philippe Aerts (b)
Martijn Vink (ds)

Song name :
01. I Concentrate On You
02. So In Love
03. Why Can't You Behave
04. Dream Dancing
05. From This Moment On
06. Get Out Of Town
07. Let's Do It, Let's Fall In Love
08. You Do Something To Me
09. In The Still Of The Night
10. It's De-Lovely
11. Ev'ry Time We Say Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フィリップ・カテリーン (Philip Catherine 1942年10月27日) はロンドン生まれのベルギー人、ジャズ・ギタリスト。
コール・ポーター (Cole Porter 出生名 : Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日) はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
アルバムはフィリップ・カテリーン、2010年6月13日・14日の録音、Challenge records からのリリース、作曲家コール・ポーター集。
共演者は、ピアノがカエル・ボエリー Karel Boehlee、ベースが Philippe Aerts、ドラムが Martijn Vink。
フィリップ・カテリーンはアルバムを30枚程リリースしているが、アルバムは後期の作品となる。
趣味で、作曲家コール・ポーターの楽曲を演奏した、一般に言われる「ソング・ブック」の中でも、満点に近い一枚。
演奏は、職人気質のトリオをバックに、変に誇張せず、技術を隠し、コール・ポーターの歌心を上質に表現している。
フィリップ・カテリーンは、ベルギー人の父と英国人の母の間に生まれた。
祖父はロンドン交響楽団でヴァイオリンを演奏していた。
フィリップ・カテリーン本人は10代に独学でギターを始めたとうから驚かされる。
17歳頃、プロ・デビュー、その後渡米し、バークリー音楽院で学んだ。
その後、コンスタントにアルバムをリリースしてきた。
アメリカの黒人ジャズ・ギタリストの様なアクの強さは抑えられ、欧州の気品に満ちたジャンゴ・ラインハルト系を踏襲するギターワーク。
個人的に、全てを兼ね備えた素晴らしいギタリストだと思う。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲