青木高見のジャズコレクション Tony Bennett (vo) トニー・ベネット


寸評
トニー・ベネット  (Tony Bennett 本名 : Anthony Dominick Benedetto 1926年8月3日~)  はアメリカ合衆国ニューヨーク州クイーンズ生まれのイタリア系アメリカ人のポピュラー歌手。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
      sell

【以下コンテンツ】


Tony Bennett and Bill Evans / Bill Evans The Tony Bennett Album Tony Bennett and Bill Evans / Bill Evans The Tony Bennett Album

(注) このアルバムはトニー・ベネットのリーダーアルバム扱いとしています。
双頭のビル・エヴァンスが参加しているため 「Bill Evans」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : June 10-13, 1975

Personnel :
Bill Evans (p)
Tony Bennett (vo)

Song name :
01. Young And Foolish
02. Touch Of Your Lips
03. Some Other Time
04. When In Rome
05. We'll Be Together Again
06. My Foolish Heart
07. Waltz For Debby
08. But Beautiful
09. Days Of Wine And Roses

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : トニー・ベネット (Tony Bennett (本名 : Anthony Dominick Benedetto) 1926年8月3日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク州クイーンズ生まれのイタリア系アメリカ人のポピュラー歌手。
ビル・エヴァンス (Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはトニー・ベネットとビル・エヴァンス、1975年6月10月から13日の録音、デュオ。
本作品がリリースされた1970年代中期はロック、ソウル、フュージョンなどが台頭しジャズが下火になる。
流石のビル・エヴァンスも一時の人気は落ちてしまった。
考えようによっては、ジャズが多くの音楽のジャンルの中に埋もれてしまっただけの事なのだが。
とはいうものの、同時期マイルス・デイヴィスにしても大変な苦労をして変革した時でもある。
トニー・ベネットは、多くの演奏家との共演経験がある実力の持ち主。
それがビル・エヴァンスの取り合わは、当時話題になった。
内容は、流行とは裏腹に、実に質素で朴訥(ぼくとつ)とした雰囲気がいい。
本物は、おいそれとは、変わらないのだ。
理由はわからないが、聴いていると切なくなって胸にこみあげるものがある。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲