青木高見のジャズコレクション Sidney Bechet (cl) シドニー・ベシェ


寸評
シドニー・ベシェ (Sidney Bechet 1897年5月14日~1959年5月14日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のジャズ・クラリネット、ジャズ・ソプラノ・サックス奏者。
死亡月日が誕生日と同じ。
クリオールというフランス人と黒人の混血で、当時のニューオリンズでのシドニー・ベシェはフランス語を流暢に話す特権階級だったという。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Sidney Bechet / The Blue Note Years Sidney Bechet / The Blue Note Years

Recorded : 1939~1953

Personnel :
Sidney Bechet (cl)
Wild Bill Davison (cor)
Teddy Bunn (g)
Mead Lux Lewis (p)
Johnny Williams (b)
Sidney Catlett (ds)
Vic Dickenson (tb)
Max Kaminsky (tp)
Sidney De Paris (tb)
etc.

Song name :
01. Summertime
02. Dear Old Southland
03. St.Louis Blues
04. Blue Horizon
05. High Society
06. Days Beyond Recall
07. Save It Pretty Mama
08. St.James Infirmary
09. Blame It On The Blues
10. Bechet's Fantasy
11. I Found A New Baby
12. Nobody Knows You When You're Down and Out
13. When The Saints Go Marching In
14. Basin Street Blues
15. At The Jazz Band Ball
16. Joshua Fit The Battle Ob Jericho
17. Runnin' Wild
18. Blues My Naughty Sweetie Gave To Me
19. All Of Me
20. Black and Blue

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : シドニー・ベシェ (Sidney Bechet 1897年5月14日~1959年5月14日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のジャズ・クラリネット、ジャズ・ソプラノ・サックス奏者。
アルバムはシドニー・ベシェ、1939年から1953年の録音、ブルーノートからのリリース。
ブルーノート社主のアルフレッド・ライオンがシドニー・ベシェに惚れ込み、レコードという最新技術に託し、世に認められた経緯ある。
ルイ・アームストロングと共にジャズ草創期の一人。
クリオールというフランス人と黒人の混血で、当時のニューオリンズでのシドニー・ベシェはフランス語を流暢に話す特権階級だったという。
シドニー・ベシェの伸びやかな美しい音色に、しばし古き良き時代にタイムスリップ。
1959年5月14日、パリで亡くなっているが、月日が誕生日と同じ。
現在、当CDは絶版となっている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲