青木高見のジャズコレクション George Russell (p, arr) ジョージ・ラッセル


寸評
ジョージ・ラッセル(George Russell 1923年6月23日~2009年7月27日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、編曲家、理論家。
アメリカの音楽大学ニューイングランド音楽院教授でもあるジョージ・ラッセルが提唱した 「リディアン・クロマティック・コンセプト(Lydian Chromatic Concept 原題:Lydian Chromatic Concept of Tonal Organization)」 音楽理論が有名。
個人的に、アルバムのリリースが少ないのにもかかわらず 「リディアン・クロマティック・コンセプト」 という難解のイメージがいつもつきまとってしまう。
だから、「リディアン・クロマティック・コンセプト」 の標本みたいな曲を沢山出して欲しかった。
ただ、考えずに聴けば普通のジャズミュージシャンがやっている事と同じで違和感は少ないのだが・・・。
ちなみに、ギターのジョージ・ラッセルとは同姓同名、スペルも同じ。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Lee Morgan / Delightfulee George Russell / Ezz-thetics

Recorded : 05/08/1961

Personnel :
George Russell (p, arr)
Don Ellis (tp)
Dave Baker (tb)
Eric Dolphy (as, bass-clarinet)
Steve Swallow (b)
Joe Hunt (ds)

Song name :
01. Ezz-thetic
02. Nardis
03. Lydiot
04. Thoughts
05. Honesty
06. Round Midnight

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・ラッセル(George Russell 1923年6月23日~2009年7月27日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、編曲家、理論家。
アルバムは1961年の独自のジャズ理論を打ちたて自らが演奏した一枚。
共演者はトランペットがドン・エリス、トロンボーンがデイブ・ベイカー、アルトサックスとバス・クラリネットがエリック・ドルフィー、ベースがスティーヴ・スワロー、ドラムがジョー・ハント。
共演者全員、音楽を演奏するほか、理論の構築の先生方が集まった。
演奏は素人の自分にとては、リディアン・モードの探求の結果の音を、ただ聴くことしかできない。
もちろん、最低限、ピアノでFのリディアン・モードぐらいは弾けるが、様は、そんな簡単なことではない。
「Lydian Chromatic Concept」リディアン・クロマティック・コンセプト(原題:Lydian Chromatic Concept of Tonal Organization)なる理論にしても、この作品でどう作用しているか考えて聴き出すと結構疲れてしまった。
「主にジャズにおける即興演奏を解析し、コードまたはコード進行に対して多調的アプローチを仕掛けるなど、音楽に対して総合的に把握することを目指した方法論である」。
この文章からも逃げ出す意味で、ドン・エリスのトランペットとエリック・ドルフィーのバス・クラリネットを楽しんで聴く。
コレクションの中でも難解なジャズの一枚。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲