青木高見のジャズコレクション Cal Massey (tp, comp, band-l) カル・マッセイ = カルヴィン・マッセイ


寸評
カル・マッセイ (Cal Massey 出生名 : Calvin "Cal" Massey 1928年1月28日~1972年10月25日) アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれのトランペッター、バンド・リーダー、作曲家。
ジャズの話題に、たまにカル・マッセイの名前がポツンと出てくる。
それはトランペッターというよりも、カル・マッセイの作った曲についての内容が圧倒的に多い。
実際に、カル・マッセイのリーダー作は知名度のわりに少ない。
政治的生活で彼の作品は1960年代と70年代の市民権運動と強く結びついてる、という記述がある。
ちなみに、息子の ゼイン・マッセイ (Zane Massey 1957年~) はアメリカ合衆国フィラデルフィア生まれのフリー系サックス、フルート奏者。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Cal Massey / Blues To Coltrane Cal Massey / Blues To Coltrane

Recorded : January 13, 1961

Personnel :
Cal Massey (tp)
Patti Bown (p)
Julius Watkins (frh)
Hugh Brodie (ts)
Jimmy Garrison (b)
G. T. Hogan (ds)

Song name :

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カル・マッセイ (Cal Massey 出生名 : Calvin "Cal" Massey 1928年1月28日~1972年10月25日) アメリカ合衆国ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれのトランペッター、バンド・リーダー、作曲家。
カール・マジーと読む人もいる。
アルバムはカル・マッセイ、1961年1月13日の録音、キャンディド・レーベルからのリリース、数少ないカル・マッセイの代表作。
共演者は、ピアノがパティ・ボウン、フレンチ・ホルンがジュリアス・ワトキンス、テナーサックスがヒュー・ブローディー、ベースがジミー・ギャリソン、ドラムがGTホーガン。
ピアノのパティ・ボウンは女性ジャズ・ピアニスト。
ベースのジミー・ギャリソンとドラムのGTホーガンは、ピアノのウォルター・ビショップ.jr のアルバム 「 Walter Bishop Jr. / Speak Low 」 でトリオを組んでいた。
ジャズの話で、たまにカル・マッセイの名前がポツンと出てくる事がある。
それはトランペッターというよりも、カル・マッセイの作った曲についての内容が圧倒的に多い。
実際に、カル・マッセイのアルバムは極端に少ない。
当アルバムの演奏は、正直、一度聴いただけではピンとこない。
何度が聴いていると、音よりも内に隠されたメーセージがあるのではないかと思えてきた。
但し、悲しいかな、そのメーセージが、何であるかを解らるまでには、まだまだ時間がかかりそうだ。
カル・マッセイをウェブで調べると、案の定、政治的生活で彼の作品は1960年代と70年代の市民権運動と強く結びついてる、という記述がある。
アルバムリリースが極端に少ない理由も、そこらへんにある様な気がしてならない。
黒人にしか解らない、いわば 「ゲットー」 の様な存在を強く感じる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲