青木高見のジャズコレクション Ryan Kisor (tp) ライアン・カイザー


寸評
ライアン・カイザー(Ryan Kisor 1973年4月12日~)はアメリカ合衆国アイオワ州ネイティブスーシティ生まれのジャズ・トランペッター。
実績は、1990年セロ二アス・モンク・トランペット・コンペで優勝。
その後、多くの著名ジャズ・ミュージシャンとの共演を重ねる。
並行してジャズ・リンカーン・センターの一員としても活躍。
アメリカでジャズ・トランぺッターはゴマンといるが、メチャ多い分、頭角を現すのは至難の技。
演奏はクール、叙情性、技術とバランスよく持ち合わせている。
ジャズの場合、これからどう成長していくが一番むずかしい。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Ryan Kisor / Point Of Arrival Ryan Kisor / Point Of Arrival

Recorded : December.21.1998

Personnel :
Ryan Kisor (tp)
Peter Zak (p)
John Webber (b)
Willie Jones Ⅲ (ds)
Justin Kisor (tp) #08,

Song name :
01. Point Of Arrival
02. Smoke Signal
03. Better Late Than Never
04. For All We Know
05. Jessica's Theme
06. The Lonely Hour
07. The Best Thing For You Is Me
08. Sir Lancelot
09. The End Of A Lover Affair

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ライアン・カイザー(Ryan Kisor 1973年4月12日~)はアメリカ合衆国アイオワ州生まれのジャズ·トランペッター。
アルバムはライアン・カイザー、1998年12月の録音。
共演者はピアノがピーター・ザック、ベースがジョン・ウェッバー、ドラムがウイリー・ジョーンズ3世。
8曲目の「Sir Lancelot」のみ弟の同じトランペットで参加。
ライアン・カイザーの主な実績は、1990年セロ二アス・モンク・トランペット・コンペで優勝。
その後、多くの著名ジャズ・ミュージシャンとの共演を重ねる。
並行してジャズ・リンカーン・センターの一員としても活躍。
思うにアメリカでジャズ・トランぺッターはゴマンといるが、多い分、頭角を現わすのは至難の技。
演奏はクール、叙情性、技術とバランスよく持ち合わせている。
ジャズの場合、これからどう成長していくが一番難しい。
タイトルは「到着」だが、ジャズには到達点は無いので地点通過と解釈。
(青木高見)





Ryan Kisor / Kisor Ryan Kisor / Kisor

Recorded : July.30.1999

Personnel :
Ryan Kisor (tp)
Peter Zak (p)
John Webber (b)
Willie Jones Ⅲ (ds)

Song name :
01. DaHoud
02. Delilah
03. Cherokee
04. I Remeber Clifford
05. Jordu
06. Parisian Throughfare
07. Sandu
08. Valse Hot

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ライアン・カイザー(Ryan Kisor 1973年4月12日~)はアメリカ合衆国アイオワ州生まれのジャズ・トランペッター。
アルバムはライアン・カイザー、1999年の録音。
共演者はピアノがピーター・ザック、ベースがジョン・ウェッバー、ドラムがウイリー・ジョーンズ3世。
CDプレーヤーに乗せておそるおそるボリュームを上げ最初の一音に耳をこらす。
演奏の良し悪しが決まる一瞬。
内容は予想をはるかに越えた。
こういう高揚感はひさしぶり。
冒頭の曲「DaHoud」はブラウニーを徹底的にやりつくした証。
更に音に張りと艶も加わった。
ジャケットで手にしているトランペットは名器「モネ」!?
ふくよかな音を出せる難しいトランペットを自由にあやつる男。
鼓動の高鳴りは、このトランペッターをジワジワとファンにさせていく。
(青木高見)





Ryan Kisor / Kisor II Ryan Kisor / Kisor II

Recorded : November.14.2000

Personnel :
Ryan Kisor (tp)
Peter Zak (p)
John Webber (b)
Joe Farnsworth (ds)

Song name :
01. The Song Is You
02. I'll Close My Eyes
03. The Imposter
04. Seven Steps to Heaven
05. In the Now
06. My Little Suede Shoes
07. Everytime We Say Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ライアン・カイザー(Ryan Kisor 1973年4月12日~)はアメリカ合衆国アイオワ州生まれのジャズ·トランペッター。
アルバムはライアン・カイザー、2000年の録音。
共演者はピアノがピーター・ザック、ベースがジョン・ウェッバー、ドラムがジョー・ファンズワース。
ドラムのジョー・ファンズワース以外、ファーストと同じ。
個人的に新ミュージシャンを聴く時は過去のミュージシャンとの比較をやらないと決めている。
ファーストから更に力を入れた曲を聴ける。
爽やかな気分になれるトランペット。
気になったのがドラムのジョー・ファンズワース。
ミシェル・ペトルチアーニやスティーブ・グロスマンらとの共演で有名な今やNYCで売れっ子ドラマー。
特に冒頭の「The Song Is You」はアフター・バーナーを点火したジェット戦闘機の迫力、スゲェッ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲