青木高見のジャズコレクション Laird Jackson (vo) レアード・ジャクソン


略歴
レアード・ジャクソン(Laird Jackson)はアメリカ合衆国ミシガン州出身の女性ジャズ歌手。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Laird Jackson / Quiet Flame Laird Jackson / Quiet Flame

Recorded : May.15-16.1994

Personnel :
Laird Jackson (vo)
Cyrus Chestnut (p)
Donald Harrison (as, ss)
Steve Nelson (vib)
Christopher Thomas (b)
Clarence Penn (ds)

Song name :
01. How Long Has This Been Going On?
02. Save Your Love For Me
03. Love W'ont Let Me Wait
04. My Foolish Heart
05. Traveling Light
06. Mood Indigo
07. Ill Wind
08. My One And Only Love
09. Speak Low
10. Blame It On The Sun

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : レアード・ジャクソン(Laird Jackson)はアメリカ合衆国ミシガン州出身の女性ジャズ歌手。
アルバムはレアード・ジャクソン、1994年の録音、日本のヴィーナス・レーベルからのリリース、ファーストアルバム、邦題は「バラードの夜」。
共演者は、ピアノがサイラス・チェスナット、バイブがスティーブ・ネルソン、ソプラノ・アルト・サックスがドナルド・ハリソン、ベースがクリストファー・トーマス、ドラムがクラレンス・ペン。
経緯は人気投票でフル・アルバムを出すことになったという。 初めてのアルバムでこの歌唱、なかなかいい。 バックの面々は個性の強いミュージシャンだが押されていない。 ジャズの要素の一つに「円熟」「熟成」がある。 ここから、どう進んでいくで、このファーストの価値も決まる。 (青木高見)




▲ページの上に戻る▲