青木高見のジャズコレクション The Gadd Gang (band) ザ・ガッド・ギャング


寸評
ザ・ガッド・ギャング (The Gadd Gang 1950年6月10日~) は 「スタッフ 」のメンバーだったドラムのスティーブ・ガッド、キーボードのリチャード・ティー、ギターのコーネル・デュプリー、エディ・ゴメスからなる4人編成のフュージョン・バンド。
バンド名の 「ガッド」 はリーダーのスティーブ・ガッドからきている。
途中、バリトン・サックスのロニー・キューバーが加入し5人編成となる。
音は、スタッフのメロウさが薄くなり、リーダーであるドラムのスティーブ・ガッドが前面に出てファンク・ソウル色が強くなった。
(青木高見

【INDEX (リーダー・アルバム)】


【以下コンテンツ】


The Gadd / Gang Here And Now (CK44327) The Gadd / Gang Here And Now (CK44327)

Recorded : 1988

Personnel :
Steve Gadd (ds, per, leader)
Richard Tee (p, rhodes ei-p, hammond B-3, DX-7)
Cornell Dupree (g)
Ronnie Cuber (bs)
Eddie Gomez (b)
[ Support ]
Alan Rubin (horns)
Jon Faddis (trumpet)
Dave Bergeron (tb)
George Young (ts)
Lou Marini (ts)

Song name :
01. I Can't Turn You Loose
02. My Girl / Them Changes
03. Soul Serenade
04. A Whiter Shade Of Pale
05. Tippin'
06. Things Ain't What They Used To Be
07. Che Ore So'
08. Signed, Sealed, Delivered I'm Yours
09. America The Beautiful

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント :  ザ・ガッド・ギャング (The Gadd Gang 1950年6月10日~) は 「スタッフ」のメンバーだったドラムのスティーブ・ガッド、キーボードのリチャード・ティー、ギターのコーネル・デュプリー、エディ・ゴメスからなる4人編成のフュージョン・バンド、途中からバリトン・サックスのロニー・キューバーが加わった5人編成のR&B,フュージョン・バンド。
アルバムはザ・ガッド・ギャング、1988の録音。
演奏は、答えは簡単、スタッフの延長線上にありながら、スタッフになかった音の追及となる。
別に悪気はなかったと思うが、リーダーだったベースのゴードン・エドワーズ、ギターのエリック・ゲイル、ドラムのクリストファー・パーカーには、ひとまず退場して頂き。
楽器のダブリを排除。
ただ、そう思って聴くと、つまらなくなるので止めたいが・・・。
これがやりたかった、スティーブ・ガッド。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲