青木高見のジャズコレクション Walt Dickerson (vib) ウォルト・ディッカーソン


寸評
ウォルト・ディッカーソン (Walt Dickerson 1928年4月16日~2008年5月15日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ヴィブラフォン奏者。
1965年から1975年にかけて休止期間があるも、後にアンドリュー・ヒルやサンラと再び仕事をした。
(青木高見)

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Walt Dickerson / The Walt Dickerson! Walt Dickerson / The Walt Dickerson!

Recorded : March 7, 1961

Personnel :
Walt Dickerson (vib)
Austin Crowe (p)
Bob Lewis (b)
Andrew Cyrille (ds)

Song name :
01. Time
02. Elizabeth
03. The Cry
04. Death and Taxes
05. Evelyn
06. Infinite You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォルト・ディッカーソン (Walt Dickerson 1928年4月16日~2008年5月15日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ヴィブラフォン奏者。
アルバムはウォルト・ディッカーソン、1961年3月7日の録音、ニュージャズ・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがオースティン・クロウ、ベースがボブ・ルイス、ドラムがアンドリュー・シリル。
ある日、ディスク・ユニオン吉祥寺店でヴァイブの棚を見ていたら、オッサン顔のこのアルバムと遭遇。
以前、雑誌の評論にベタボメされていたのを思い出したので購入。
帰宅して、おそるおそるプレーヤーに乗せ、出てくる音に神経を集中させる。
演奏が始まり、その評論が正しかった事を知る。
それは、今まで一度も聴いた事のない上思議なヴィブラフォン。
ひじょうに精神性の高いジャズ。
またしても、アメリカのジャズの裾野(しその)の広さを実感。
こういうアルバムに巡り会えた事を幸せに感じる。
あらためてジャケットの写真を見る、ただのオジサン顔が理知的に見えてくるから上思議。
(青木高見)





Walt Dickerson / To My Queen Walt Dickerson / To My Queen

Recorded : September 21, 1962

Personnel :
Walt Dickerson (p)
Andrew Hill (p)
George Tucker (b)
Andrew Cyrille (ds)

Song name :
01. To My Queen
02. How Deep Is the Ocean?
03. God Bless the Child

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォルト・ディッカーソン (Walt Dickerson 1928年4月16日~2008年5月15日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ヴィブラフォン奏者。
アルバムはウォルト・ディッカーソン、1962年9月21日の録音、ニュージャズ・レーベルからのリリース。
共演者は、ピアノがアンドリュー・ヒル、ベースがジョージ・タッカー、ドラムがアンドリュー・シリル。
アンドリューさんが2人いる。
前フリなくアルバム・ジャケットを見たら、この女性がウォルト・ディッカーソンというミュージシャンかと思ってしまう。
事実は、ウォルト・ディッカーソンの奥様の「エリザベス《。
結婚して、よほど嬉しかったのかアルバム・タイトルまで 「To My Queen《 と、カミさんをクイーンにしてしまった。
しかし、そこは一筋縄ではいかないウォルト・ディッカーソン、 タイトル曲 「To My Queen《 は17分の長尺もの。
奥さんにプレゼントしたので、明るく優雅な演奏と思いきや、暗く精神性の高い演奏となる。
しかし、これこそがウォルト・ディッカーソンたる所以(ゆえん)。
そこに追い打ちをかける様に、フリーを得意とする百戦錬磨の共演者たち。
ピアノのアンドリュー・ヒル、ベースのジョージ・タッカー。
それとウォルト・ディッカーソンのレギュラー・ドラマーのアンドリュー・シリル。
それぞれが個性を主張するも、絶妙なチームワークが絶妙。
演目は3曲で少ないが内容は濃い。
以下、作曲者を明記する。
01. To My Queen  /  Walt Dickerson
02. How Deep Is the Ocean?  /  Irving Berlin
03. God Bless the Child  /  Billie Holiday, Arthur Herzog, Jr.
冒頭の 「To My Queen《 はウォルト・ディッカーソンのオリジナル。
2曲目 「How Deep Is the Ocean ?《 は、ホワイト・クリスマスでおなじみの吊作曲家アーヴィング・バーリンの曲。
3曲目 「God Bless the Child《 はビリー・ホリデイの曲を題材にしている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲