青木高見のジャズコレクション James Carter (ts, ss, bs) ジェームス・カーター


略歴
ジェームス・カーター (James Carter 1969年~) はアメリカ合衆国デトロイト生まれのジャズ・サックス奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】
sell

【INDEX (共演アルバム)】
sell       sell


【以下コンテンツ】


James Carter / Jurassic Classics sell James Carter / Jurassic Classics

Recorded : 1994

Personnel :
James Carter (ts, ss, bs)
Craig Taborn (p)
Jaribu Shahid (b)
Tani Tabbal (ds)

Song name :
01. Take The "A" Train (Billy Strayhorn)
02. Out Of Nowhere (Edward Heyman, Johnny Green)
03. Epistrophy (Kenny Clarke, Thelonious Monk)
04. Ask Me Now (Thelonious Monk)
05. Equinox (John Coltrane)
06. Sandu (Clifford Brown)
07. Oleo (Sonny Rollins)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェームス・カーター(James Carter 1969年~)はアメリカ合衆国デトロイト生まれのジャズ・サックス奏者。
アルバムはジェームス・カーター、1994年の録音で、たまにはこういうテナーもいい。
共演者はピアノがクレイグ・ティボーン、ベースがジャリブ・シャヒド、ドラムがタニ・タバル。
M-basaやレスター・ボウイなどの演奏にもちょくちょく顔を出していて本人の考えるジャズは単純ではない。
それは冒頭の「Take The "A" Train」が物語っている。
コレクションの動機はこの「Take The A Train」をどう演奏しているか聴きたかった。
演奏は、計り知れない凄さも持っているような、持っていないような。
選曲を見るとストレーホーン、ケニー・クラーク、モンク、コルトレーン、ブラウニー、ロリンズと大御所の曲を選んでいる。
よほどの自信があるのか、ないのか。
若い時はこうでなくちゃ、と言いつつ、ジャズはこのようなアルバムの後に本当の勝負となる。
アルバムタイトルの「Jurassic Classics」が何となく納得させらたような、されなかったような。
ちなみにドラムのタニ・タバルはステーブ・コールマンのアルバム「Strata Institute Cipher Syntax」に参加。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲