青木高見のジャズコレクション Francesco Cafiso (as)




Francesco Cafiso / New York Lullaby Francesco Cafiso / New York Lullaby

Recorded :
6/23/2005
6/26/2005

Personnel :
Francesco Cafiso (as)
David Hazeltine (p)
David Williams (b)
Joe Farnsworth (ds)

Song name :
01. Lullaby Of Birdland
02. Reflections
03. Polka Dots And Moonbeams
04. My Old Flame
05. Estate
06. What's New
07. Imagination
08. Willow Weep For Me
09. Speak Low

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランチェスコ・カフィーソ(Francesco Cafiso 1989年~)はイタリア・シチリア・ヴィットリア生まれのジャズ・アルトサックス奏者。
アルバムは2005年国内のヴィーナス・レコードからのリリース。
ジャズは結構聴いてきたと思う自分が、耳を疑う。
これが新人?
デビューから間もないのに、こう簡単に吹かれてしまうのか。
「長い間、練習てし段々良い音になる」 はないのか。
一般的に渡辺貞夫や秋吉敏子のように元々センスがある上に、驚異の執着心と、想像を絶する修練がジャズには欠かせない。
それプラス、ウ井スキーのようにだ、日々の研鑽により円熟度が増してくる。
ところが、この若者には渡辺貞夫や秋吉敏子の費やした時間があるとは、どうしても思えない。
変なCDに出会っちゃったな~、何だか落ち着かない。
自分で答えが出るまで手元に置いておこう。
ちなもにベースのデビット・ウイリアムスとドラムのジョー・ファンスワースはアート・ペッパー、スティーブ・グロッスマン、ベニー・ゴルソン、若手所ではエリック・アレキサンダー、ライアン・カイザーなどのバックを担当した百戦練磨のリズム・セクションだ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲