青木高見のジャズコレクション Guy Baker (tp) ガイ・バーカー


略歴
ガイ・バーカー(Guy Jeffrey Barker 1957年12月26日~)はイギリス・ロンドン生まれのトランペッター。

【INDEX (リーダーアルバム)】
sell

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Guy Barker / Into The Blue sell Guy Barker / Into The Blue

Released : 1994

Personnel :
Guy Barker (tp)
Bernardo Sassetti (p)
Sigurdur Flosason (as)
Alec Dankworth (b)
Ralph Salmins (ds)

Song name :
01. Into The Blue
02. J.J. Swing
03. Oh Mr Rex!
04. Low Down Lullaby
05. Did It 'N' Did It
06. Sphinx
07. Enigma
08. Ill Wind
09. This Is The Life (For Stan Tracey)
10. Weatherbird Rag

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ガイ・バーカー(Guy Jeffrey Barker 1957年12月26日~)はイギリス・ロンドン生まれのトランペッター。
アルバムはガイ・バーカー、1994年ヴァーヴからのリリースでセカンド。
共演者はベースがアレック・ダンクワース、ドラムがラルフ・サルミンズ他。
12歳でトランペットを開始、まもなくナショナル・ユース・ジャズ・オーケストラに参加。
1975年にクラーク·テリーからの指導を受けたとある。
演奏は確かな技術に支えられた正統派ジャズ。
根底にクラッシックの素養と英国人の堅実さと緻密さが混ざりあう。
ジャケットには愛用のモネ・トランペット、ふくよかな音色を楽しもう。
これから期待したいトランペッターといえる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : ガイ・バーカー、1994年ヴァーヴからのリリース。
12歳でトランペットを開始、まもなくナショナル·ユース·ジャズ·オーケストラに参加。
1975年にクラーク·テリーからの指導を受けたとある。
演奏は確かな技術に支えられた正統派ジャズ。
根底にクラッシックの素養と英国人の堅実さと緻密さが混ざりあう。
これから期待したいトランペッターといえる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲