青木高見のジャズコレクション George Braith (ss, as, ts) ジョージ・ブレイス


寸評
ジョージ・ブレイス(George Braith (George Braithwaite) 1939年6月27日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク生まれのジャズ・マルチリード奏者。
ブルーノートやプレスティッジなどの名門レーベルにいくつかの作品を残す。
一事消息不明となるも、80年代前半のマンハッタンでストリート・ミュージシャンでカムバック。
「Braith Horn」という楽器を考案している。
バルブとの接合によって、ストレートアルトとソプラノの二つのホーンが鳴る仕組み。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】



【以下コンテンツ】


George Braith / Extension George Braith / Extension

Recorded : March 24-27, 1965

Personnel :
George Braith (ss, as, ts, braith=-orn)
Billy Gardner (org)
Grant Green (g)
Clarence Johnston (ds)

Song name :
01. Nut Citybr
02. Ethlyn's Lovebr
03. Out Herebr
04. Extensionbr
05. Sweetvillebr
06. Ev'ry Time We Say Goodbyebr

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・ブレイス(George Braith 1939年6月26日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブロンクス生まれのジャズ・ソウル・サックス奏者。
アルバムはジョージ・ブレイス、1965年録音、ブルーノート 4171番、ブルーノートから三枚目のリーダー作。
共演者は、オルガンがビリー・ガードナー、ギターがグラント・グリーン、ドラムがクラレンス・ジョンストン。
アルバムジャケットはド迫力の顔のアップ。
演目は 「Ev'ry Time We Say Goodbyebr」 以外全てジョージ・ブレイスのオリジナル。
演奏は最初なかなかいいハード・バップで安心していると、突如出るローランド・カークばりの二つの異なるホーンが鳴る。
調べると 「Braith Horn」 という楽器で、ジョージ・ブレイスが考案したものだという。
バルブとの接合によって、ストレートアルトとソプラノの二つのホーンが鳴る仕組み。
最初は違和感でとまどうも、どうして変な不調音に引きずりこまれる。
つまり、ジョージ・ブレイスというミュージシャンのこれが魅力だとわかる。
若い時からマルチ・リード奏者としてテレビなどで活動していたという。
その後ブルーノート、プレスティッジから数作品をリリース。
しかし活動は途中で消息不明となるが、1980年マンハッタンでストリート・ ミュージシャンとしてカムバックした変わった経歴を持つ。
音楽もソウルっぽくもあり、かと言って下手ではなく魂が通っている音色がいい。
ジャズ界には色々な変わったミュージシャンがいて、ホント飽きない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲