青木高見のジャズコレクション Gato Barbieri (ts, vo) ガトー・バルビエリ


略歴
ガトー・バルビエリ  (Gato Barbieri 1934年11月28日~)  はアルゼンチン生まれのジャズ・サックス奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Gato Barbieri / Chapter One / Latin America Gato Barbieri / Chapter One / Latin America

Recorded : April 1973

Personnel :
Gato Barbieri (ts, vo)
Osvaldo Berlingieri (p)
Adalberto Cevasco (b, g)
Domingo Cura (ds, bomgo)
Isoca Fumero (g, charango)
Pocho Lapouble (ds)
Ricardo Lew (g)
Raul Mercado (fl, quena)
Amadeo Monges (harp, indian harp)
Jorge Padin (per)
Quelo Palacios (g)
Antonio Pantoja (quena, erkencho, sikus)
Eduardo Zurdo Roizner (per)
Dino Saluzzi (accordion, bandoneon)

Song name :
01. Encuentros (Barbieri)
02. India (Flores, Guerrero)
03. La China Leoncia Arreo la Correntinada Trajo Entre la Muchachada la F (Barbieri)
04. Nunca Más (Barbieri)
05. To Be Continued (Barbieri)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ガトー・バルビエリ  (Gato Barbieri 1934年11月28日~)  はアルゼンチン生まれのジャズ・サックス奏者。
アルバムはガトー・バルビエリ、1973年の録音、母国アルゼンチンはブエノスアイレスで地元ミュージシャンとの共演、本人の70年代の名作とされる。
ガトー・バルビエリの経歴は、60年代フリー・ジャズで人気が出て、70年代は南米音楽のリズムを取り入れるようになる。
演奏は、聴いた瞬間、チンドン屋のような音色で、一瞬、不安がよぎる。
だが聴いているうち、哀愁と情熱的な雰囲気に耳が慣れてくる。
ライナーの助けを借りる。
つまり、これがガトー・バルビエリが辿り着いたサウンドだと知ると近親感が湧いた。
たしかにタイトル通り、まさにガトー・バルビエリ風ラテン・アメリカ。
個人的に、聴き終えて  「ガトちゃん」  と哀愁をこめて言ってしまう、少し変わった一枚。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはガトー・バルビエリ、1973年の録音、母国アルゼンチンはブエノスアイレスで地元ミュージシャンとの共演、本人の70年代の名作とされる。ガトー・バルビエリの経歴は、60年代フリー・ジャズで人気が出て、70年代は南米音楽のリズムを取り入れるようになる。演奏は、聴いた瞬間、チンドン屋のような音色で、一瞬、不安がよぎる。だが聴いているうち、哀愁と情熱的な雰囲気に耳が慣れてくる。ライナーの助けを借りる。つまり、これがガトー・バルビエリが辿り着いたサウンドだと知ると近親感が湧いた。たしかにタイトル通り、まさにガトー・バルビエリ風ラテン・アメリカ。個人的に、聴き終えて  「ガトちゃん」  と哀愁をこめて言ってしまう、少し変わった一枚。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲