青木高見のジャズコレクション Chris Anderson (p) クリス・アンダーソン


寸評
クリス・アンダーソン (Chris Anderson 1926年2月26日~2008年2月4日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの盲目のジャズ・ピアニスト。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
Chris Anderson

【以下コンテンツ】


Chris Anderson / Blues One Chris Anderson / Blues One

Recorded : May 18, 1991

Personnel :
Chris Anderson (p)
Ray Drummond (b)
Billy Higgins (ds)

Song name : 01. The Edn Of A Beautiful Friendship
02. Star Eyes
03. Someday My Prince Will Come
04. Blue Bossa
05. I Can't Get Started
06. Blues One
07. Summer Of'42 (THE SUMMER KNOWS)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クリス・アンダーソン (Chris Anderson 1926年2月26日~2008年2月4日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの盲目のジャズ・ピアニスト。
アルバムはクリス・アンダーソン、1991年5月18日の録音、日本のDIWレーベル(ディスク・ユニオン)からのリリース。
共演者は、ベースがレイ・ドラモンド、ドラムがビリー・ヒギンス。
特に音楽で盲目があるがゆえに、健常者以上の才能を発揮するミュージシャンは大勢いる。
レイ・チャールズ、スティーヴィー・ワンダーなど。
そういうミュージシャンを聴くにつけ、その神秘性に、いつも驚異を感じる。
演奏は、まったく非の打ちどころのない個性のピアノ・トリオ。
演目は、6曲目の 「 BLUES ONE 」 以外全てスタンダード。
嬉しいのはジャズ界に遅れをとる日本で、こういうロングテールに位置するミュージシャンを発掘し録音しリリースした事。
惜しくもクリスは81歳で亡くなってしまったが、今となっては貴重で、日本のDIWレーベル(ディスク・ユニオン)を誇りに思う。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲