青木高見のジャズコレクション June Christy (vo) ジューン・クリスティ


略歴
June Christy ジューン・クリスティ(June Christy 出生名:Shirley Luster 1925年11月20日~1990年6月21日)はアメリカ合衆国イリノイ州スプリングフィールド生まれの白人女性ジャズ歌手。
スタン・ケントン・オーケストラが生んだ女性歌手。
スイング・センスと洗練された歌唱で白人女性モダン・ジャズ歌手の模範とされる。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
June Christy / Something Cool (CDP 7 96329 2) June Christy - Stan Kenton / Duet (TOCJ-6868)

---------------- June Christy / Eight Classic Albums (RGJCD339) ----------------制作中
June Christy / Eight Classic Albums (RGJCD339) June Christy / Something Cool June Christy / duet June Christy / Fair And Warmer June Christy / Gone For The Day June Christy / Junes Got Rhythm June Christy / The Song Is June! June Christy / Ballads For Night People June Christy / Off Beat

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Stan Kenton - June Christy - The Four Freshmen / June Christy The Four Freshmen Road Show (CDP 7 96328 2)

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


June Christy / Something Cool (CDP 7 96329 2) June Christy / Something Cool (CDP 7 96329 2)

Recorded : 1953-1955

Personnel :
June Christy (vo)
Pete Rugolo (band-leader)

Song name :
01. Not I
02. Whee Baby
03. Why Do You Have To Go Home
04. You're Making Me Crazy
05. Something Cool
06. Magazines
07. Midnight Sun
08. Lonely House
09. I Should Care
10. It Could Happen To You
11. The First Thing You Know, You're In Love
12. A Stranger Called The Blues
13. I'll Take Romance
14. Look Out Up There
15. Softly As In Morning Sunrise
16. Out Of Somewhere
17. Love Doesn't Live Here Anymore
19. This Time The Dream's On Me
20. The Night We Called It A Day
22. Pete Kelly's Blues
23. Until The Real Thing Comes Along
24. I Never Want To Look Into Those Eyes Again

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジューン・クリスティ(June Christy 出生名:Shirley Luster 1925年11月20日~1990年6月21日)はアメリカ合衆国イリノイ州スプリングフィールド生まれの白人女性ジャズ歌手。
LPは1953年から1955年の録音、発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)H-516番、7曲入り、ファースト・アルバム。
以下、LPの演目。
A1. Something Cool
A2. It Could Happen To You
A3. Lonely House
B1. Midnight Sun
B2. I'll Take Romance
B3. A Stranger Called The Blues
B4. I Should Care
CDは発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)、輸入盤、キャピトル・レコードによる短い英語オリジナル・ライナーノーツ、1~4、6,11,14~24曲目の17曲が追加され全24曲入り。
メンバーはヴォーカルがジューン・クリスティ、バックの指揮と編曲がピート・ルゴロ、バンドメンバーはウエストコーストの一流ミュージシャン。
このLPはジャケットの絵柄が違うバージョンが多く存在していて、コレクターの中には微妙に異なる盤を集めるファンもいる。
スタン・ケントン・オーケストラが生んだ女性歌手。
スイング・センスと洗練された歌唱で白人女性モダン・ジャズ歌手の模範とされる。
(青木高見)





June Christy - Stan Kenton / Duet (TOCJ-6868) June Christy - Stan Kenton / Duet (TOCJ-6868)

「ジャズ/ジューン・クリスティ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/スタン・ケントン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : May 5-9, 1955

Personnel :
June Christy (vo)
Stan Kenton (p)

Song name :
01. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
02. Lonely Woman
03. Just the Way I Am
04. You're Mine, You!
05. Angel Eyes
06. Come To The Party
07. Baby, Baby All The Time
08. We Kiss In A Shadow
09. How Long Has This Been Going On?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジューン・クリスティ(June Christy 出生名:Shirley Luster 1925年11月20日~1990年6月21日)はアメリカ合衆国イリノイ州スプリングフィールド生まれの白人女性ジャズ歌手。
スタン・ケントン(Stan Kenton 出生名:Stanley Newcomb Kenton 1911年12月15日~1979年8月25日)はアメリカ合衆国カンザス州出身のジャズ・ピアニスト、作曲家、編曲家、バンド・リーダー。
LPは1955年5月5日~9日の録音、発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)T 656番、9曲入り、ヴォーカルとピアノのデュオ。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、輸入盤、英語歌詞付き、キャピトル・レコード(Capitol Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、高田敬三氏による日本語解説、9曲入り。
メンバーはヴォーカルがジューン・クリスティ、ピアノがスタン・ケントン。
当時、この様なヴォーカルとピアノのデュオ・アルバムは前例がなかった。
スタン・ケントンのピアノは巧いのは当然だが、問題はジューン・クリスティは歌手としての実力がそのまま出てしまい、もし失敗したら歌手生命を絶つ覚悟で臨んだいう。
結果は繊細で可憐なヴォーカルとピアノが見事に調和し新しいフォーマットを創り上げた、また、あやぶまれた売り上げも上々だったという。
これ以降、ピアニストと女性歌手のデュオ盤が多く作られる様になった。
(青木高見)





Stan Kenton - June Christy - The Four Freshmen / June Christy The Four Freshmen Road Show (CDP 7 96328 2) Stan Kenton - June Christy - The Four Freshmen / June Christy The Four Freshmen Road Show (CDP 7 96328 2)

「ジャズ/スタン・ケントン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ジューン・クリスティ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/フォー・フレシュメン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : October 10, 1959

Personnel :
Stan Kenton (p, cond)
June Christy (vo)
The Four Freshmen (vo-group)

[Stan Kenton and His Orchestra]
Bill Mathieu (tp)
Bud Brisbois (tp)
Dalton Smith (tp)
Roger Middleton (tp)
Rolf Ericson (tp)
Charlie Mariano (as)
Bill Trujillo (ts)
Ronnie Rubin (ts)
Jack Nimitz (bs)
Marvin Holladay (bs)
Archie LeCoque (tb)
Don Sebesky (tb)
Kent Larsen (tb)
Bob Knight (btb)
Jim Amlotte (btb)
Pete Chivily (b)
Jimmy Campbell (ds)
David B (graphics)
McMacken (graphics)
Mike Pacheco (per)

Song name :
[Stan Kenton and His Orchestra]
01. Artistry in Rhythm
02. Stompin' at the Savoy
03. My Old Flame
04. The Big Chase
[June Christy + Stan Kenton and His Orchestra]
05. I Want to Be Happy
06. It's a Most Unusual Day
07. Midnight Sun
08. Kissing Bug
09. Bewitched
10. How High The Moon
[The Four Freshmen + Stan Kenton and His Orchestra]
11. Day In - Day Out
12. Angel Eyes
13. I'm Always Chasing Rainbows
14. Paper Doll
15. Them There Eyes
[The Ensemble : June Christy + The Four Freshmen + Stan Kenton and His Orchestra]
16. Love For Sale
17. September Song
18. Walking Shoes
19. The Peanut Vendor
20. Artistry in Rhythm

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタン・ケントン(Stan Kenton 出生名:Stanley Newcomb Kenton 1911年12月15日~1979年8月25日)はアメリカ合衆国カンザス州出身のジャズ・ピアニスト、作曲家、編曲家、バンド・リーダー。
ジューン・クリスティ(June Christy 出生名:Shirley Luster 1925年11月20日~1990年6月21日)はアメリカ合衆国イリノイ州スプリングフィールド生まれの白人女性ジャズ歌手。
ザ・フォー・フレシュメン(The Four Freshmen 1948年~)はアメリカ合衆国インディアナポリスのバトラー大学で誕生した男声カルテット。
LPは1959年10月10日の録音、発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)STB01327番、LP2枚組、全20曲。
CDは発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)、輸入盤、ビル・ピープルス(Bill Peeples)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、キャピトル・レコード(Capitol Records)によるライナーノーツ、20曲入り。
メンバーはスタン・ケントン楽団、ジューン・クリスティ、ザ・フォー・フレシュメン。
昔、横浜のジャズ喫茶「ちぐさ」の先代マスターが「スタン・ケントンはジャズ界のドビッシーだよ」の言葉がいつまでも忘れられない。
話は戻るが、ジューン・クリスティにしても、ザ・フォー・フレシュメンにしても、スタン・ケントンが育てた逸材。
ここは、ひとつコンサートに行った気分でゴージャズなロード・ショーに浸ろう。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲