青木高見のジャズコレクション Denny Zeitlin (p) デニー・ザイトリン


略歴
デニー・ザイトリン (Denny Zeitlin 1938年4月10日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの精神医学の臨床教授、ジャズ・ピアニスト、作曲家。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Denny Zeitlin / Cathexis Denny Zeitlin / Cathexis

Recorded :
February 19, 1964
March 6, 1964

Personnel :
Denny Zeitlin (p)
Cecil McBee (b)
Freddie Waits (ds)

Song name :
01. Repeat
02. I-Thou
03. Stonehenge
04. Soon
05. Nica's Tempo
06. Cathexis
07. 'Round Midnight
08. Little Children
09. Blue Phoenix
10. Nica's Dream [cd only]
11. Requiem For Lili [cd only]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デニー・ザイトリン (Denny Zeitlin 1938年4月10日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの精神医学の臨床教授、ジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはデニー・ザイトリン、1964年2月19日と3月6日の録音、ファースト・アルバム、2014年を国内初CD化、SONYから 「Jazz Collection 1000」 シリーズ第3弾の一枚。
共演者は、ベースがセシル・マクビー、ドラムがフレディ・ウェイツ。
LP時代、このデニー・ザイトリンまではコレクションできなかったが、日本発CD化で安価に入手できる様になった。
アルバム・タイトルの 「カセクシス [Cathexis] 」 とは、フロイトの用語、精神分析理論用語、精神力動学用語で 「精神的エネルギー」 というものが存在して、それが特定の活動・観念・物・人などに向けつづけられる事。
特定の人や物に対する好悪の感情が、いつまでも継続する事。
これだけでは、今ひとつ解りずらい。
つまり、今の自分が、このアルバム 「Denny Zeitlin / Cathexis」 が好きになったとする。
これは 「精神的エネルギー」 が 「Denny Zeitlin / Cathexis」 に注がれる事を指す。
時が経ち、たまたま聴いたビル・エヴァンスの 「Bill Evans / Waltz for Debby」 の方が好きになったとする。
すると 「精神的エネルギーの総量は一定」 なので 「Denny Zeitlin / Cathexis」 を好きになったエネルギーが 「Bill Evans / Waltz for Debby」 へ移ったと考える。
要は、どれもこれも無尽蔵に好きになるという事ではなく 「精神的エネルギーの総量は一定」 という事らしい。
デニー・ザイトリン、さすが精神医学の臨床教授、最高のアルバム・タイトルを銘々したものである。
また普通は 「二束の草鞋(わらじ)」 の場合、どちらかが劣るのだが、デニー・ザイトリンの場合、両方が一流とされる。
こうして考えると、ジャズは頭脳で聴くものだろうか。
(青木高見)





Denny Zeitlin / Live At The Trident Denny Zeitlin / Live At The Trident

Recorded : March 22-24, 1965

Personnel :
Denny Zeitlin (p)
Charlie Haden (b)
Jerry Granelli (ds)

Song name :
01. Introduction
02. St. Thomas
03. Carole's Waltz
04. Spur Of The Moment
05. Where Does It Lead
06. Lonely Women
07. My Shining Hour
08. Quiet Now
09. At Sixes And Sevens
10. What Is This Thing Called Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デニー・ザイトリン (Denny Zeitlin 1938年4月10日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの精神医学の臨床教授、ジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはデニー・ザイトリン、1965年3月22日から24日の録音、カリフォルニア州ソウサリト 「トライデント」 のライブ。
共演者は、ベースが 「オーネット・コールマン・カルテット」 に籍を置いていた名手チャーリー・ヘイデン。
ドラムがデニー・ザイトリンの1964年から1967年のレギュラーだったジェリー・グラネリ。
録音時のメンバーの年齢は、デニー・ザイトリン26歳、チャーリー・ヘイデン27歳、ジェリー・グラネリ24歳。
一般的に仕事で、二束の草鞋(わらじ)を履くと、どちらか一方は、たいした事がない場合が多い。
ところが、このデニー・ザイトリンは、どちらも一級で驚いてしまう。
医学の分野では、1964年に精神病理学の医学博士号を取得、当アルバムはその翌年となる。
演奏は、ちょっと聴きでは、ビル・エヴァンスに似ているだけで終ってしまう。
ところが演目のザイトリンの曲 「クワイエット・ナウ」 は、あのビル・エヴァンスがカヴァーした曲といえば・・・どちらが師匠級なのかわからなくなる。
音は、バド・パウエル、レニー・トリスターノ、ジョージ・ラッセル、ビル・エヴァンス、ジョージ・シアリング、デイブ・ブルーベック、ポール・ブレイ、スティーブ・キューン、アンドリュー・ヒル、ハービー・ハンコック、キース・ジャレット、セシル・テイラーなど超一流のピアニストを精神医学的に解析した後、ジャズの一大要素である個性を注入した。
列記したピアニストを俯瞰すると、どちらかというと白人系、弱前衛、理論系が多いのに気付く。
個人的に今では、デニー・ザイトリンは超一流のピアニストの一人だと思っている。
(青木高見)





Denny Zeitlin / As Long As There's Music Denny Zeitlin / As Long As There's Music

Recorded : December 5, 1997

Personnel :
Denny Zeitlin (p)
Buster Williams (b)
Al Foster (ds)

Song name :
01. As Long As There's Music
02. They Can't Take That Away From Me
03. For Heaven's Sake
04. There And Back
05. I'm All Smiles
06. Cousin Mary
07. Triste
08. Canyon
09. I Fall In Love Too Easily
10. The Man I Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デニー・ザイトリン (Denny Zeitlin 1938年4月10日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの精神医学の臨床教授、ジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはデニー・ザイトリン、1997年12月5日の録音、国内のヴィーナス・レーベルからのリリース、邦題 「音楽がある限り」。
共演者は、ベースがバスター・ウィリアムス、ドラムがアル・フォスター。
「Live At The Trident」 のジャケットは、厚い黒ぶちメガネ、濃い髭(ひげ)、神経質そうな目つき、精神医学の臨床教授、ザイトリンという薬のような名前。
イメージだけでいくと、偏屈そう。
ところが、演奏は実に情熱的で、しかも隙がない。
凄いのは、完全にデニー・ザイトリンの世界に引きずり込まれる事。
やはり、頭で聴くピアノという事。
アルバム・ジャケットは実にユニーク、日本の雪、松、御所、神主、こんなジャケット見た事ない。
雪の降った日に聴きたいアルバムになった。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲