青木高見のジャズコレクション Nina Simone (vo, p) ニーナ・シモン


寸評
ニーナ・シモン (Nina Simone 1933年2月21日~2003年4月21日) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州トライロン生まれの女性ジャズ歌手、音楽家。
ジャンルは、ジャズ以外にポップスなど幅広いジャンルをこなす。
特に人種差別主義者による教会爆破事件に抗議したのを切っ掛けに、1960年代の黒人公民権運動に参加。
ただ、歌うだけではなく、そこに強烈な訴えかけを内在する様になる。
魂を歌唱で表現できる数少ない黒人ジャズ歌手であった。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Nina Simone / Nina Simone + 3 Nina Simone / Nina Simone + 3

Recorded : 1957

Personnel :
Nina Simone (vo, p)
Jimmy Bond (b)
Albert ''Tootie'' Heath (ds)

Song name :
01. Mood Indigo
02. Don't Smoke in Bed
03. He Needs Me
04. Little Girl Blue
05. Love Me or Leave Me
06. My Baby Just Cares for Me
07. Good Bait
08. Plain Gold Ring
09. You'll Never Walk Alone
10. I Loves You Porgy
11. Central Park Blues
12. He's Got The Whole World In His Hands
13. For All We Know
14. African Mail Man

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ニーナ・シモン (Nina Simone 1933年2月21日~2003年4月21日) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州トライロン生まれの女性ジャズ歌手、音楽家。
アルバムはニーナ・シモン、1957年の録音、ベツレヘム・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがジミー・ボンド、ドラムがアルバート・トゥーティ・ヒース。
ビリー・ホリディ、エラ、カーメン・マクレイ、サラ、ナンシー・ウイルソン、アビー・リンカーン、アルバータ・ハンター、シャリー・ホーンほか多くの黒人女性歌手を聴いが、その誰とも接点を感じない孤高の歌唱が凄い。
ジャンルはジャズになってはいるが枠を超えている。
何という訴えかけの強い歌唱なのだろう。
ロバータ・フラックが心酔したエピソードが、もうなずける。
1960年代、黒人公民権運動に参加する。
2000年代はフランスに移住するも2003年惜しくも他界。
おそらく彼女ほどのユニークな女性歌手は今後出てこないかもしれない。
ちなみにタイトルの 「Nina Simone Nina Simone + 3」 の 「 + 3」 とは 「He's Got The Whole World In His Hands」 「For All We Know」 「African Mail Man」 の3曲追加の意味と受け止めている。
話が飛ぶが、このアルバム・ジャケット、練馬区石神井公園の池にある太鼓(たいこ)橋とベンチの位置がそっくりなのだ。
そのため、練馬区石神井公園のその場所に行くと、ニーナ・シモンを思い出す。
そこでは必ずベンチに座り、ジャケットのニーナ・シモンのポーズをとる。
(青木高見)





Nina Simone / Here Comes The Sun Nina Simone / Here Comes The Sun

Recorded : 1971

Personnel :
Nina Simone (vo)

Song name :
01. Here Comes The Sun
02. Just Like A Woman
03. O-O-H Child
04. Mr. Bojangles
05. New World Coming
06. Angel Of The Morning
07. How Long Must I Wander
08. My Way

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ニーナ・シモン (Nina Simone 1933年2月21日~2003年4月21日) は アメリカ合衆国ノースカロライナ州トライロン生まれの女性ジャズ歌手、音楽家。
アルバムはニーナ・シモン、1971年録音、カヴァー集、多くの人に感動を与え続けている人気盤。
以下、誰のカヴァーか明記した。
01. ヒア・カムズ・ザ・サン Here Comes the Sun / George Harrison
02. ジャスト・ライク・ア・ウーマン Just Like a Woman / Bob Dylan
03. ウー・ウー・チャイルド O-O-H Child / Stan Vincent
04. ミスター・ボージャングル Mr. Bojangles / Jerry Jeff Walker
05. 新しき夜明け New World Coming / Barry Mann, Cynthia Weil
06. 朝の天使 Angel of the Morning / Chip Taylor
07. ハウ・ロング・マスト・アイ・ワンダー How Long Must I Wander / Weldon Irvine
08. マイ・ウェイ My Way / Paul Anka, Claude François, Jacques Revaux
ニーナ・シモンの場合、歌の上手さに加えて、心の芯まで入ってくる歌唱がすさまじい。
ジャズをコレクションしていて突然、こういうアルバムに遭遇した時の嬉しさはたまらない。
ジャズのジャンルを越えて、一生、聴き続けて行きたい一枚かもしれない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲