青木高見のジャズコレクション Ravi Coltrane (ss, ts) ラヴィ・コルトレーン


寸評
ラヴィ・コルトレーン (Ravi Coltrane 1965年8月6日~) アメリカ合衆国ニューヨーク生まれのサックス奏者。
ジョン・コルトレーンの息子。
偉大な父を持ち、何かにつけて父と比較され続ける人生は、ある意味かわいそう。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
sell

【以下コンテンツ】


Ravi Coltrane and Antoine Roney / Sax Storm Grand Central sell Ravi Coltrane and Antoine Roney / Sax Storm Grand Central

(注) このアルバムはグランド・セントラルというユニットでラヴィ・コルトレーンのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にテナーサックスのアントワーヌ・ルーニーが参加しているため 「 Antoine Roney 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : June 1-2, 1993

Personnel :
Ravi Coltrane (ss, ts)
Antoine Roney (ts)
Jacky Terrasson (p)
Santi DeBriano (b)
Cindy Blackman (ds)

Song name :
01. Akili
02. Solar
03. Imperfect Way
04. You Go to My Head
05. Awakening
06. We'll Be Together Again
07. Domo Crocodile
08. All the Things You Are
09. Body And Soul
10. Blues Up and Down

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラヴィ・コルトレーン (Ravi Coltrane 1965年8月6日~) アメリカ合衆国ニューヨーク生まれのサックス奏者、ジョン・コルトレーンの息子。
アントワーヌ・ルーニー  (Antoine Roney 1963年~) アメリカ合衆国フィラデルフィア生まれのテナーサックス奏者、兄がトランペットのウォレス・ルーニー。
アルバムはラヴィ・コルトレーンとアントワーヌ・ルーニーのグランド・セントラルというユニット、1993年の6月1日と2日の録音。
その他共演者は、ピアノがジャッキー・テラソン (1965年ベルリン生まれ)。
ベースがサンティ・デブリアーノ、オリバー・レイクやファラオ・サンダースなどの共演で知られる。
ドラムがシンディ・ブラックマン、紅一点で注目。
演奏は、60年代のストレートなジャズと思って聴いても遜色のない演奏。
コルトレーンの血を引いた息子だけあって、一瞬、父を彷彿とさせる箇所がある。
全体には、都会的な垢抜けした音。
偉大な父を持った事で、何かにつけ比較つづける人生も、さぞ大変だと思う。
現代のジャズ界は、やはり実力主義、コルトレーンの息子だからと言って贔屓(ひいき)はない。
こういうユニットの場合いつまで続けられるか大変むずかしい。
「ああ、やはり!」 には、なってほしくないのだが。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲