青木高見のジャズコレクション Helen Carr (vo) ヘレン・カー



Helen Carr / Why do I love you Helen Carr / Why do I love you

Recorded : 11/11/1955

Personnel :
Helen Carr (vo)
Cappy Lewis (tp)
Howard Roberts (g)
Red Mitchell (b)

Song name :
01. Be Careful, It's My Heart
02. My Kind Of Trouble Is You
03. Lonely Street
04. Symphony
05. You're Getting To Be A Habit With Me
06. Bye Bye Baby
07. Then You've Never Been Blue
08. Summer Night
09. Got A Date With An Angel
10. Why Do I LOVE You
11. Do I Worry
12. I've Got A Feelin' You're Foolin'

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ヘレン・カー (Helen Carr 1922年~) はアメリカ合衆国ユタ州ソルトレイク・シティ生まれの女性ジャズ・シンガー。
アルバムはヘレン・カー 、1955年の録音で、2000年に東芝EMIからベツレヘムCDコレクションとして発売された。
バックはウディ・ハーマン楽団にいたトランペットのキャピー・ルイス、ベースのレッド・ミッチェル、ギターのハワード・ロバーツというドラムレスの珍しいフォーマット。
20代にピアニストのドン・トレーナーと結婚後、ベツレヘムを紹介され選曲から伴奏者を全てヘレン・カーに全て任され見事に素晴らしいアルバムを完成させた。
声質は幾分高音で、気の強い独り立ちした明るいアメリカ女性の典型といえる。
作詞の才能もあり、写真で顔を見ても中々の才女を想像してしまう。
黒さがなく現代的なアレンジにより時を感じさせない、日曜日の昼下がり紅茶などいれながらゆったりしたい時に針を落としたい。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはヘレン・カー 、1955年の録音で、2000年に東芝EMIからベツレヘムCDコレクションとして発売された。
バックはウディ・ハーマン楽団にいたトランペットのキャピー・ルイス、ベースのレッド・ミッチェル、ギターのハワード・ロバーツというドラムレスの珍しいフォーマット。
声質は幾分高音で、気の強い独り立ちした明るいアメリカ女性の典型といえる。
作詞の才能もあり、写真で顔を見ても中々の才女を想像してしまう。
黒さがなく現代的なアレンジにより時を感じさせない、日曜日の昼下がり紅茶などいれながらゆったりしたい時に針を落としたい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲