青木高見のジャズコレクション Cab Calloway (vo) キャブ・キャロウェイ


略歴
キャブ・キャロウェイ (Cab Calloway 1907年12月25日~1994年11月18日) はアフリカ系アメリカ人のジャズ・シンガー、バンドリーダー。
エネルギッシュなスキャット唱法が名物。
氏のバンドは、1930年代初頭から1940年代後半にかけてアフリカ系アメリカ人のバンドとして絶大な人気を博す。
バンドには若きディジー・ガレスピーやドク・チータムがいた。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Cab Calloway / Cab Calloway Cab Calloway / Cab Calloway

Recorded : 1930-1940 Epicの音源 (EPIC LN 3265)

Personnel :
Cab Calloway (vo)

Song name :
01. St. James Infirmary
02. The Honeydripper
03. Blues in the Night
04. Miss Otis Regrets
05. Chop, Chop, Charlie Chan
06. The Jumpin' JIve
07. Minnie The Moocher
08. The Ghost of Smoky Joe
09. Let's Take the Long Way Home
10. Utt Da Zay
11. Geechy Joe
12. Eadie Was a Lady

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : キャブ・キャロウェイ (Cab Calloway 1907年12月25日~1994年11月18日) はアフリカ系アメリカ人のジャズ・シンガー、バンドリーダー。
エネルギッシュなスキャット唱法が名物。
氏のバンドは、1930年代初頭から1940年代後半にかけてアフリカ系アメリカ人のバンドとして絶大な人気を博す。
メンバーはトランペットがディジー・ガレスピー、ドク・チータム。
サクソフォンがベン・ウェブスター、レオン"チュ"ベリー。
ニューオーリンズの名ギタリスト、ダニー・バーカー。
ベースがミルト・ヒントン。
どうだろう、このスゴイ顔ぶれは。
キャブ・キャロウェイが超の付くミュージシャンを集めていたことに驚く。
話は飛ぶ、1994年のアメリカ映画で「マスク」。
主演のジム・キャリーが黄緑色の顔の怪人「マスク」、スワロースーツにカンカン帽、演奏スタイルが古き良きアメリカの時代。
クラブ「ココ・ボンゴ」の内装も、当時「キャブ・キャロウェイ」が出演していたクラブを表現したセット。
警官の男女のバックコーラスと踊り。
実は、このスタイルこそが、この「キャブ・キャロウェイ」の受け売りなのでは。
コレクションして、絶対聴きたいミュージシャンかもしれない。
しっかし、アメリカには、おっそろっしいミュージシャンがいるので、こちらも気合が入る。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : 1994年のアメリカ映画で「マスク」。
主演のジム・キャリーが黄緑色の顔の怪人「マスク」、スワロースーツにカンカン帽、演奏スタイルが古き良きアメリカの時代。
クラブ「ココ・ボンゴ」の内装も、当時「キャブ・キャロウェイ」が出演していたクラブを表現したセット。
警官の男女のバックコーラスと踊り。
実は、このスタイルこそが、この「キャブ・キャロウェイ」の受け売りなのでは。
コレクションして、絶対聴きたいミュージシャンかもしれない。
しっかし、アメリカには、おっそろっしいミュージシャンがいるので、こちらも気合が入る。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲