青木高見のジャズコレクション Paul Bley (p) ポール・ブレイ


寸評
ポール・ブレイ(Paul Bley 1932年11月10日~)はカナダ・モントリオール生まれのフリー・ジャズ・ピアニスト、音楽家。
1957年同じくフリー・ジャズ・ピアニストのカーラ・ブレイと結婚するもすぐに離婚。
その後、カーラ・ブレイはゲイリー・ピーコックと結婚。
ところが、ゲイリー・ピーコックの妻であるアーネット・ピーコックは何とポール・ブレイと結婚した。
ジャズ界の夫婦交換劇!?
結構話題になった。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Paul Bley / Closer Paul Bley / Closer

Recorded : December.12.1965

Personnel :
Paul Bley (p)
Steve Swallow (b)
Barry Altschul (ds)

Song name :
01. Ida Lupino
02. Start
03. Closer
04. Sideways In Mexico
05. Batterie
06. And Now the Queen
07. Figfoot
08. Crossroads
09. Violin
10. Cartoon

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ポール・ブレイ(Paul Bley 1932年11月10日~)はカナダ・モントリオール生まれのフリー・ジャズ・ピアニスト、音楽家。
アルバムはポール・ブレイ、1965の録音。
共演者はベースがスティーブ・スワロー、ドラムがバリー アルツシュール。
演奏は叙情性豊かに秩序と混沌を味わえる。
個人的にこのアルバムをを聴く時は、普段の生活が変化した時に聴く。
変化に対応しようとする自分に「閃(ひらめ)き」を与えてくれる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはポール・ブレイ、1965の録音。
共演者はベースがスティーブ・スワロー、ドラムがバリー アルツシュール。
演奏は叙情性豊かに秩序と混沌を味わえる。
個人的にこのアルバムをを聴く時は、普段の生活が変化した時に聴く。
変化に対応しようとする自分に「閃(ひらめ)き」を与えてくれる。
(青木高見)





Paul Blay / Open to love Paul Blay / Open to love

Recorded : September.11.1972

Personnel : Paul Bley (p)

Song name :
01. Closer
02. Ida Lupino
03. Started
04. Open, To Love
05. Harlem
06. Seven
07. Nothing Ever Was, Anyway

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ポール・ブレイ(Paul Bley 1932年11月10日~)はカナダ・モントリオール生まれのフリー・ジャズ・ピアニスト、音楽家。
アルバムはポール・ブレイ、1972年録音、ECMからのリリース、当時話題となった一枚。
ジャズの用語によく出てくる「リリシズム」。
一般的は「抒情性(じょじょうせい)」と直訳される。
自分の感情を述べ表わすという意味がある。
よくビル・エバンスがリリシズムの代表とされるが、ポール・ブレイのリリシズムは一味違う。
つまり、リリシズムとはビル・エバンスの音ではなく、広義ではジャズがリリシズムとも言えると思っている。
ポール・ブレイは、キース・ジャレットに多大な影響を与えたいう文献がある。
アルバムからは、硬く澄み切った美しいピアノが凄い。
難解なメロディーと一瞬訪れる甘美さの極致。
話は飛ぶが、1957年ポール・ブレイは、同じくフリー・ジャズ・ピアニストのカーラ・ブレイと結婚するもすぐに離婚。
その後、カーラ・ブレイはゲイリー・ピーコックと結婚。
ところが、ゲイリー・ピーコックの妻であるアーネット・ピーコックは何とポール・ブレイと結婚。
ジャズ界の夫婦交換劇!?
結構話題になった。
個人的に、このアルバムを聴くと変なエロチズムに変わってしまうのは自分だけだろうか。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはポール・ブレイ、1972年録音、ECMからのリリース、当時話題となった一枚。
ジャズの用語によく出てくる「リリシズム」。
一般的は「抒情性(じょじょうせい)」と直訳される。
自分の感情を述べ表わすという意味がある。
よくビル・エバンスがリリシズムの代表とされるが、ポール・ブレイのリリシズムは一味違う。
つまり、リリシズムとはビル・エバンスの音ではなく、広義ではジャズがリリシズムとも言えると思っている。
ポール・ブレイは、キース・ジャレットに多大な影響を与えたいう文献がある。
アルバムからは、硬く澄み切った美しいピアノが凄い。
難解なメロディーと一瞬訪れる甘美さの極致。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲