青木高見のジャズコレクション Larry Carlton (g) ラリー・カールトン


略歴
Larry Carlton ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
6歳の頃からギターを始め、ハイスクール時代にB.B.キングやジョン・コルトレーンに影響を受る。
その後、ジョー・パスに師事。
1968年、ファースト・アルバム「With A Little Help From My Friends」をリリース。
1971年~1976年、「ザ・クルセイダーズ」 に在籍。
1977年、ワーナー・ブラザース・レコードと契約。
1978年~1984年、6枚のアルバムをリリース。
1985年、MCAレコードと契約、「Alone But Never Alone」をリリースし好評を得る。
1988年4月、南カルフォルニアの自宅兼プライベート・スタジオ「Room 335」の外にいた青年に銃撃される。
      一命はとりとめたものの重症、精神的にダメージを受け再起不能とされた。
1991年、強い精神力で奇跡の復帰をとげ活動を再開、世間は驚きと称賛の声で称(たた)えた。
1994年~1997年、過去を臆する事なく多くのツアーを敢行、この頃からフュージョンとブルースを融合した音になる。
1999年、来日、ブルーノート東京で演奏。
2003年、アジアツアーを慣行、アルバム「Sapphire Blue」をリリース。
      その後、更に多くのツアーを行い現在に至る。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Larry Carlton / Larry Carlton (WPCP-4091) Larry Carlton / Strikes Twice (WPCR-75365) Larry Carlton / Sleepwalk (7599-23635-2) Larry Carlton / Alone But Never Alone (20P2-2057) Larry Carlton / Last Nite (32XD-539) Larry Carlton / Discovery (MVCM-134) Larry Carlton / On Solid Ground (22P2-2712) Larry Carlton / Christmas At My House (MCAD-6322) Larry Carlton / Kid Gloves (MVCR-114)

【INDEX (Participation in The Crusaders) 「ザ・クルセイダーズ」 への参加】
The Jazz Crusaders / Happy Again (SD 8909)

【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


Larry Carlton / Larry Carlton (WPCP-4091) Larry Carlton / Larry Carlton (WPCP-4091)

Recorded : 1978

Personnel :
Larry Carlton (g, vo)
Greg Mathieson (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)
Paulinho Da Costa (perc)

Song name :
01. Room 335
02. Where Did You Come From(彼女はミステリー)
03. Nite Crawler
04. Point It Up
05. Rio Samba(リオのサンバ)
06. I Apologize(恋のあやまち)
07. Don't Give It Up(希望の光)
08. (It Was) Only Yesterday(昨日の夢)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
LPは1978年の録音、ワーナー・ブラザーズ・レコード(Warner Bros. Records)BSK 3221番、8曲入り、邦題:夜の彷徨(さまよい)。
CDは発売元がワーナー・ブラザーズ・レコード(Warner Bros. Records)、英語歌詞付き、英語ライナーノーツなし、松下佳男氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはヴォーカルとギターがラリー・カールトン、キーボードがグレッグ・マティソン、ベースがエイブラハム・ラボリエル、ドラムがジェフ・ポーカロ、パーカッションがパウリーニョ・ダ・コスタ。
クルセイダーズ脱退後、新境地のリーダー作、第3弾、世界にラリー・カールトンを知らしめた1枚。
演奏はメロウ、ファンク、ポップスなどの融合、高度な技術による軽快なギターワークが冴える。
(青木高見)





Larry Carlton / Strikes Twice (WPCR-75365) Larry Carlton / Strikes Twice (WPCR-75365)

Released : 1981

Personnel :
Larry Carlton (g, syn, vo, prod)
Don Freeman (key)
Terry Trotter (key)
Greg Mathieson (key)
Brian Mann (key)
Robert "Pops" Popwell (b)
John Ferraro (ds)
Paulinho Da Costa (per)

Song name :
01. Strikes Twice
02. Ain't Nothin' for a Heartache
03. Midnight Parade
04. The Magician
05. Springville
06. Mulberry Street
07. In My Blood
08. For Love Alone

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
LPは1981年の録音、ワーナー・ブラザーズ・レコード(Warner Bros. Records)BSK 3380番、8曲入り。
CDは発売元がCDは発売元がワーナー・ブラザーズ・レコード(Warner Bros. Records)、英語歌詞付き、英語ライナーノーツなし、熊谷美広氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはヴォーカルとギターがラリー・カールトン、キーボードがドン・フリーマン、テリー・トロッター、グレッグ・マティソン、ブライアン・マン、ベースがロバート・ポップス・ポップウェル、ドラムがジョン・フェラーロ、パーカッションがパウリーニョ・ダ・コスタ。
何とキーボードが4名、ラリー・カールトンも弾いているので入れると5名となる。
当時、フュージョン・サウンドの世界の先駆(さきが)けのキーボード奏者が集められている。
演奏はフュージョン・サウンドのお手本の様な音。
ラリー・カールトンは、この時期、銃撃事件の前で若々しくエネルギッシュな音が貴重。
日本のフュージョン・サウンドの、ほとんど、この様な音一辺倒になった。
話は飛ぶがサザンオールスターズ・桑田佳祐の作詞・作曲の「私はピアノ」の歌詞の中に。
「あなたから目が離せない ふたりして聴くわラリー・カールトン」でラリー・カールトンを知らない人に有名になった。
歌の力は恐ろしい。
(青木高見)





Larry Carlton / Sleepwalk (7599-23635-2) Larry Carlton / Sleepwalk (7599-23635-2)

Recorded : 1982

Song name, Personnel :
01. Last Nite
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Carlos Rios (g)
Abraham Laboriel (b)
Steve Gadd (ds)
Paulinho Da Costa (perc)

02. Blues Bird
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Brian Mann (key)
Don Freeman (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)

03. Song For Katie
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Brian Mann (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)

04. Frenchman's Flat
Larry Carlton (g)
Brian Mann (key)
Robert "pops" Popwell (b)
Jeff Porcaro (ds)

05. Sleepwalk
Larry Carlton (g)
Don Freeman (key)
Pops Popwell (b)
John Ferraro (ds)

06. Upper Kern
Larry Carlton (g)
Greg Mathieson (key)
Terry Trotter (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)
David Sanborn (as)
Paulinho Da Costa (perc)

07. 10:00 P.M.
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)

08. You Gotta Get It While You Can
Larry Carlton (g)
Greg Mathieson (key)
Prophet (p)
Brian Mann (key)
Don Freeman (key)
Abraham Laboriel (b)
Steve Gadd (ds)
Paulinho Da Costa (perc)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
LPは1982年の録音、ワーナー・ブラザーズ・レコード(Warner Bros. Records)WB 56 974番、8曲入り。
CDは発売元がワーナー・ブラザーズ・レコード(Warner Bros. Records)、輸入盤、詳しい英語ライナーノーツなし、英語の演目と演奏者のみ、8曲入り。
メンバーはギターがラリー・カールトン、キーボードはテリー・トロッター、ブライアン・マン、ドン・フリーマン、グレッグ・マティソン、ベースがエイブラハム・ラボリエル、ドラムがスティーヴ・ガッド、パーカッションがパウリーニョ(ポーリニョ)・ダ・コスタほか。
曲毎に微妙に替わる演奏者、ラリー・カールトン自身、曲によって弾き方を細かく変えたりと工夫を感じる。
ラリー・カールトンはギタリストだけではなく総合音楽家だというスタンスダッタ事がわかる。
そのため時が経過しても陳腐化しない。
(青木高見)





Larry Carlton / Alone But Never Alone (20P2-2057) Larry Carlton / Alone But Never Alone (20P2-2057)

Recorded : 1986

Personnel :
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Abraham Laboriel (b)
Michael Fisher (per)
Rick Marotta (ds)

Song name :
01. Smiles and Smiles To Go
02. Perfect Peace
03. Carrying You
04. The Lord's Prayer
05. High Steppin'
06. Whatever Happens
07. Pure Delight
08. Alone / But Never Alone

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
LPは1986年の録音、MCAレコード(MCA Records)MCA-5689番、8曲入り、MCAレコード・レーベル移籍の第1弾。
CDは発売元がMCAレコード(MCA Records)、英語ライナーノーツなし、大場正明氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはギターがラリー・カールトン、キーボードがテリー・トロッター、ベースがエイブラハム・ラボリエル、パーカッションがマイケル・フィッシャー、ドラムがリック・マロッタ。
全編アコースティックに持ち替え、共演者も最小限のリズムセクションで緻密で斬新な音作り。
ディスコグラフィーでは折り返し地点、マイルストーン的な意味を感じる。
アルバム・タイトルにある「Alone But Never Alone(ひとり、だが決してひとりではない)」は、この時のラリー・カールトンの心境だったのか。
全米ジャズ・チャートで第1位。
日本ではテレビやラジオのBGMに今でも多く使われている。
(青木高見)





Larry Carlton / Last Nite (32XD-539) Larry Carlton / Last Nite (32XD-539)

Released : February 17, 1986

Personnel :
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Jerry Hey (tp)
Gary Grant (tp)
Marc Russo (sax)
Abraham Laboriel (b)
John Robinson (ds) #01-#03, #05, #06
Rick Marotta (ds) #04
Alex Acuna (per)

Song name :
01. So What
02. Don't Give It Up
03. The B.P. Blues
04. All Blues
05. Last Nite
06. Emotions Wound Us So

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
LPは1986年2月17日の録音、MCAレコード(MCA Records)MCA-5866番、6曲入り、、ロサンゼルスにある「THE BAKED POTATO(ザ・ベイクド・ポテト)」でのライブ、MCAレコード・レーベル移籍の第2弾。
CDは発売元がMCAレコード(MCA Records)、詳しい英語ライナーノーツなし、英語の演目と演奏者、松下佳男氏による日本語解説、6曲入り。
メンバーはギターがラリー・カールトン、キーボードがテリー・トロッター、トランペットがジェリー・ヘイとゲイリー・グラント、サックスがマーク・ルッソ、ベースがエイブラハム・ラボリエル、ドラムがジョン・ロビンソンと4曲目のみリック・マロッタ、パーカッションがアレックス・アクーニャ。
サックスのマーク・ルッソはイエロー・ジャケッツのメンバー。
演奏はライブという事もあり、よりアグレッシブ、演目も1、4曲目ががマイルス・デイヴィスの曲。
ライブという事でラリー・カールトン本人が喜んで気持ちよく弾いているのが伝わってくる。
リラックスして軽く流して弾いている様で実は高度な技術。
ラリー・カールトンの作品の中では、かなりジャズ色の強い作品になった。
(青木高見)





Larry Carlton / Discovery (MVCM-134) Larry Carlton / Discovery (MVCM-134)

Released : 1987

Personnel :
Larry Carlton (acoustic-g, vo, prod)
David Pack (vo)
Michele Pillar (vo)
Terry Trotter (key)
Michael McDonald (key) #07
Kirk Whalum (sax)
Jerry Hey (tp)
Gary Grant (tp)
Larry Williams (woodwinds)
John Pena (b)
Rick Marotta (ds)
Michael Fisher (per)

Song name :
01. Hello Tomorrow
02. Those Eyes
03. Knock on Wood
04. Discovery
05. My Home Away from Home
06. March of the Jazz Angels
07. Minute by Minute
08. A Place for Skipper
09. Her Favorite Song

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
LPは1987年の録音、MCA・レコード(MCA Records)MCA-42003番、9曲入り。
CDは発売元がMCAビクター、詳しい英語ライナーノーツなし、英語の演目と共演者、松下佳男氏による日本語解説、9曲入り。
メンバーはギターがラリー・カールトン、キーボードがテリー・トロッター、マイケル・マクドナルド、ウッドウインドがラリー・ウィリアムズ、トランペットがジェリー・ヘイ、サックスがカーク・ウェイラム、ベースがジョン・ペイニヤ、ドラムがリック・マロッタ、ドラムがリック・マロッタ、パーカッションがマイケル・フィッシャー、ヴォーカルがデビッド・パックほか。
演奏はアルバム「Alone But Never Alone」の路線に戻った感じ、全体にスローでアコースティックによる、くつろいだ雰囲気。
(青木高見)





Larry Carlton / On Solid Ground (22P2-2712) Larry Carlton / On Solid Ground (22P2-2712)

Release : 1989

Personnel :
01. Josie Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Eric Pershing (prog)
Willy LeMaster (prog-sequencer)
Kirk Whalum (sax)
Abraham Laboriel (b)
John Robinson (ds)
Paulinho da Costa (per)

02. All In Good Time Larry Carlton (g)
Dean Parks (rhythm-g)
Brian Mann (key)
Terry Trotter (key)
Alan Pasqua (key, prog)
Nathan East (b)
John Robinson (ds)
Michael Fisher (per)

03. The Philosopher Larry Carlton (g, key)
Dean Parks (rhythm-g)
Terry Trotter (key)
Alan Pasqua (prog)
Rhett Lawrence (prog)
John Pena (b)
John Robinson (ds)
Michael Fisher (per)
Kirk Whalum (sax)

04. Layla Larry Carlton (g, key, arr)
Rick Logan (arr)
Brad Cole (prog)
Terry Trotter (key)
Kirk Whalum (sax)
John Pena (b)
John Robinson (ds)
Michael Fisher (per)

05. On Solid Ground Larry Carlton (g)
David Foster (key)
Rhett Lawrence (prog-key, prog-ds)
Kirk Whalum (sax)
John Robinson (ds)

06. The Waffer Larry Carlton (g)
Alan Pasqua (key, prog)
Terry Trotter (key)
Kirk Whalum (sax)
John Pena (b)
John Robinson (ds)
Michael Fisher (per)

07. Bubble Shuffle Larry Carlton (g)
Dean Parks (rhythm-g)
Alan Pasqua (key, prog)
Terry Trotter (key)
John Pena (b)
John Robinson (ds)
Michael Fisher (per)

08. Chapter II Larry Carlton (g, b)
Alan Pasqua (key)
Kirk Whalum (sax)
John Robinson (ds)

09. Honey Samba Larry Carlton (g, b)
Terry Trotter (key)
Brian Mann (key)
Rick Marotta (ds)
Michael Fisher (per)

10. Sea Space Larry Carlton (g)
Rhett Lawrence (prog)
Alan Pasqua (key, prog)
Brian Mann (key)
John Pena (b)
John Robinson (ds)
Michael Fisher (per)

Song name :
01. Josie
02. All in Good Time
03. The Philosopher
04. Layla
05. On Solid Ground
06. The Waffer
07. Bubble Shuffle
08. Chapter II
09. Honey Samba
10. Sea Space

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
LPは1989年の録音、MCA・レコード(MCA Records)MCA 6237番、10曲入り。
CDは発売元がMCA・レコード(MCA Records)、詳しい英語ライナーノーツなし、英語の演目と演奏者、松下佳男氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーはギターがラリー・カールトン、キーボードがデイヴィッド・フォスター、アラン・パスクァ、テリー・トロッター、ブライアン・マン、サックスがカーク・ウェイラム、ベースがエイブラハム・ラボリエル、ネイザン・イースト、ドラムがリック・マロッタ、ジョン・ロビンソン、パーカッションがパウリーニョ(ポーリニョ)・ダ・コスタ、マイケル・フィッシャーほか。
さて、ここでラリー・カールトンの重大ニュースの発表がある。
1988年4月、南カルフォルニアにある自宅のプライベート・スタジオ「Room 335」の外にいた青年に銃撃される事件が起きた。
幸い一命はとりとめたが彼の声帯は破壊された上、左腕にも麻痺が残った。
発声をしたりギターが演奏できるようになるまでには半年以上を要する重傷であった。
どうして、こんな事が起きてしまうのか、死亡説までありニュースは世界を駆け抜け多くのリスナー失望させた。
ところが不屈の精神で復活した後のアルバムがこれ。
共演者はラリー・カールトンのアルバムで何度も共演してきた気心のしれた仲間が駆け付けた。
全員が一丸となりカンバックしたラリー・カールトンへ祝福を送っているような入魂の音は感涙ものだ。
以下、ウィキペディアからの抜粋。
【1985年には、アコースティック・ジャズ・アルバム制作のために、MCAレコードと契約した。その成果が、アルバム『アローン・バット・ネヴァー・アローン』である。この年から1990年の間、カールトンは様々なソロ・プロジェクトで活動し、再度グラミー賞を受賞している。しかし、アルバム『オン・ソリッド・グラウンド』制作中の1988年4月、"Room 335"(南カルフォルニアにある自宅のプライベート・スタジオ)の外にいた青年に銃撃される事件が起きた。幸い一命はとりとめたものの、この銃撃により彼の声帯は破壊された上、左腕にも麻痺が残り、発声をしたりギターが演奏できるようになるまでには半年以上を要したほどの重傷であった。彼自身も重大な精神的外傷を負ったが、徹底的な治療とポジティブな持ち前の精神力で、最終的にはこのアルバムを完成させ、1989年に発表した。1991年からはブルース・アルバムのレコーディングを開始するが、ジャズ制作のオファーがあったため、制作は遅れることとなった。このブルース・アルバム『レネゲイド・ジェントルマン』は、最終的には2年後の1993年にリリースされた。】
このように、このアルバムは不屈の精神によって見事カンバックした記念すべき作品。
(青木高見)





Larry Carlton / Kid Gloves (MVCR-114) Larry Carlton / Kid Gloves (MVCR-114)

Release : September 15, 1992

Personnel :
Larry Carlton (g, prod)
Matt Rollings (key)
Eric Pershing (syn, ds-programming)
Kirk Whalum (sax)
Abraham Laboriel (b)
John Ferraro (ds)
Alex Acuna (per)
Michael Fisher (per)

Song name :
01. Kid Gloves
02. The Preacher
03. Michele's Whistle
04. Oui Oui Si
05. Heart To Heart
06. Just My Imagination
07. Where Be Mosada
08. Farm Jazz
09. Terry T
10. If I Could I Would

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン(Larry Carlton 出生名:Larry Eugene Carlton 1948年3月2日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
CDは1992年9月15日のリリース、発売元がGRP(GRP)MVCR 114番、ラリー・カールトン(Larry Carlton)氏自身による英語オリジナル・ライナーノーツ、成田正氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーはギターがラリー・カールトン、キーボードがマット・ローリングス、サックスがカーク・ウェイラム、ベースがエイブラハム・ラボリエル、ドラム・プログラミングがエリック・パーシング、ドラムがジョン・フェラーロ、パーカッションがアレックス・アクーニャとマイケル・フィッシャーほか。
メンバーは銃撃以前から一緒に演奏してきた、いつもの仲間。
1988年、ラリー・カールトンが銃で撃たれたというニュースは当時の自分にとって大きなショックだった。
これで二度とラリー・カールトンを聴くことが出来ない悲しさと同時に、銃の国、アメリカの怖さ。
それは、銃を撃った犯人をはじめ、銃で人を撃つという事に激しい憤(いきどお)りを感じる。
想像を絶するリハビリと不屈の精神力で奇跡の復帰をして、このアルバムが聴けた時は目頭が熱くなった。
演奏は、復帰した嬉しさでロック調で少し過激になった「On Solid Ground オン・ソリッド・グラウンド リリース:1989」。
しかし当アルバムでは本来の端正で落ち着きのあるギターが戻っていた。
レーベルも替わり、MCAにはないGRPの香りもする。
決して誇張する事なく、命の尊(とうとさ)さを噛みしめるギターワークがいい。
(青木高見)





Larry Carlton / Christmas At My House (MCAD-6322) Larry Carlton / Christmas At My House (MCAD-6322)

「ジャズ/ラリー・カールトン」のリーダーアルバムとしています。  →
「クリスマス集/ラリー・カールトン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 1989

Personnel :
Larry Carlton (g, prod)
Clare Fischer (key) #01-04, #09
Terry Trotter (key) #01-05, #07-08, #10-11
Robbie Buchanan (key) #06
Kirk Whalum (sax) #11

Larry Carlton (b) #06
Abraham Laboriel (el-b) #01-04, #07, #09-11
Jeff Porcaro (ds) #03, #10-11
John Ferraro (ds) #01-02, #04, #07-08
Michael Fisher (per) #02-04, #11
Michele Pillar (lead_vocals) #03, #06, #11
Christopher Cross (backing-vo) #06
David Pack (backing-vo) #06
Karen Blake (backing-vo) #06
Michele Pillar (backing-vo) #06

Song name :
01. The Christmas Song [Instrumental]
02. Winter Wonderland
03. Silent Night / It Came Upon A Midnight Clear
04. White Christmas
05. The Holly And The Ivy
06. Ringing The Bells Of Christmas
07. What Child Is This
08. The Little Drummer Boy
09. Joy To The World
10. My Favorite Things / We Three Kings Of Orient Are
11. The Christmas Song [Vocal]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : LPは1989年のリリース、MCA・レコード(MCA Records)256 908-1番、11曲入り。
CDは発売元がMCA・レコード(MCA Records)、輸入盤、英語の演目と演奏者、11曲入り、発売後すぐ廃盤となったが2004年に再リリースされた。
メンバーはギターがラリー・カールトン、キーボードがクレア・フィッシャー、テリー・トロッター、エレクトリック・ベースがエイブラハム・ラボリエル、ドラムがジェフ・ポーカロ、ジョン・フェラーロ、パーカッションがマイケル・フィッシャーほか。
ラリー・カールトンを聴くといつも思う、リスナーが聴きたい音、望んでいる音を的確に提供してくれる総合音楽家という事。
多くのジャズ・ミュージシャンの場合、まず自分のやりたい演奏で個性を作る。
その音が受け手(リスナー)に、どう伝わろうは、あまり気にかけない。
かと言って、気にかけない姿勢も心を奪われ、それが魅力になる。
その点ラリー・カールトンはリスナーの気持ちを常に考えて制作してくれる。
この1枚も、まさにリスナーの様々なシチュエーション(状況、場面、立場)を想定して作られている。
さあ今年もラリー・カールトンでメリークリスマス!
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲