青木高見のジャズコレクション Arnett Cobb (ts) アーネット・コブ


略歴
Arnett Cobb アーネット・コブ(Arnett Cobb 1918年8月10日~1989年3月24日)はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン生まれのソウル・ジャズ・サックス奏者。
テキサス生まれなので「テキサス・テナー」と呼ばれる。
晩年の風貌もまさにガマ親分、音はゴリゴリした豪快なテナー。
それでいて根底にナイーブ(純真、素朴)さを持つ、そこが魅力。
1950年に深刻な病で脊椎手術を受けた。
順調に回復していた1956年に今度は交通事故で永久に松葉杖の人生になった。
これで完全に引退と思われたが矢先、不屈の精神で返り咲きを果たす。
これこそ本当の「ホンカー魂」。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Arnett Cobb / Party Time (UCCO-9765) Arnett Cobb / Is Back (PCD-7037)

【INDEX (共同リーダーアルバム)】
sell Very Saxy / Coleman Hawkins, Buddy Tate, Arnett Cobb, Eddie Lockjaw Davis (VICJ-23079)

【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


Arnett Cobb / Party Time (UCCO-9765) Arnett Cobb / Party Time (UCCO-9765)

Recorded : May 14, 1959

Personnel :
Arnett Cobb (ts)
Ray Bryant (p)
Wendell Marshall (b)
Art Taylor (ds)
Ray Barretto (congas)

Song name :
01. When My Dreamboat Comes Home
02. Lonesome Road
03. Blues in the Closet
04. Party Time
05. Flying Home
06. The Slow Poke
07. Cocktails for Two

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アーネット・コブ(Arnett Cobb 1918年8月10日~1989年3月24日)はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン生まれのソウル・ジャズ・サックス奏者。
LPは1959年5月14日の録音、プレスティッジ(Prestige)7165番、7曲入り。
CDは制作がユニバーサル・クラシック&ジャズ、発売・販売元がユニバーサル・ミュージック合同会社、ボブ・スニード(Bob Snead)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、ライナーノーツとは別にFK氏に英語コメント和訳、7曲入り。
メンバーはテナーサックスがアーネット・コブ、ピアノがレイ・ブライアント、ベースがウェンデル・マーシャル、ドラムがアート・テイラー、コンガがレイ・バレット。
晩年の風貌もまさにガマ親分、音はゴリゴリした豪快なテナー。
それでいて根底にナイーブ(純真、素朴)さを持つ、そこが魅力。
1950年に深刻な病で脊椎手術を受けた。
順調に回復していた1956年に今度は交通事故で永久に松葉杖の人生になった。
これで完全に引退と思われたが矢先、不屈の精神で返り咲きを果たす。
これこそ本当の「ホンカー魂」。
コレクションしていて、こういうテナーとの巡り会うのが堪(たま)らない。
(青木高見)





Very Saxy / Coleman Hawkins, Buddy Tate, Arnett Cobb, Eddie Lockjaw Davis (VICJ-23079) sell Very Saxy / Coleman Hawkins, Buddy Tate, Arnett Cobb, Eddie Lockjaw Davis (VICJ-23079)

「ジャズ/コールマン・ホーキンス」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/バディ・テイト」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/アーネット・コブ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/エディ・ロックジョウ・ディヴィス」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 29, 1959

Personnel :
Coleman Hawkins (ts)
Buddy Tate (ts)
Arnett Cobb (ts)
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Shirley Scott (org)
George Duvivier (b)
Arthur Edgehill (ds)

Song name :
01. Very Saxy
02. Lester Leaps In
03. Fourmost
04. Foot Pattin'
05. Light and Lovely

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : テナー・サックスの四天王が顔をあわせた。
以下、4人の生年月日。
コールマン・ホーキンス(Coleman Hawkins 1904年11月21日~1969年5月19日)。
バディ・テイト(Buddy Tate 1913年2月22日~2001年2月10日)。
アーネット・コブ(Arnett Cobb 1918年8月10日~1989年3月24日)。
エディ・ロックジョウ・ディヴィス(Eddie "Lockjaw" Davis 1922年3月2日~1986年11月3日)。
LPは1959年4月29日の録音リリース、プレスティッジ(Prestige)7167番、5曲入り。
CDは発売元がプレスティッジ(Prestige)、5曲入り。
何とコールマン・ホーキンスとエディ・ロックジョウ・ディヴィスとの歳の差は18歳。
だがジャズは歳の差は、あまり関係ない。
4人が対等に伸び伸びと楽しんでいる雰囲気。
楽しんでいる音は聴いている方も気分がいい。
注目はオルガンのシャーリー・スコット(hirley Scott 1934年3月14日~2002年3月10日)。
女王蜂のように男4人をあやつっている、スゴッ。
アルバムタイトルも凄い。
「Very Saxy」ときた。
ローヤルゼリーを俺にもくれ。
漆黒のテナーサックスに完全ノックアウト。
(青木高見)





Arnett Cobb / Is Back (PCD-7037) Arnett Cobb / Is Back (PCD-7037)

Recorded : June 27, 1978

Personnel :
Arnett Cobb (ts)
Derek Smith (p)
George Mraz (b)
Billy Hart (ds)

Song name :
01. Flying Home
02. Big Red's Groove
03. Cherry
04. Sweet Georgia Brown
05. I Don't Stand a Ghost of a Chance with You
06. Blues for Shirley
07. Take The A Train
08. Big Red's Groove [take 3] Additional track on CD release
09. Blues for Shirley [rehearsal] Additional track on CD release

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アーネット・コブ(Arnett Cobb 1918年8月10日~1989年3月24日)はアメリカ合衆国テキサス州ヒューストン生まれのソウル・ジャズ・サックス奏者。
CDは1978年6月27日の録音、発売元がプログレッシブ(Progressive)、ジョン・ウイリアム・ハーディ(John William Hardy)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、9曲入り
メンバーはテナーサックスがアーネット・コブ、ピアノがデレク・スミス、ベースがジョージ・ムラーツ、ドラムがビリー・ハート。
1950年に深刻な病で脊椎手術を受けた。
順調に回復していた1956年に今度は交通事故で永久に松葉杖の人生になった。
これで完全に引退と思われたが矢先、不屈の精神で返り咲きを果たす。
アルバム・ジャケットは杖をついて演奏しているアーネット・コブ。
アルバム・タイトルはズバリ「Is Back」。
心配されたテキサス・テナーは健在で衰えてはいなかった。
そうは言っても、はち切れるほどのゴリゴリはないが、その分、落ち着いたアーネット・コブが楽しめる。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Flying Home / Benny Goodman, Lionel Hampton, Sid Robin
02. Big Red's Groove
03. Cherry / Don Redman, Ray Gilbert
04. Sweet Georgia Brown / Ben Bernie, Maceo Pinkard, Kenneth Casey
05. I Don't Stand a Ghost of a Chance with You / Victor Young, Bing Crosby, Ned Washington
06. Blues for Shirley
07. Take the "A" Train / Billy Strayhorn
08. Big Red's Groove [take 3] Additional track on CD release
09. Blues for Shirley [rehearsal] Additional track on CD release
松葉杖でも力強く演奏する、何だか目頭が熱くなってきた。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲