青木高見のジャズコレクション Al Caiola (g) アル・カイオラ


略歴
Al Caiola アル・カイオラ(Al Caiola 出生名:Alexander Emil Caiola 1920年9月7日~2016年11月9日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州生まれの、ジャズ、カントリー、ロック、ポップスとジャンルを越えて活動したギタリスト、編曲家、作曲家。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Al Caiola / Serenade In Blue (COCY-75924)

【INDEX (共演アルバム)】
Eydie Gorme / Blame It On The Bossa Nova (32DP 696)

【以下コンテンツ】


Al Caiola / Serenade In Blue (COCY-75924) Al Caiola / Serenade In Blue (COCY-75924)

Recorded : December 14 and 27, 1955

Personnel :
Al Caiola (g)
Ronnie Ball (p) #01, #04-05, #07
Hank Jones (p) #02-03, #06, #08
Bernie Privin (tp) #01, #04-05, #07
Romeo Penque (fl, bell, english-hone, bcl) #02-03, #06, #08
Clyde Lombardi (b)
Kenny Clarke (ds)

Song name :
01. Serenade in Blue
02. Don't Worry About Me
03. Moments Like This
04. Early Autumn
05. Black and Blue
06. Indian Summer
07. Blue the Night
08. Dram-Buei

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アル・カイオラ(Al Caiola 出生名:Alexander Emil Caiola 1920年9月7日~2016年11月9日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州生まれの、ジャズ、カントリー、ロック、ポップスとジャンルを越えて活動したギタリスト、編曲家、作曲家。
LPは1955年12月14日・27日の録音、サヴォイ・レーコード(Savoy Records)MG 12057番、8曲入り。
CDは発売元が日本コロムビア株式会社、英語ライナーノーツなし、英語ライナーノーツなし、小川隆夫氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはギターがアル・カイオラ、ピアノがロニー・ボールとハンク・ジョーンズ、トランペットがバーニー・プリバン、フルートとバスクラリネットがロメオ・ペンケ、ベースがクライド・ロンバルディ、ドラムがケニー・クラーク。
演奏はアル・カイオラの柔らかなギター。
LP時代には人気があり中古でも高値が付いた。
今ではCD化され容易(たやす)く入手できる様になった。
経歴を見るとエルビス・プレスリー、フランク・シナトラ、トニー・ベネットなど有名歌手のバックを務めていたとある。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲