青木高見のジャズコレクション Gerald Wiggins (p, org) ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス


略歴
Gerald Wiggins ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス(Gerald Wiggins 1922年5月12日~2008年7月13日)はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト、オルガニスト。
ハード・バップのバリバリというよりは、エンターテインメント色が強い。
映画の題材などをジャズで表現するのがユニーク。
名前の読み方で、ジェラルドなのでジェリー。
ウィッジンズもウィジンス、ウィギンズなど国によって異なる。
1942年にルイ・アームストロング楽団、1959年にはハリー・ジェームス楽団に在籍していた。
その他ダイナ・ワシントン、リナ・ホーンなど多くの歌伴も行っている。
マリリン・モンローなどハリウッド・スターの歌唱指導も行った。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Gerald Wiggins / Around The World In 80 Days (PCD-2702) Gerald Wiggins / The King And I (DIW-348)

---------------- Gerald Wiggins Four Classic Albums (AMSC 1191) ----------------制作中
Gerald Wiggins Four Classic Albums (AMSC 1191) The Gerald Wiggins Trio The Gerald Wiggins The Loveliness Of You The Gerald Wiggins Music From Around The World In Eighty Days The Gerald Wiggins Relax And Enjoy It

【INDEX (共演アルバム)】
Teddy Edwards Heart And Soul Red Callender The Lowest


【以下コンテンツ】


Gerald Wiggins / Around The World In 80 Days Gerald Wiggins / Around The World In 80 Days (PCD-2702) Gerald Wiggins / Around The World In 80 Days (PCD-2702)

Recorded : June 12, 1957

Personnel :
Gerald Wiggins (p)
Eugene Wright (b)
Bill Douglass (ds)

Song name :
01. Around The World Pt.1
02. Aouda
03. Passepartout
04. Around The World Pt.2
05. La Coquette
06. Around The World (Beguine)
07. The Royal Barge
08. Way Out West

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス (Gerald Wiggins 1922年5月12日~2008年7月13日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト。
LPは1957年6月12日の録音、ロンドン・レコード(London Records)LTZ-U 15109番、8曲入り、映画「80日間世界一周」を題材にしたジャズ・ピアノ・トリオ。
CDは発売元が株式会社ブルース・インターアクションズ(P-Vine Records)、ジョン・タイナン(John Tynan)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、岩浪洋三氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはピアノがジェラルド・ウィッジンズ、ベースがユージーン(ジーン)・ライト、ドラムがビル・ダグラス。
ジェラルド・ウィッジンズの経歴。
1942年、ルイ・アームストロング楽団に在籍。
1959年、ハリー・ジェームス楽団に在籍。
その他ダイナ・ワシントン、リナ・ホーンなど数多くの歌伴を勤める。
マリリン・モンローなどのハリウッド・スターの歌唱指導も行った。
優雅でエレガントさが特徴。
「80日間世界一周(Around the World in 80 Days)」は1956年のアメリカ・アドベンチャー映画。
この素材をテーマにしたのがユニーク。
このサウンド・トラック盤も合わせて聴くと、より深まる。
映画のあらすじは、1872年、主人公のフォッグ氏が20,000ポンドの賭けに勝利するため、気球・鉄道・蒸気船などを利用して80日間での世界一周を目指すというもの。
有名俳優が箇所箇所でちょっとだけ、それも多数登場する。
たとえば酒場のピアニストはフランク・シナトラであったりとか。
ちなみにテーマ曲「Around the World」はビクター・ヤングの作曲。
曲名は知らなくても話は古くなるが「兼高かおる・世界の旅(1959年12月13日から1990年9月30日TBS系列)」毎週日曜日の朝に放映された番組、そのBGMに使用された。
(青木高見)





Gerald Wiggins / The King And I (DIW-348) Gerald Wiggins / The King And I (DIW-348)

Recorded : 1958

Personnel :
Gerald Wiggins (p)
Eugene Wright (b)
Bill Douglass (ds)

Song name :
01. March Of The Siamese Children
02. Shall We Dance?
03. Something Wonderful
04. Getting To Know You
05. I Whistle a Happy Tune
06. We Kiss In a Shadow
07. I Have Dreamed
08. Hello, Young Lovers
09. March Of The Siamese Children (reprise)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェラルド・ウィッジンズ = ジェリー・ウィジンス (Gerald Wiggins 1922年5月12日~2008年7月13日) はアメリカ合衆国ニューヨーク市生まれのジャズ・ピアニスト。
LPは1958年の録音、チャレンジ(Challenge)CHL-604番、9曲入り、ミュージカルの「The King And I (王様と私)」を題材にしたジャズ・トリオ。
CDは発売元がDIW、J.T.氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、寺島靖国氏による日本語解説、9曲入り。
メンバーはピアノがジェラルド・ウィッジンズ、ベースがユージーン(ジーン)・ライト、ドラムがビル・ダグラス。
アルバム「80日間世界一周」と同じメンバー。
映画の話になるが「The King And I (王様と私) は、マーガレット・ランドンが1944年に発表した小説「Anna and the King of Siam (アンナとシャム王)」が原作。
1951年に初演されたミュージカル作品、1956年に製作されたアメリカ映画、王様に扮したユル・ブリンナーが有名。
ジェラルド・ウィッジンズは1942年にルイ・アームストロング楽団、1959年にはハリー・ジェームス楽団に在籍していた。
その他ダイナ・ワシントン、リナ・ホーンなど多くの歌伴を勤める。
マリリン・モンローなどのハリウッド・スターの歌唱指導も行った。
ジェラルド・ウィギンスのゴージャズでエレガントなピアノを聴く事ができる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲